fc2ブログ

#68 If no one has ever taught you - 誰も教えてくれなかったなら

68-If-no-one-has-ever-taugh.jpg

Last time, I posted the theme of "Ukemi" from "Koshi-nage". After that I had the opportunities to talk with various people. I'm glad to know your thoughts.

What I want to emphasize is that you cannot ensure the safety with "Mae-ukemi" alone.

I recognize that many people in NZ dislike high falls Ukemi (Tobi-ukemi) training, but Dojos where don't practice or teach it are very rare in Japan and Europe.

It's a bit harsh, but refusing to learn the safe and correct training method is a dangerous idea.

For people with large bodies, it's important not to avoid "Ukemi" training, but to increase the amount of "Ukemi" training and improve your own safety.

Next year's international seminar will welcome Sensei from many countries. If they find that NZ is not practicing high falls at all, they may think that NZ is neglecting the safety.

"No one has taught me a safe way to practice, so it's dangerous, Just fancy move"........

Let's stop making such excuses anymore. Many new members are keen to learn, so old folks should not disturb their growth.

If no one has ever taught you a safe way to practice, look for someone who can teach you.

Take time and practice step by step, then "Tobi-ukemi" will become an important technique to prevent injury.

I am open to learning and improving what we do.

I don't know old members, but I am hoping that there will be an environment where beginners and junior class members have the opportunity to learn about the fun of "Uke" skills and the philosophy of Ueshiba-sensei.

Thank you for reading.

Related article: Boundary of Beautiful Aikido and Ugly Aikido



[ 誰も教えてくれなかったなら ]

前回、腰投げからの跳び受け身をテーマにしましたが、色々な人と話しをする機会を得ました。皆さんが再考するきっかけとなってくれたなら、私も嬉しく思います。

私が強調したいのは、前受身だけでは普段の練習でも安全を確保することはできない、という点です。

跳び受身の稽古を嫌がる人がNZには多くいますが、練習すら否定する指導員がいるのはNZだけです。体が大きいので失敗した時の衝撃も大きくなり稽古すらしたくないと思う気持ちも分かりますが、だからこそ受け身技の技量を高めていく必要性があるはずです。

跳び受身が危険なのではなく、安全な跳び受身の稽古方法を学ぼうとしない姿勢が危険だと思います。

来年の国際合宿では、海外から日本をはじめ多くの国から先生方を迎えます。NZでは練習をまったくしていないと知られれば、NZは安全を軽視していると思われてしまいます。

実際のところ、「危険だ、カッコいいからするだけだ」と言い訳をする風潮が古参メンバーを中心にあります。その一方で、初心者や学生の人達は「習得したいけどまったく教えてくれない。このままでいいのか」と悩んでいます。

誰も安全な練習方法を教えてくれないならば、教えてくれる人を探せば良いだけです。時間をかけてステップを順番に踏んでいけば、怪我を予防する大切な技となるでしょう。

古参メンバーのことは知りません。ただ、初心者やジュニアクラスの生徒が、受けの楽しさや植芝先生の理念を知る機会を大切にする環境であってほしい、と思います。

関連記事:美しい合気道と醜い合気道の境界線



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#67 Ukemi from Koshi-nage - 腰投げの受身

67-Ukemi-from-Koshi-nage.jpg

In Judo, major accidents such as breaking neck bones occur occasionally. When you are thrown from thrower's back, you may fall off your neck if you try to take a front-roll (Mae-mawari-ukemi) instead of a high-roll (Kuten-ukemi).

Throwing techniques of Judo are generally very strong and fast. There is no grace to change the line when you are carried on the thrower's back.

Even in Aikido, a high-roll (Tobi-ukemi) is a technique that must be learned for safety. It's dangerous if you can't take a high-roll, not because it looks good.

There are many people who have had a painful experience with "Ukemi" in the past, but perhaps most of the reason was because you didn't master "Tobi-ukemi" at that time.

"Mae-ukemi" is only possible if the thrower stops the movement and kindly gives you the chance to change the line and falls almost like free-falling. If you try ”Mae-ukemi" when you are pulled and thrown towards the floor, you will damage your neck.

Because ”Mae-ukemi" alone cannot secure safety, I looked for someone who can teach me and started to practice after I was over 50 years old. I can say ”Tobi-ukemi" is not something that only young and gymnastics people can do.

If you take time and practice step by step, it will become an important technique to prevent injury.

Occasionally international students from Japan participate in training at NZ Dojo, and I always ask how they practice in Japan. 10 out of 10 people take “Tobi-ukemi” (high roll) from “Koshi-nage”. The reason is of course for safety.

In order to land safely on the mat, it is recommended that you take “Tobi-ukemi” without changing the first contact line.

Thank you for reading.

Related article: Change in thinking changes movement

Koshinage01.jpg



[ 腰投げの受身 ]

柔道では、受身に失敗して首の骨を折るなどの大きな事故が散発的に起こります。相手の背面から引っ張られて投げられているにもかかわらず、空転受身ではなく前周り受身をしようとすると首から落ちて大怪我の原因となります。

柔道の投げ技は、総じて強くて早い。背負われた時のラインを変える猶予などないし、させてはくれません。

合気道でも跳び受身は安全のために必要なテクニックです。カッコいいからするのではなく、強くて早い投げ技を受けるには跳び受身でなければ危険だからです。

実際、受身で痛い思いをしたことのある人は多いと思いますが、原因のほとんどは跳び受け身を習得していなかったからではないでしょうか。

前受身は、投げが動きを止めて受けにラインを変える猶予を与え、ほぼ自由落下で落ちる場合にのみ可能となります。

時折、日本からの留学生がNZ道場の稽古に参加しますが、その度に日本での稽古方法について質問してきました。そして十人中十人が、腰投げからの受身は跳び受身で行なっています。理由は、もちろん安全のためです。

跳び受身の稽古を嫌がるNZ人が多いですが、跳び受身が危険なのではなく、安全な跳び受身の稽古方法を学ぼうとしない姿勢が危険だと思います。安全を軽視している証拠となります。

腰投げから安全に受身をとるには、ラインを変えようとせずにそのまま跳び受身をとることを薦めます。

関連記事:考え方を変えると動きも変わる


Koshinage02.jpg

Koshinage03.jpg

Koshinage04.jpg



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#62 Meaning of "Suri-ashi" - すり足と足裏の使い方

62-Meaning-of-Suri-ashi.jpg

Recently the popularity of city marathons has increased, and the media has frequently featured “How to run correctly”. While giving sports science explanations, it’s recommended to stretch the knee slightly and land on the ground from the heel. The way of swinging the arm is to swing the elbow widely backward to create kinetic energy, but not swing the elbow forward beyond the shoulder line.

In fact, marathon runners are doing that. It's just a way to move forward, but you will notice that the tactics are quite different between short and long distances.

The use of foot sole is different in sports, and in Japanese martial arts such as Judo, Kendo and Aikido, you use "Suri-ashi" (sliding feet) to land on the ground from toes, not from heel. The elbow should not be pulled behind the shoulder line. The centre of gravity is always placed on the toe ball of the sole and you learn the feeling of grabbing the ground with the soles.

Interestingly, people who walk like "Suri-ashi" in daily life are perceived as having health problems with leg muscles. It's also said that you slide feet because of bad posture.

For those who have a straight knee and a high centre of gravity during practice, I often try to talk about the idea of ”Suri-ashi". After that they are more conscious of how to use the feet, and the posture improve naturally.

In physical education classes at school, I think you were taught how to move forward efficiently as the correct way of running. However circular motion is important in Aikido, so we consciously use "Suri-ashi" in order to sense the ball of the soles.

Thank you for reading.

Related article: Types of foot movement, "Ashi-sabaki"


[ すり足と足裏の使い方 ]

最近、ジョギングやシティマラソンの人気が高まっていることもあって「正しい走り方」を特集するメディアが増えてきました。スポーツ科学的な説明を行ないながら、膝を軽く伸ばして踵から地面に着地する方法を推奨しています。腕の振り方も、肘を脇より前に振り出さずに後に大きく振って進む走法を紹介しています。

実際、長距離選手の走り方を見てもその通りにしています。前に進むだけでも、短距離と長距離ではまったく走法が異なることに改めて気付きます。

バスケットボールやバレーボールの選手は、高く跳躍する時に踵から着地して強く踏み込みます。一方、腰を回転させてボールを投げたりバットを振ったりする野球選手は、足裏の拇指球に体重を乗せることが大切だと教わります。

西洋スポーツでも足裏の使い方はそれぞれですが、柔道や剣道などの日本武道では、つま先から着地するすり足を使います。肘は脇より後には引かないようにします。重心は常に足裏の拇指球に乗せて足裏で床をつかむ感覚を学んでいきます。

おもしろいのは、日常生活ですり足をしている人は足腰の筋力が弱くなった健康に問題のある人、と認識されることです。また、猫背の人はすり足になりがちで健康的な日常生活を推奨している人達にとっては「すり足」は悪い歩き方だと思われています。

膝を伸ばして重心を高くして稽古している人には、「すり足の考え方」を伝えるようにしています。そうすると、足裏の使い方を意識するようになり自然と姿勢も良くなります。

学校の体育の授業では、正しい走り方として効率よく前へ進む体の使い方を教わったと思いますが、合気道では転身や転換など円運動が重要となります。そのため、稽古では「すり足」を使って拇指球を常に意識するようにしています。

お読みいただき有難うございました。

関連記事:足捌きの種類


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#55 Suwari waza  座り技

55-suwari-waza.jpg

As the exam gets closer, everyone practices the sitting techniques more eagerly than usual. I guess that is because "Suwari-waza" is weak point for everyone.

We are taught that “Suwari-waza” is basically the same as the standing technique, but by that alone it makes very stiff movements, I think.

Especially people who are not used to "Shikko" seem to think that being cramped is unavoidable.

First of all, I suggest that you consider the following points before remembering the behavior of the technique.

1. The step length of the sitting technique is shorter than the standing technique.
2. The length of the arm does not change.
3. If you move the arm downwards, the arm will hit the floor.
4. There is no space below the waist.

For example, in the case of "Suwari-waza Sankyo Omote", there are many people trying to apply "Sankyo" somehow by holding the opponent's arms. But if you keep a little away from the opponent, you do not need to hold the arm.

By placing your hands in front of you, you can smoothly move to "Sankyo".

In the standing technique, you step in and put weight on so that the opponent does not get up, but in the sitting technique, it is enough to control the elbow because the opponent is already sitting. It is the example that movement will be cramped when trying to make everything like a standing technique.

The space that existed in the standing technique does not exist in the sitting technique. Therefore, you need to adjust the position to create the space. It becomes the adjustment of the sitting technique.

Thanks for reading.

Related article: Principle of Leverage


[ 座り技 ]

昇段試験が近づくと、皆さんはいつも以上に熱心に座り技の稽古をします。それは、少なからず苦手意識を持っているからではないでしょうか。

座り技は基本的に立ち技と同じだと教わりますが、ただそれだけでは窮屈な動きになってしまいます。特に膝行に慣れていない人は、窮屈なのは仕方が無いと思っているか、もしくは、窮屈であることを自覚していないかのどちらかに見えます。

まず、技の動作を覚える前に下記の点を考えてみることを提案します。

1. 座り技の歩幅は立ち技よりも短い。
2. 腕の長さは変わらない。
3. 腕を下に動かせばマットに当たる。
4. 腰より下にはスペースが無い。

例えば座り技三教表の場合、相手の腕を腹の前で抱え込むようにしてなんとか三教を適用しようとする人が多いですが、相手から少し離れることで腕を抱え込まずに済みます。手を自分の正面に置くことでスムーズに三教へと移行できます。

立ち技では、相手が立ち上がらないように踏み込んで体重を掛けますが、座り技はすでに相手も座っているので肘を制御するだけで十分です。立ち技と同じようにしようとして窮屈な動きをしてしまう一例です。

立ち技では存在したスペースが座り技では在りません。だから、膝立ちの位置を調整してスペースを作ります。それが座り技の調整方法となっていきます。

関連記事: 円運動と梃子の原理

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#53 Review the actions we undertake unconsciously 無意識な行動を見直すこと

53-Review-the-actions-we-un.jpg

There are many things to be learned from Takase sensei in everyday practice. One of them is not to close the armpit of your opponent.

In the technique of grabbing the opponent's hand such as "Shiho-nage" and "Kote-gaeshi", there are many opportunities for the opponent to stop your movement by closing his armpit.

In fact, you may be pushing the opponent's elbow with careless movement, and closing his armpit.

So, we practice the movements to lead the opponent in the direction not closing his armpit from the beginning to the end.

Through this practice, I am learning the importance of being clearly aware of the direction of leading the opponent, and also I am reviewing the actions I undertake unconsciously.

In "Kousa-tori Shiho-nage" (holding crossed hands), you can also control movement by pushing the opponent's elbow in the direction to open it (not close).

Thank you for reading.

Related article: How to form unconscious behaviour


53-Review-A.jpg

53-Review-B.jpg


[ 無意識な行動を見直すこと ]

日ごろの稽古で高瀬先生から重点的に指導を受けている点は多々ありますが、その中の一つに「受けの脇を閉めさせないこと」というのがあります。

その指導内容は、不注意な動きによって受けの肘を押し込んでしまい開いている受けの脇をわざわざ閉じてしまわないこと、というものです。

四方投げや小手返しなどでは、受けが肘を引いて脇を閉じると簡単に取りの動きを封じることが出来ます。

なので、最初から最後まで受けの脇を閉じない方向に導く動作を繰り返し稽古します。

この稽古を通じて、相手を導く方向をはっきりと認識することの重要性を学び、また、無意識で行なっている動きを見つけ出すことができます。

また、交差取り四方投げでは相手の肘を開く方向へ押すことで動きをコントロールするのも一つの方法だと思います。

ただ、片手取りで自分の肘で相手の肘を押す人がいますが、最初から自分の肘を開いて切り上げることになるのでそれは止めた方が良いと思います。

関連記事: 無意識下の動作

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#52 Tai no henkou 体の変更

52-Tai-no-henkou.jpg

In 1935, O-sensei already instructed to do "Tai no henkou" (Katate-tori Tenkan) at the beginning of everyday practice. The points I pay attention to are as follows.

1. Drop the Uke's elbow while stretching out:
In "Katate-tori", I don’t perform "Tenkan" while a thumb is pointing upward. You won't be able to move nicely with the thumb upward.
By turning your palm upward at the moment when your wrist is grabbed, you can drop the Uke's elbow while stretching his arm.
People who are trying to move by force can be easily distinguished because their hands are shaking.
When you start "Tenkan", you need to direct the four fingers to your belly and stretch out while your palm is facing upward.

2. Minimize vertical movement:
Let's lower the centre of gravity from the beginning in "Hanmi" posture.
Because beginners often attempt to lower the centre of gravity after being grabbed, they tend to make bigger up and down movements.
Therefore, when being grabbed strongly, the centre of gravity won't go down and the shoulder will rise.
Lowering the centre of gravity from the beginning is to reduce vertical movements.

3. Prevent the body from rising up:
Every year, Aikikai Tokyo Headquarters publishes the guidance books written by “Doshu” Ueshiba-sensei.
In that book, it is said that you can put the weight on the contact point when doing "Tai no henkou".
At first I didn't understand the meaning well, but if I keep the centre of gravity lower, the weight naturally got on the contact point.
It makes sense to prevent the body from rising up by using the weight when you turn the body. Also, it will prevent the "Uke" from standing up.

Thank you for reading.

Related article: Tenkan - Understanding of the inertia force

Related article: Strong centre line and positioning


[ 体の変更 (片手取り転換) ]

体の変更は、大先生によって毎日の稽古で一番最初に行なうように定められています。
稽古で注意している点は主に次の通りです。

1. 相手の肘を伸ばしたまま落とす:
片手取りの場合、親指を上に立てた状態で転換しようとしてはいけません。脇を閉めて強く握られると動けなくなります。
身長180cm、体重100キロ以上の人が多いNZで力勝負を挑むなど無謀です。
大切なことは相手の脇が閉まらないようにすることです。そのためには、手首を握られた瞬間に手の平を上向きにすることが最初のステップです。手首を返すことで相手の肘を伸ばしたまま落とすことができます。
ちなみに、力比べをしている人は手が震えているのですぐに分かります。
転換を開始するには、指を伸ばして手の平を上にした状態を保ち、四本の指を自分の腹に向けるのが基本です。

2. 上下運動を小さくする:
半身構えの状態から重心を落としておきます。
初心者は掴まれてから重心を落とそうとするので上下運動が大きくなる傾向があります。
そのため、強く握られると重心が落ちなくなり肩が持ち上がってしまいます。
最初から重心を落として上下運動を小さくしましょう。

3. 体の浮き上がりを抑える:
合気会東京本部では、毎年、道主監修の指導書を発行しています。その指導書では、体の変更を行なう時に接点へ体重を乗せることと書かれています。
初めは意味がよくわかりませんでしたが、構えの状態から重心を落としておくと自然と体重が乗るようになりました。
転換する時に体が浮き上がらないように体重を利用する感覚ですので、受けに感想を聞きながら練習すると気付くと思います。

関連記事: 転換 - 慣性モーメントを理解する

関連記事: 強い中心線と位置取りの関係


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#51 Kara-ashi 空足を踏む

51-Kara-ashi-Wasteful-step.jpg

When going up and down a staircase in dark, you may lose the balance of the body by mistaking the height of the stairs. Also, if your feet stumble with a stone, you will take several steps to keep balance.

Such an unavoidable wasteful movement is called "Kara-ashi" in Japanese.

In Aikido, there is always a process of breaking the balance of “Uke” before applying techniques, and the beauty of the technique depends on how you let “Uke” take wasteful steps “Kara-ashi”.

In other words, "Uke" needs to accept the process of wasteful steps "Kara-ashi". Since it repeats the same act in practice, it is very easy to avoid mis-steps, but then the meaning of practice will be lost.

For those who have experienced Western sports such as Rugby and Football, they seem to believe that the result of victory is everything. If a person with such an idea plays the "Uke", he won't accept the process of wasteful steps from the beginning.

It seems there is a thought that enjoys the collision of force and force.

Why did Ueshiba O-sensei strictly prohibit the game? What is the reason why you chose Aikido instead of other martial arts? I think that becoming able to answer firmly to such a question is to think about the practice method of Aikido.

I hope that many people will recognize the importance of "Kara-ashi".

Thanks for reading.

Related article: Three things we can begin immediately to become a good "Uke"


[ 空足を踏む ]

暗い階段の上り下りで、うっかり高さを間違えて足が空を踏むことがあります。また、勢い余って直ぐに止まれず数歩踏んでしまうこともあります。そのような出来事を日本語で「空足を踏む」と言います。

合気道では、技を仕掛ける前に相手のバランスを崩す過程が必ずありますが、如何にして相手に空足を踏ませるかが技の美しさを決定します。

別の言い方をすれば、受けは「空足を踏む」過程を受け入れる必要があることになります。稽古では同じ行為を繰り返しているので抵抗するのはとても簡単ですが、それでは稽古の意味がありません。

東洋的な考えでは、過程は結果よりも大事なものとされています。過程は醜くても勝利という結果が全てだという西洋スポーツ的な考えとは相反しています。

ラグビーやサッカーといった西洋のスポーツ教育を受けた人は、多少強引でも相手の動きを制圧して投げるという結果にこだわる傾向があります。「受けは受身さえ出来れば十分だ、勝手に動け」という考えで止まっています。そういう人が受けをやっても、腰を落としているか引いているかのどちらかです。始めから「空足を踏む」ことを拒否しています。

率直な所、ラグビー文化のNZでは投げ技を楽しむことに夢中な人ばかりなので、個人的にも多くの人に「空足を踏む」ことを伝えていく必要性を痛感しています。

なぜ大先生は試合を禁じたのか、なぜ貴方は他の武道でなく合気道を選んだのか、そういった質問にしっかりと答えられるようになることが、合気道の稽古方法を知ることになると思います。

関連記事: 良い受けになるために今直ぐできる3つのこと


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#50 Difference between Aikido and Kendo 素振りにみる合気道と剣道の違い

50-Difference-between-Aikid.jpg

If you see a big guy holding Bokken (wooden sword) in chance, it may give you the illusion that it's like holding a chopstick in hand. The length and weight of the sword will be decided according to the body size of the owner, but the standard size of Bokken is obviously not suitable for XXXL size.

By the way, do you know that the standard size of Bokken you use is only half as heavy as steel made? Your arms will hurt if you keep on swinging, but actually you are just swinging a light wooden sword.

The kinetic energy is W = 1/2 x mass x square of velocity. In other words, kinetic energy is proportional to mass and proportional to square of speed.

If you hit something with a stick, you will need a lot of kinetic energy, so it's better to increase the mass and speed. However, since the sword is a weapon to cut and it is not a weapon to smash, the direction of the blade is more important than anything. If the blade is facing diagonally, nothing can be cut.

So, in Aikido assuming a steel sword, it is important to think about weight, speed and blade angle. Therefore, when you take "Suburi" exercises you need to be aware of the following points.

1. Don’t swing only with wrist
2. Change foot steps
3. Make the blade perpendicular to the cutting direction
4. Reduce the sound

Doubling the weight will double the kinetic energy, so don't swing only with your wrist. Also, when striking "Yokomen" or "Kesagiri" from the right, the right foot will be in front. When striking "Yokomen" or "Kesagiri" from the left, the left foot will be in front. You need to change foot steps.

A single-edged sword requires that the blade is perpendicular to the cutting direction. If the blade is standing straight, the swing sound will be smaller. When the sword trembles, the wind noise increases and cannot cut anything. By keeping the speed constant without swinging by force, please give priority to reducing the sound.

From the above, you can see that the foot movement of Aikido consider the weight of the steel sword, and the hand movement takes into account the angle of the blade (I call it the Pinky rule).

Meanwhile, Kendo uses a lightweight and cylindrical bamboo sword for the game. Therefore, speed is the top priority for both hand and foot movements. They often strike with the wrist only and don't change the foot steps.

So, instead of aiming at the speed of Kendo players, let's aiming for beautiful "Suburi" by considering the weight and the angle of the blade.

Thanks for reading.

Related article: Common between Kyudo and Aikido

Related article: Sticky Hand and Pinky Rule


[ 素振りにみる合気道と剣道の違い ]

プロレスラーのように体の大きい人が木刀を手にしているところを見ると、まるで割り箸を手にしているかのような錯覚がしてきます。刀の長さと重さは体格に合わせて決めるのが基本なので、標準型の木刀では彼らの体格にはまったく合っていません。

ところで、皆さんが使っている標準型の木刀は、鉄製の真剣と比べて重さが半分しかないことを知っていますか?素振りを続けていると腕が痛くなると思いますが、実際には軽い木刀を振っているだけです。

運動エネルギーはW = 1/2 x 質量 x 速度の2乗となります。つまり運動エネルギーは質量に比例し、また、速さの2乗に比例します。

何かを棒で殴るときには、多くの運動エネルギーが必要ですから質量と速度は大きいほど良いということになります。ですが、刀は斬る武器であって叩き潰す武器ではないので、刃の向きという点が何よりも大事になります。刃が斜めを向いていては何も斬ることができません。

なので、真剣を振ることを想定する合気道の剣術では、重さ、速さ、刃の向き、の3点を考えながら素振りすることが大切ということになります。そのため、素振りをする時の注意点としては次のことが挙げられます。

1. 手首で振らない
2. 足を踏み変える
3. 刃を立てる
4. 音を小さくする

重さが倍増すれば運動エネルギーも倍増するので、手首の返しだけで振らないことです。また、右から横面打ちや袈裟切りをする時は右足が前、左から横面打ちや袈裟切りをする時は左足が前になるように足を踏み変えます。

片刃を持つ刀は斬る方向に対して刃を立てる必要があります。刃がまっすぐに立っていれば素振りの音は小さくなります。刀が震えていると風切り音が大きくなるばかりで、実際にはなにも斬れません。力任せに振らずに、まずは速さを一定にして音を小さくすることを優先していきます。

以上のことから合気道の足捌きは真剣の重さを、手捌きは刃の向きを考慮していることが分かります。

一方、軽くて円筒形をした竹刀を使う剣道では、試合に対応するために手捌きも足捌きも速さを最優先にしています。手首の返しだけで打つことが多く、また、足を踏み変えることもしません。

ですから、私達は剣道選手のスピードを真似るのではなく重さと刃の角度を考えた丁寧な素振りを心がけていきましょう。

関連記事: 弓道と合気道の共通点

関連記事: 吸い付く握り方と手刀の使い方

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#47 Ashi-sabaki 足捌き

47-Ashi-sabaki-C.jpg

After a few years since you started Aikido, the questions ashamed to ask your sensei will increase little by little. "Ashi-sabaki" is one of those, I suppose.

Types of foot movement (“Ashi-sabaki”) along the line of attack are called "Okuri-ashi", "Tugi-ashi" and "Ayumi-ashi". There are 6 types of movement as there is “Mae” (forward) and “Ushiro” (backward).

> Okuri-ashi-mae
> Okuri-ashi-ushiro
> Tugi-ashi-mae
> Tugi-ashi-ushiro
> Ayumi-ashi-mae
> Ayumi-ashi-ushiro

Okuri-ashi:
When moving forward, kick the floor with the heel of the back foot and move the front foot, then pull the back foot. When moving backward, kick the floor with the toe of the front foot and move the back foot, then pull the front foot. The direction of "Hanmi" does not change.

Tugi-ashi:
When moving forward, attach the back foot to the heel of the front foot and then kick the floor with the heel of the back foot and move the front foot. When moving backward, attach the heel of the front foot to the back foot, then kick the floor with the toe of the front foot and move the back foot. The direction of "Hanmi" does not change.

47-Ashi-sabaki-02-fixed.jpg

Ayumi-ashi:
When moving forward, move the back foot one step forward. The knee of the other foot can be touched behind the knee of the stepped foot. If it is not balanced, raise the heel of the back foot slightly to stabilize the centre of gravity. Turn the body with the ball of the foot and change the direction of "Hanmi" to the opposite side. The characteristic of "Ayumi-ashi" is not to kick the floor. The nose is always pointing the opponent. When moving backward, move the front foot one step behind, turn the body to change the direction of "Hanmi".

47 Ashi-sabaki-B

Depending on the techniques, there are also irregular footsteps of "Ayumi-ashi" that move one step after changing the direction of "Hanmi", but I will skip this time.

Also, "Uke" goes straight on the attack line, but "Tori" steps off the attack line of the opponent (“Irimi-taisabaki”). In short, there will be 12 types of foot movement in all.

Types of “Taisabaki” (body movement stepping off the attack line) are;
> Irimi (with Okuri-ashi, Tugi-ashi, Ayumi-ashi)
> Irimi Tenkan ( = Irimi with Ayumi-ashi then Tenkan)
> Tenkan
> Tenshin
> Tenkai

Thank you for reading.

Related article: Tips for "Tenkai" movement


[ 足捌きの種類 ]

今回は、足捌きの日本語名がNZの人には少し覚えづらいようなので整理してみました。

攻撃線に沿った足捌きは送り足、継ぎ足、歩み足に分けられます。それぞれ前後動作があるので、送り足前、送り足後、継ぎ足前、継ぎ足後、歩み足前、歩み足後、の6種類となります。

送り足:前進する時は後足の踵を蹴って前足を一歩進め、それから後足を引き付けます。後退する時は前足のつま先を蹴って後足を一歩下げてから前足を引き付けます。半身の向きは変わりません。

継ぎ足:前進する時は後足を前足の踵につけてから後足の踵を蹴って前足を一歩進めます。後退する時は前足の踵を後足につけてから前足のつま先を蹴って後足を一歩下げます。半身の向きは変わりません。

歩み足:前進する時は後足を真直ぐ一歩前に踏み出します。踏み込んだ足の膝裏にもう一方の足の膝が触ります。バランスがとり辛い時は後足の踵を少し浮かせて重心を安定させます。足裏の親指の付け根(母趾球)を軸にして体を半回転させ、半身の向きを反対側に変えます。歩み足の特徴は床を蹴らないことです。鼻先は常に相手に向いたままで頭を左右に動かしません。後退する時は前足を一歩後ろに引いてから、転回動作で半身の向きを反対側に変えます。一歩下がった足の踵を下げる動作を利用して転回します。

技によっては、半身の向きを変えてから一歩進む変則的な歩み足もありますが今回は省きます。

また、受けは攻撃線上を真直ぐ進みますが、取りは相手の攻撃線を外して進みます(入り身 体捌き)。細かく言えば、全部で12種類の足捌きがあることになります。

合気道を始めて数年過ぎると、いまさら聞けないことが少しずつ増えてきます。足捌きもその一つではないでしょうか。

関連記事:転回動作の約束事

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#41 Make a situation that the opponent wants to move  動きたくなる状況を作る

41-make-a-situation.jpg

When you watch Judo games, you often see scenes that both players grab each other and show no big action. For people who have never experienced Judo, it seems like a slightly strange and boring situation.

This is because they are trying to reverse the force point and the action point by shifting the fulcrum of the lever at the moment when the opponent attempted the throwing technique.

Experienced Judo players are experts on the principle of leverage, so it is fun to watch their fine movements. Actually, if people with knowledge of skills take countermeasure seriously, it turns out that applying technique is not easy. It is fundamentally different from demonstration.

By the way, if you are not grabbed by the opponent, there is nothing better than that. Then, the one who entered behind the opponent is overwhelmingly advantageous.

In Judo and Karate, there is nobody who doesn't mind even if the opponent enters behind himself. It is because everyone will feel great fear instantly.

However, in Aikido, even if someone is behind, there is a tendency to wait for the other's movements. I think it is because there is no sense of fear, but it definitely needs to be careful.

By creating the situation that the opponent wants to move, there is a chance to break the balance of the opponent. It is one of the enjoyments of practice to create that moment.

Thank you for reading.

Related article: The principle of leverage

[ 相手が動きたくなる状況を作る ]

柔道の試合を見ていると、お互いに相手を掴んだまま膠着状態となり、どちらも攻め倦んでいる場面をよく見かけます。柔道を経験したことが無い人には、少し不思議で退屈な状況に見えるでしょう。

これは、相手が技を仕掛けてきた瞬間に梃子の支点をずらして力点と作用点を逆転させようとしているからです。柔道選手は梃子の使い手ですから、彼らの細かい動きを見ていると勉強になります。実際、技の知識を持つ人が本気で抵抗すると、簡単に技が掛かるものではないことが分かります。演武とは根本的に違います。

ところで、合気道では相手を掴まなければいけないわけではありませんし、がっしりと捕まらなければそれに越したことはありません。ならば、先に相手の背後についた方が圧倒的に有利になります。

柔道や空手では、相手に背後を取られても気にしない人などいません。背後を取られた瞬間に恐怖を感じるからです。ですが、合気道では背後を取られても相手の動きを待ってしまう傾向があります。恐怖感がないからと言ってしまえばそれまでですが、ぜひとも注意したい点です。

相手が動かざるおえない状況を作ることで相手のバランスを崩すチャンスが生まれます。その瞬間を逃さないようにする事も稽古の楽しみの一つです。

関連記事:梃子の原理

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR