fc2ブログ

#96 Clear explanation of Kiawase - 気合わせの解釈

96-Clear-explanation-of-Ki-.jpg

Please try the following experiment at home first.

When someone else tickles your armpits, it is very ticklish and you can't stand it. But when you tickle yourself, you don't feel anything. Now, put your hand on top of someone else's hand. Then you don't feel ticklish when you are tickled. This is because your brain misidentifies that you are doing yourself by placing your own hand on top of someone else's.

Ki-awase is essentially a technique that uses this misidentification of the brain. You sense the direction of the opponent's kinetic energy flow, and gently and softly overlap your own kinetic energy in that direction.

The two kinetic energies overlap and the movement accelerates, but the opponent's brain mistakenly recognises this as being caused by his own movement and his reaction is delayed. At that moment, the opponent is off balance and you can initiate the technique. The trick is to overlap the energies softly and guide them without pushing or pulling by force.

Aikido is first practised by reading the direction of kinetic energy and connecting the flow. Experienced students who are able to do this naturally then practise connecting the flow by guiding the direction of the opponent's consciousness. In this way, the movements become simpler and simpler. This technique is called Ki-awase.

If the quick flow is resisted, its huge kinetic energy is focused on the joints, which can cause injury. So it is important for Uke to accept the flow when he or she feels it is being led.

Of course, Nage also respects the training partner, your Uke, and ensures safety while performing the technique. The way the safety is ensured is a measure of the skill of Nage. Good Uke and good Nage are such things.

Aikido has no rules. That is why it is a fundamental premise that you must trust your training partners, and you cannot practise with people you do not trust. If you don't trust your partner, you will only resist each other and it will be impossible to practise Ki-awase. I am very lucky to be able to practise with people I trust and I thank everyone for that.

Related article: What is "Ki no nagare"?


[ 気合わせの解釈 ]

まずは、次の実験をご家庭で検証してみてください。

他人に脇の下をくすぐられると、とてもくすぐったくて我慢できなくなりますが、自分でくすぐると別に何も感じません。次に、他人の手の上にあなたの手を重ねてみます。すると、くすぐられてもくすぐったく感じません。これは自分の手を重ねることで、自分でくすぐっていると脳が錯覚するからです。

合気道の気合わせは、基本的にこの脳の錯覚を利用した技法です。相手の運動エネルギーの流れの方向を感知して、その方向へと自分の運動エネルギーを優しくソフトに重ねます。

すると、二つの運動エネルギーが重なって動きは加速しますが、相手の脳はそれを自身の動きによるものと錯覚して反応が遅れます。その瞬間に相手のバランスを崩して技を仕掛けます。柔らかく力を重ねるのがコツで、力で押したり引っ張ったりせずに誘導します。

合気道は、最初に運動エネルギーの方向を読み取り流れをつなぐ稽古をします。それが自然と出来るようになった経験者は、次に相手の意識の方向を誘導して流れをつないでいく稽古をします。そうすることで、動きがどんどん簡素化されていきます。その技法が気合わせと呼ばれています。

素早い流れに抵抗すれば、その膨大な運動エネルギーは関節部に集中するので怪我をします。なので、受けは流れを導かれていると感じた時にはそれを受け入れることが重要です。

もちろん、投げも稽古相手である受けを尊重し、安全を確保しながら技を仕掛けます。その安全の確保の仕方が、投げの技量を測ることになります。良い受け、良い投げとはそういったものでしょう。

合気道にはルールがありません。だからこそ、相手を信頼することが大前提で信頼できない人とは稽古はできません。不信感がある相手とは、お互いに抵抗するばかりで気合わせの稽古など到底無理です。信頼する仲間と稽古ができるというのは、とても幸運なことで皆に感謝しています。

関連記事: 気の流れとは何か?
スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#89 Difference between deep breathing and "Kokyu-ho" - 深呼吸と合気呼吸法の違い

89-Kokyu-ho.jpg

After a hard workout, we all try to catch our breath by taking deep breaths. We also take deep breaths to calm ourselves down in psychologically tense situations. Deep breathing is a way of calming the body and mind, but Aiki "Kokyu-ho" proposed by O-Sensei has a different concept. In this article I will explain the difference in concept scientifically.

Firstly, the way you breathe is closely related to your emotional and psychological state. When you feel fear or anxiety, your breathing is naturally fast and shallow. When you feel depressed or sad, you sigh more deeply. When you are angry, your breaths are short and strong, and each emotion has its own way of breathing.

Importantly, it has been scientifically proven that this relationship also works in reverse.

Breathing shallowly or sighing constantly has been shown to cause the brain to produce stress hormones such as cortisol, noradrenaline and adrenaline. Emotions such as anxiety, nervousness, impatience, pressure and even just frowning cause the production of stress hormones that weaken our physical and mental resistance. The human body is made up of chemical energy, and when stress hormones are released in the brain and pumped through the body by the bloodstream, they cause a contraction of that energy.

So how can we increase the levels of the good hormones (dopamine, serotonin, endorphin) that contribute to physical and mental health? Many studies have shown that the most effective way is not only to take deep breaths, but also to have a strong image of being one with the cosmic energy and expanding it. The medical evidence clearly shows an increase in oxygen absorption, dilation of the blood vessels, relaxation of the muscles, stabilisation of the heart rate and activation of the brain functions.

This fact is exactly in line with the concept of "Kokyu-ho" as taught by O-Sensei.

In other words, it is scientifically proven that breathing deeply while imagining the philosophy of O-Sensei's "Takemusu-aiki" will improve your physical and mental health.

Breathing with Aiki "Kokyu-ho" prevents emotional disturbances, reduces stress hormones, increases the production of good hormones and improves the body and mind's resistance. Breathing slowly and deeply while visualising the expansion of energy in your brain is the breathing technique of "Takemusu-aiki".

This is not the same as saying that you should take deep breaths as a treatment for breathlessness.

Deep breathing helps to stimulate the parasympathetic nervous system and relaxes all the muscles in the body. To do this, breathe in slowly for three seconds, hold for two seconds and then breathe out slowly for five seconds.

As science tells us, it is nonsense to think negatively about the possibility of becoming one with cosmic energy. Because it has been proven that having a strong image of it in your brain is beneficial for your health. In other words, it's like image training. A rich imagination may be the key to "Aiki".

Many thanks for reading my posts this year. I wish you all a very happy New Year.

Related article: Placebo Effect



[ 深呼吸と合気呼吸法の違い ]

激しい運動をしたあとは、だれもが深呼吸をして息を整えようとします。また、心理的に緊張する場面では深呼吸をして気持ちを落ち着かせようとします。深呼吸は心身の揺れを落ち着かせる呼吸の仕方ですが、大先生の唱えた合気呼吸法は、そういったものとは違う概念をもっています。今回はその概念の違いを科学的に説明します。

まず、皆さんの呼吸の仕方は皆さんの感情、心理的な動揺と密接に関係しています。恐怖や不安を感じたときは自然と呼吸が速く浅くなります。落ち込んだときや悲しいときは深いため息が多くなります。また、怒っているときは短く強い息となるようにそれぞれの感情には特有の呼吸の仕方があります。

重要な点は、この関係は逆にも働くということが科学的に実証されていることです。

呼吸を浅くしたりため息ばかりをついていると、脳内でコルチゾール、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスホルモンが分泌されるのが分かっています。不安、緊張、焦り、プレッシャー、といった感情はもちろん、顔をしかめるだけでも、ストレスホルモンが分泌されて心身ともに抵抗力が弱まります。人の体は化学エネルギーで形成されており、脳内で分泌されたストレスホルモンが血液で体中に送り込まれるとそのエネルギーの縮小を引き起こします。

では、心身の健康に役立つ良質なホルモン(ドーパミン、セロトニン、エンドルフィン)を増えすにはどうしたらよいでしょうか?多くの検証の結果、深く呼吸するとともに宇宙エネルギーと一体化するイメージを脳内に強くもつこと、エネルギーの拡大をイメージ化することがもっとも効果的なことが立証されています。医学的には、酸素吸収量の増加、血管の拡張、筋肉の弛緩、心拍数の安定、脳機能の活性化、といった効果がはっきりと示されます。

その事実は、まさしく大先生が説いた合気呼吸法の概念と一致します。

つまり、大先生の武産合気の理念をイメージしながら深呼吸すると、心身が健康になると科学的に立証されているのです。

呼吸の仕方を整えることで感情の揺れを防ぎ、ストレスホルモンを抑え、良質なホルモンの分泌を促し、心身の抵抗力を高めます。エネルギーの拡大を脳内でイメージしながらゆったりと深呼吸をする、それが武産合気の呼吸法です。息苦しいから対処療法として深呼吸をしましょう、というのとは違います。

深呼吸は副交感神経を刺激して体中の筋肉をリラックスする効果があります。その方法は、ゆっくりと3秒息を吸って、2秒止めて、ゆっくりと5秒息を吐く、を繰り返します。

宇宙エネルギーと一体化するなんてできるわけがない、意味がわからない、などと否定的に考えることこそナンセンスだと科学はいっています。なぜならば、あなたの脳の中でそのイメージを強く持つことがあなたの健康に役立つと証明されているからです。例えるならイメージトレーニングと同じです。豊かな想像力こそが合気を作るのかもしれませんね。

今年も多くの方が当ブログをお読みいただきありがとうございました。皆様が素晴らしい新年をお迎えすることをお祈り申し上げます。

関連記事:プラシーボ効果

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#85 Aikiage – 合気上げ

Aikiage.jpg


Given the physics, we can all see that attempting a normal "Kiriage" motion with a grabbed hand is like playing a contest of strength. Therefore, no instructor will teach you to make a normal "Kiriage" movement in a grabbing technique. For beginners, we teach "Kiriage" for striking and "Aikiage" (Kokyu_ho) for grabbing. "Kiriage" movement is practised as part of the stretching exercises, so I don't think it needs to be explained.

Then, what is "Aikiage"?

It is a method used in "Suwari_waza_kokyu_ho", but since the term is confusing, I will call it "Aikiage" in this post. In simple terms, "Aikiage" is a training method (Tanren_ho) to break down the opponent's centre of gravity.

First of all, "Uke" needs to grip opponent's wrist strongly. If the grip is soft, only the arms are raised and the centre of gravity cannot be broken. This is why it is called the training method (Tanren_ho), not a technique (Waza). Don't be satisfied if your opponent's arm just goes up. There is no point in this training then.

For example, when you step off the stairs and lose your balance, you immediately grab the handrail tightly. The human body has conditional reflexes and cannot respond as softly as a shock absorber. "Aikiage" triggers this conditional reflex and causes the opponent's arm to stiffen.

In order to trigger the reflex, the following three things must be done at the same time.
1. Relax your arm and drop your elbow.
2. Quickly rotate your wrist halfway in the direction of the thumb turning inwards.
3. Lightly lift the hand blade with power on the little finger side.
The way you use the wrist spring is similar to the way you feel when you toss the ball in volleyball, I think.

When the Uke’s arm is stiffened by the conditional reflex, his grabbing hand cannot be released (cannot be moved). Then, you lift your elbow upwards and make the Uke standing on his toes. When the Uke stands on his toes, his centre of gravity swings back and forth, so you can use that moment to apply the technique. As you get used to it, your movements will become smaller and smaller, and just a quick lift of the opponent's shoulder will be enough.

In short, I think that "Aikiage" (Kokyu_ho) is a method of using conditional reflexes to set up the principle of leverage.

By the way, the hand blade should not be straight. It should be bent gently, as if you were tossing a volleyball.

Related article: Suwari Waza


[ 合気上げ ]

物理を知っていれば、つかまれた手で普通の切り上げ動作を試みるのは力比べをするようなものだと誰もが分かります。なので、つかみ技で普通の切り上げ動作をするように教える指導者はいないでしょう。初心者には、打ち技には切り上げ、つかみ技には合気上げ(呼吸法)と教えます。切り上げ動作は準備運動の一部として稽古しますので説明は不要だと思います。

では合気上げとはなんでしょうか?

座技呼吸法で用いる手法ですが、英訳の都合上、言葉が重なるのでここでは合気上げと呼びます。合気上げを一言でいえば、相手の重心を崩す鍛錬法です。

まず、受けは相手の手首を強くつかむ必要があります。柔らかくつかむと腕だけが上がって重心は崩せません。だから技ではなく鍛錬法と呼ばれます。相手の腕が上がっただけで満足しないようにしましょう。 それだけでは鍛錬法の意味がありません。

例えば、階段を降りているときに踏み外してバランスを崩すと、とっさに手すりを強くつかみます。人の体は条件反射をするので、機械のショックアブソーバーのように柔らかく対応することはできません。合気上げを仕掛けるには、この条件反射を誘って相手の腕を硬直させます。

反射の誘い方は、次の3点を同時に行ないます。
1. 自分の腕から力を抜いて肘を落とす
2. 親指が内側になるように手首を素早く半回転させる
3. 小指側に力をいれて手刀部分を軽く切り上げる
バネで弾くような手首の使い方は、バレーボールでボールをトスする時の感覚に似ています。

条件反射によって腕が硬直すると、つかんでいる手が離せなく(動かせなく)なります。そのまま、落とした肘を上に切り上げて相手を爪先立ちにさせます。相手が爪先立ちになると、相手の重心は前後に振れるのでその瞬間に技を仕掛けます。慣れてくると動きがどんどん小さくなり、瞬間的に相手の肩が上がるだけでも十分となります。

要するに、合気上げ(呼吸法)は「条件反射を利用してテコの原理を仕掛ける手法」だと思います。つかみ技の下準備として用いると言えばわかり易いでしょう。

ちなみに、手刀は指を真直ぐにはしません。バレーボールをトスするように軽く曲げます。

関連記事:座技 - すわり技

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#66 Discovery of the sixth sense - 第六感の発見

66-Discovery-of-the-sixth-s.jpg

This year, scientific research reports that lead to the sixth sense of humanity have finally been published. The existence of geomagnetic ability was confirmed.

It is well known from the examination results of MRI (magnetic resonance imaging) that the human body has two magnetic fields. One is the brain and the other is the heart, both are organs that circulate a large amount of blood.

The formation of a magnetic field is not surprising because the human body contains a lot of minerals, proteins and magnetic irons, but it was thought that modern people had already lost the geomagnetic ability.

Many scientists have examined the things such as psychic powers, spiritual powers, and something powers..., but none of those has been identified as reproducible, or exceeded mathematical probabilities.

Simply put, those things use the illusion of brain, reflex action, and delusion. As you know that the Aikido technique also uses the illusion and reflex action of others. It depends on your thinking whether you call it "Ki" or not.

Anyway, I think that the geomagnetic ability is the first scientifically proven sixth sense.

Human's natural ability has been considered as five senses of sight, hearing, taste, smell and touch. If the research on effective utilization of geomagnetic ability and its amplification method is advanced in the future, our life will change dramatically.

For example, when an earthquake occurs, electromagnetic pulses occur under the ground. Animals with high geomagnetic abilities can detect the pulses, and therefore they take abnormal action before the earthquake travels. If research on human geomagnetism is advanced, it may be possible for people to be able to predict earthquakes and prevent damage.

Also when you get nervous, your heart will move faster and blood pressure will rise, then the magnetic field of the heart and brain will change. If you can sense the other person's emotions not only from the facial expression but also from the change in the magnetic field, Aikido will also change.

I hope this old but new ability won't be used as war tools.

Thanks for reading.

Related article: Concept of Ki energy that excluded religious interpretation



[ 第六感の発見 ]

今年になって、人の第六感につながる研究報告がついに発表されました。

以前から、人体には二つの磁場があることがMRI装置(magnetic resonance imaging)によって分かっていました。ひとつは脳、もう一つは心臓で、どちらも大量の血液が循環している臓器です。人体にはミネラルやたんぱく質、磁性鉄イオンが多く含まれているので磁場の形成は不思議ではありませんが、現代人はすでに地磁気能力を失っていると考えられていました。それが、微力ながらも現代人も地磁気能力を持っていることが確認されたのですから大きな発見です。

これまでも多くの科学者が、超能力や霊力、神通力などといったものを科学的に検証してきましたが、そのいずれもが再現性を認められず数学的確率を上回ることもありませんでした。簡単に言えば、脳の錯覚や反射現象、思い込み、妄想を利用したものでした。科学的に証明された第六感というものは、今回の地磁気能力が初めてではないでしょうか。

実際、合気道の技も相手の錯覚や反射を利用しています。それを「気」と呼ぶかどうかは皆さんの考え方次第です。

人間の無意識の存在的能力は、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感だけとされてきましたが、磁覚(地磁気能力)の有効的な使い方や能力の増幅方法が研究されれば、私達の生活は大きく変わるかもしれません。

例えば、地震が起こると地中で電磁パルスが発生します。地磁気能力の高い動物達はこの電磁波を感知出来るので地震が伝わる前に異常行動を起こします。今後、人間の磁覚について研究が進めば、誰もが地震予知を出来る様になって被害を防ぐことが可能かもしれません。

また、緊張すると心臓の動きが早くなったり頭に血が上ったりして、心臓や脳の磁場が変化します。殺気というのは、その変化をいうのかもしれません。相手の表情からだけでなく、磁場の変化からも感情の揺れを読み取れるようになれば、合気道も変わるでしょう。

今の段階では、失ったと思われていた地磁気能力の再現性を確認した、というだけであり、医学的に第六感と認定されたわけではありません。ですが、能力があっても不思議ではない、というのが専門家の解釈だと思います。この古くて新しい能力が戦争の道具として使われないことを祈らずにはいられません。

関連記事:宗教や思想にとらわれない気エネルギーの概念


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#64 What is "Ki no nagare"? - 気の流れとは何か?

64-What-is-Ki-no-nagare.jpg

In Aikido, the word “Ki no nagare", the flow of Ki, is often used, but the word is explained by mixing Asian philosophy. This is because O-sensei was Shinto believer, and Tohei-sensei respected the famous philosopher Mr. Nakamura. So the word is very vague and mysterious for those who are not familiar with Asian philosophy.

I think that most people are not convinced of "Ki no nagare", but are trying to feel uncertain energy.

So, what is "Ki no nagare"?

First of all, let's replace the word "Ki" with "consciousness" instead of making it an uncertain energy. In fact, the flow of consciousness is a common concept in modern sports such as boxing and wrestling. Even if you are not familiar with Asian philosophy, it will be easier to understand if you think of it as a flow of consciousness.

For example, weight training is more effective by being aware of the muscles you want to train. This is already proven in sports science and is common sense. Even when exercising, the body learns movement by consciously recognizing the muscles to move. Consciousness will run the whole body when things to be conscious are linked. This is proven in sports science in the same way as image training given by athletes.

The point is to accept the flow of consciousness and to memorize it in the brain. Once you became able to ride a bicycle, you can ride it for a lifetime. In the same way, copy the flow of consciousness from the cerebrum to the cerebellum.

And in most cases, sharing the image of the flow of consciousness with a partner is called "Ki no nagare". However, I think there is a misunderstanding about this. "Ki no nagare" is not as simple as image training. Because consciousness and emotion are produced by the brain.

In Asian philosophy, mind and Ki energy (life energy) are different elements. So I think the true meaning of the flow of Ki is different from the flow of consciousness, but I am still inexperienced and cannot understand it.

Does your practice distinguish between the flow of Ki and the flow of consciousness? It is very interesting to me.

Thank you for reading.

Related article: How to form unconscious behaviour


[ 気の流れとは何か?]

合気道では、気の流れという言葉をよく使います。大先生は神道、東平先生は哲学者中村天風先生にそれぞれ心酔していたので、気の流れについては必然的に東洋思想を交えて説明されてきました。なので、東洋思想に馴染みのない人にはとても曖昧で神秘的なものとなっています。

多くの人は確信をもって気の流れを自覚しているわけではなく、不確かなものを感じ取ろうとしています。実際、気の流れを稽古しようとしても、受けが動きを受け入れればそれなりに良く見えますが、受けが傲慢だとまったく稽古になりません。”気”の解釈を考えれば、それを「当然だろう」と思ってしまう時点で気の流れを本当には分かっていないのだと思います。

そもそも気の流れとは何でしょうか?

そこでまず、気を不確かなエネルギーとするのではなく、「意識」と置き換えてみます。実は、ボクシングやレスリングなどの近代スポーツでも意識の流れは一般的な概念です。東洋思想に馴染みのない人でも、意識の流れと考えれば理解しやすいと思います。

例えば、ウエイト トレーニングは鍛えたい筋肉を意識することで効果が高まります。これはスポーツ科学では既に証明されており一般常識となっています。運動する時も、動かす筋肉を順番に意識することで体が動きを覚えていきます。意識するところが連動してくると体の中を意識が駆け回るようになってきます。これは、スポーツ選手が行なうイメージトレーニングと同じ方法で、スポーツ科学でその効果が証明されています。

要は意識の流れを受け入れること、そして、意識の流れを脳に記憶することが大切となってきます。自転車に乗れるようになると一生乗れるのと同じように、大脳から小脳へと意識の流れを書き写して行きます。

そしてほとんどの場合、合気道ではパートナーと「意識の流れ」のイメージを共有して稽古することを「気の流れ」と呼んでいます。しかしながら、実はここに誤解があるのではないでしょうか?

分かり易くいえば、「意識の流れ」を練習することはイメージトレーニングと同様に最初の一歩を踏んだだけであって、そこでこれが「気の流れ」だと思ってしまうのは安易すぎると思います。なぜならば、意識も感情も脳が作り出しているからで「気」とは異なります。

東洋思想では、心は精神エネルギー(気エネルギー)とは異なる生命要素です。なので、本当の意味での「気の流れ」は「意識の流れ」とは違うと思いますが、私はまだまだ未熟者なのでそれ以上は分かりません。

皆さんの稽古では、「気の流れ」と「意識の流れ」を差別化しているのでしょうか?不謹慎かもしれませんが、私には分からないのでとても興味深いです。

お読みいただき、有難うございます。

関連記事:動作を無意識で行う方法


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#36 Method of Meditation 瞑想の方法

36-Method-of-Meditation.jpg

This time, I would like to introduce a method of meditation that I repeated many times during my hospitalization.

When mosquitoes are flying in the room, you cannot concentrate on study or work because the sound of mosquitoes is a weigh on your mind. Put it in another way, it is a situation that you concentrate on the sound of mosquitoes so that you cannot do anything else.

Although it is difficult to concentrate on things that are not interesting, it is easy to concentrate on the things that you are interested or very concerned. This is the method using human nature like that.

First, close your eyes and count the sounds that you can hear. Transfer consciousness to audible sound such as clock sound, wind sound, heart sound. Choose the most interesting sound among them. As you concentrate just on the sound, other sounds will gradually get smaller and disappear.

If you are able to reduce the sound one by one and concentrate until the last sound disappears, negative emotions such as uneasiness and fear will be separated from your mind.

Because we are human beings, the mind sometimes become weak. I hope that the method helps in such a time.

Thank you for reading.


[ 瞑想の方法 ]

今回は、私が入院中に何度も繰り返した瞑想の方法を紹介したいと思います。

蚊が部屋の中を飛んでいると、蚊の音が気になって勉強や仕事に集中できなくなります。別の言い方をすれば、他のことができなくなるほど蚊の音に集中しているといえます。

興味のない事に集中するのは難しいですが、とても気になる事には努力しなくても高い集中力が発揮されます。これは人間のそういった性質を利用した方法です。

まず、 目を閉じて聞こえる音を数えます。時計の音や風の音、心臓の音など聞こえる音に意識を移します。 その中でもっとも興味ある音を選びます。その音にひたすら集中していくと他の音が少しずつ小さくなって消えていきます。

そうやってひとつずつ音を減らしていき、最後の音が消えるまで集中していきます。そうすると、不安や恐れなど負の感情が心から離れていきます。

人間ですから、病気になったり嫌なことが起こったりした時に心が弱くなることもあります。そんな時に、この方法が少しでも皆さんのお役に立てたらうれしいです。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#30 Placebo Effect  偽薬効果

30-Placebo-Effect.jpg

If you give an inactive placebo like sugar by saying that this is a good medicine to a sick person, it sometimes turns effective. This is called the placebo effect. It is said that if the brain believes "this is a good medicine", the body will work correspondingly.

This proves that the brain is constantly exchanging information with the body and how the brain behaviour will change the body. It is also said that among people who are sick or injured, the time of complete recovery is quite different between those who believe they will recover and those who are suffering from anxiety and fear.

The important thing is to believe a positive result and keep on making efforts for that. Actually, pharmacological effects of self-suggestion have not been confirmed. However, it is well known that chemical substances produced in the brain depend on thinking.

If you have a positive emotion, chemicals that cause analgesic and happiness such as endorphin, serotonin, oxytocin, dopamine are secreted from the brain. Conversely, if you have a negative emotion, stress hormone such as cortisol, adrenaline, noradrenaline will be secreted from the brain and the immune function will be lowering.

In summary,
1. By having positive thinking, good chemical reactions occur in the brain, suppress stress hormone and cause good changes in the body.

2. It is important to believe 100% of the ideal result and make efforts.

3. By changing consciously how to work the brain, it is possible to have a good effect on the mind and body.

The placebo effect proves a strong connection between the brain and the body. "Takemusu Aikido" does not play a game and does not allow you to have any offensive feelings to others. I think that attraction of "Takemusu Aikido" is that aims at polishing your intelligence rather than martial power.

Thank you very much for your encouragement after returning to practice. I am looking forward to practice while thanking for being alive today.

I wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year 2018.


[プラシーボ効果]

病気の人にこれは良く利く薬ですよ、と砂糖などの偽薬を与えると実際に効果があるといわれています。これをプラシーボ効果と言います。脳がこれは薬だと信じると体がそれに対応した働きをすることがわかっています。

一般的には暗示効果といわれていますが、脳が体と常に情報交換をしていて、脳の働き方が体に変化を与えることを証明しています。病気や怪我をした時に、回復することをまったく疑わないでいる人と後遺症を恐れている人とでは、完治するまでの期間がまったく違うそうです。

大切なのは、前向きな結果が起こることを100%信じて、そのための努力を続けることです。不安や恐れを持ちながら努力してもほどほどの結果しか得られないでしょう。

実際、暗示効果そのものに薬理的効果はないとされています。しかしながら、脳内で生成される化学物質は思考によって左右されることがわかっています。

前向きな感情を持っていると、エンドルフィン、セロトニン、オキシトシン、ドーパミンといった鎮痛作用や幸福感をもたらす化学物質が脳から分泌されます。逆に、後ろ向きな感情を持っていると、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンといったストレスホルモンが脳から分泌されて免疫機能の低下などが起こります。

つまり、思考を前向きにすることで脳内で良好な化学反応が起こり、ストレスホルモンを抑え、体にも良い変化が起こるということです。

要点をまとめると次の通りになります。

1. 前向きな自己暗示は体に良い伝達物質が脳内で作られ、後ろ向きな自己暗示は体に悪いストレスホルモンが脳内で作られる。

2. 理想の結果が得られると100%信じて、努力することが大切。

3. 脳の働き方を意識的に変えていくことで、心と体に良い影響を与えることができる。

プラシーボ効果は、脳と体の強い結びつきを証明しています。社会が病んでしまうと、恐れや怒り、不安といった後ろ向きな感情が社会に充満してきます。その結果、ストレスホルモンが常に分泌されることになり人々の心身を病んでいきます。

武産合気道では、試合を行わず他人に攻撃的な感情をもたないようにしています。武力ではなく知性を磨くことを目標としているのが、武産合気道の魅力だと思います。実際、暴力的で知性を感じない人とは合気道の稽古はできませんよね?

お読み頂きありがとうございました。良い新年をお迎え下さい。


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#27 How to form unconscious behaviour  無意識下の動作

27-How-to-form-unconscious.jpg

An action to ride a bicycle is not the act that a human being can do by nature. After practicing many times, we become able to ride a bicycle. Conversely, once you became able to get on, you can ride a bicycle for the rest of your life. According to Sport Science, it is because a cerebellum memorized the method of riding a bicycle.

Although the cerebellum is smaller than the cerebrum, the cerebellum has more nerve cells. The nerve cells of the cerebrum are approximately 14 billion, but nerve cells of cerebellum are approximately 100 billion.

Learning something through physical experience is that the cerebellum memorizes the experience. To say in other words, the cerebrum takes charge of consciousness, and the cerebellum takes charge of unconsciousness.

Because the cerebrum produces a conclusion after thinking (consciousness), response time is slow (0.7 ~ 1 sec). The cerebellum gets a conclusion by memory (unconsciousness). Therefore, response time becomes quick (0.15 ~ 0.3 sec).

When experience is copied from the cerebrum to cerebellum, a density of memory varies depending on a way of the experience. If you worked hard and overcame fears, the density of memory becomes stronger. If you work roughly, the thing would not be copied to the cerebellum properly.

The act of memorizing what you have experienced with the body is the act of burning memory strongly to the cerebellum. This is why concentration power is required. Although there is efficiency in the method, there is no shortcut.

Thanks for reading.

Related article: Review the actions we undertake unconsciously


[ 動作を無意識で行う方法 ]

自転車に乗るという行為は、人が生まれながらにして行える行為ではありません。 何度も練習した後、自転車に乗ることができます。

逆に、乗ることができるようになれば残りの人生も自転車に乗ることができます。スポーツ科学によると、それは小脳が自転車に乗る方法を記憶するからだと言われています。

小脳は大脳よりも小さいですが、小脳はより多くの神経細胞を有しています。大脳の神経細胞は約140億個ですが、小脳の神経細胞は約1000億個です。

物理的な経験を通じて何かを学ぶことは、簡単に言えば「小脳に経験を記憶させること」になります。大脳は意識を担当して小脳は無意識を担当するといえば分かり易いと思います。

大脳は思考(意識)の後に結論を得るので応答時間は遅くなります(0.7〜1秒)。一方、 小脳は記憶(無意識)によって結論を得ますので 応答時間が速くなります(0.15〜0.3秒)。

経験が大脳から小脳へと移されるとき、記憶の密度は経験した方法によって変わるといわれています。あなたが懸命に練習して恐怖や不安を乗り越えれば、記憶の密度はより強くなります。 集中せずにいい加減な練習をすると、経験は断片的にしか小脳に記憶されません。

経験したことを身体で覚えるという行為は、小脳により強く記憶を焼き付ける行為ということになります。そのため、高い集中力が必要となります。方法の効率化はあっても近道は存在しないということでしょうか。

関連記事: 無意識な行動を見直すこと


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#13 Refractory Period 神経細胞の不応期

13_Refractory-Period.jpg

When the brain catches two recognitions, the prefrontal area is panicked and a nerve system is incapable of responding to stimulation. This conflict requires extra processing time (reaction time) for the brain to resolve, and the movement of the body stops suddenly when it really happens.

This reaction of the brain is called “refractory period”.

Refractory period in brain is a period during which a nerve or muscle is incapable of responding to stimulation, especially immediately following a previous stimulation.

In the martial arts, there are a lot of techniques using the refractory period. As soon as the opponent takes an action of attack, you make a reaction which is different from the prediction of the opponent. Your reaction will stop the movement of the opponent, and you will be able to take next move before the opponent responds.

In another example, if the predicted resistance disappears suddenly, the brain cannot respond immediately. You feel the illusion as if the arm of the opponent you grabbed suddenly became a sponge.

If you practice by solely relying on the feelings, sometimes you are unable to find the way how to make progress. In such cases, training with knowledge will help you.

Thank you for reading.


[ 神経細胞の活動電位が発生しない不応期 ]

脳が2つの異なる認識を続けて捉えると、前頭領域がパニックになり神経システムが刺激に応答できなくなります。 この障害は、脳が立て続けに起こった情報を処理するのに通常よりも長めの処理時間を必要とすることで発生します。また、実際に起こると身体の動きが突然停止します。

こういった脳の反応はリフラクトリーピリオド不応期」と呼ばれます。

不応期は、神経または筋肉が刺激に応答することができない期間、特に連続した刺激の間は神経細胞の活動電位が発生しない期間をいいます。

武道では、神経細胞の不応期を利用した技が多くあります。 相手が攻撃を仕掛けてきた瞬間に、相手の予測を裏切る反応をするようにしています。予想外な反応をすることで 相手の動きが瞬間的に止まり、再び反応する前に次の動きを繰り出すことができます。

別の例として、予測した相手の抵抗が突然消失すると脳は即座に応答することができません。激しい抵抗を予測していた相手の腕から瞬時に力みが消失すると、相手の腕がまるでスポンジになったかのような錯覚を感じて動きが止まります。

寄り掛かっていた壁が突然消えたりしたら、変化を認識できずにそのまま倒れてしまうでしょう。

一般的に、感性に強く頼った練習を続けていると進歩する方法が分らなくなる時があります。知識に基づいた練習方法が皆さんを助けることもあるではないでしょうか。


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#06 Reticular Activating System in the brain 網様体賦活系の活性化

The-reason-why-we-love.jpg

Have you ever experienced getting noticed of the same model cars when you bought a new car? This is because the reticular activating system (so-called RAS) is working in the brain. RAS can be activated by consciousness of everything.

RAS works to select and capture only necessary information for you. It protects the brain against loading unnecessary information. In other words, only things that are interesting come into the eyes and ears.

If you think about happy things or look for positive things, RAS finds positive things one by one. If you are consciously appreciating it, you will be filled with lots of thanks. On the contrary, RAS finds only negative things when you hate or look down on others. If you consider yourself unhappy, you will be surrounded by unfortunate things. It is not a religious thing, but the work of brain is doing that kind of thing all the time.

The philosophy of "Takemusu-aiki" can re-activate RAS in a good way. The practice method of Takemusu Aikido has no competition and no enemy. It leads to seeking a beautiful way of life as a human being.

Of course, because we are human beings, there are times when we feel down or get lost, sometimes we suffer. Still, we want to become a human being who can turn forward and appreciate today. I think that is the strength of real human beings.

The reason why we love and practice Aikido is not to fight with someone but to become a human with a strong will, I suppose. Aikido helps you to activate RAS in a good way.

Thanks for reading.

Related article: Placebo Effect


[ 稽古をする理由と網様体賦活系の活性化 ]

新しい車を買ったら同じ車種の車ばかり目に付くという経験をしたことはありませんか?これは、脳の中の網様体賦活系(もうようたいふかつけい)reticular activating system in brain (通称RAS)が働いているからです。何事も意識することでRASを活性化させることができます。

この部分は自分にとって必要な情報だけを選んで取り込む働きをします。必要でない情報を取り込んで脳への負荷を増やさないように保護しているのです。つまり、興味のあるものしか目や耳に入ってこないようになっています。

幸せなことを考えたり前向きなことを探すようにすれば、RASが次々とポジティブなことを見つけ出してくれます。意識して感謝するようにすれば、あなたの周りが沢山の感謝で満たされます。逆に、他人を憎んだり見下したりしているとネガティブなことばかりRASが見つけてきます。自分を不幸だと思えば、あなたの周りは不幸なことで一杯となるでしょう。宗教的なことではなく、脳の働きがそういった働きをしているのです。

大先生が唱えた武産合気の理念は、RASを良い意味で活性化させることができます。試合を行わず、敵を持たずに行う稽古方法は、人間として美しい生き方を求めることにつながっています。

もちろん人間だから、落ち込む時もあれば迷う時も、悩む時もあります。それでも、前を向いて今日を感謝できる人間になりたいと思います。それが本当の人間の強さだと思います。

私たちが合気道を愛し稽古する理由は、誰かを倒すことを目的としているわけではなく、強い意志を持った人間になることを望んでいるからではないでしょうか。

関連記事: プラシーボ(偽薬)効果

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR