fc2ブログ

#100 Kyo and Jitsu - 虚 実

100_KyoJitsu.jpg


Kyo-Jitsu is a term used in Oriental medicine in combination with Yin and Yang. Kyo-Jitsu indicates more or less amounts; Kyo means shortage such as weakness, and Jitsu means surplus such as fullness.

Although originally an oriental medicine term, the idea of Kyo-Jitsu is also used in the art of war and negotiation. In martial arts, Kyo means less defensive or weakness, while Jitsu means more defensive or strength.

In Kendo, it is said to 'attack Jitsu and strike Kyo'. If you deliberately continue to attack the opponent's strong defence of Jitsu, he will move forward to counterattack. This creates an opening and Kyo is created. Without missing that moment, strike Kyo.

In Judo and Karate, they hit each other with Jitsu to measure their opponent's strength, and the moment their opponent becomes frightened, they spot Kyo and attack there.

So what is Kyo-Jitsu of Aikido?

The attack from Uke is Jitsu. Atemi is not a light feint either, but essentially powerful Jitsu. And Nuki-waza and Taisabaki are Kyo because it eliminates strength from your upper body. Instead of clashing each other with Jitsu and targeting Kyo, you use Kyo to draw out your opponent's Kyo, I think.

In Aikido, your upper body is always kept soft in order to eliminate clashing forces. Therefore, your upper body is Kyo that cancels out forces, and your lower body is Jitsu that performs strong step.

A person with a stiff movement tends to try to beat their opponent, even unconsciously. If you tell such people about the concept of Kyo-Jitsu, it will have the effect of softening their movements.

Best wishes for the year 2024.

Related article: Nuki-waza


[ 虚 実 ]

虚実は陰陽と合わせて東洋医学で使われる言葉です。虚実は量の多い少ないを表し、虚は虚弱など不足、実は充実など過多を意味します。

本来は東洋医学用語ですが、虚実という考え方は兵法や交渉術でも使います。武術では虚は守りの薄いところや弱さ、実は守りの固いところや強さを意味します。

剣道では「実を攻めて虚を打て」といいます。いわゆる虚実の攻めです。相手の守りの堅い実をわざと攻め続けると、相手は反撃に転じようと前に出ます。それが隙となり虚が生まれます。その瞬間を逃さずに虚を打ちます。

柔道や空手では実をぶつけ合って相手の力を測り、相手が怯んだ瞬間を虚として一気に攻めます。

では、合気道の虚実はなんでしょうか?

受けをアタッカーとすれば、その攻撃は実です。当身も軽いフェイントではなく、本来は力強い実です。そして、攻撃を柔らかく捌いて相手のバランスを崩す抜き技や体捌きが虚となります。実をぶつけ合って虚を突くのではなく、虚をもって相手の虚を誘うのだと思います。

合気道では、ぶつかり合う力を消すために上半身は常に脱力を繰り返します。なので、上半身は柔らかい虚、下半身は力強いステップを踏む実となります。

動きが固い人は、無意識のうちにも相手を打ち負かそうとする傾向があります。そういう人に虚実の考え方を伝えると、動きが柔らかくなる効果があると思います。

今年もよろしくお願い致します。

関連記事: 抜き技

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#92 Young people want a challenge - 若い人はチャレンジを求めている

92-Young-people-want-a-chal.jpg

The other day I met an Aikido friend again in the dressing room of Avondale College, where Waitakere Dojo is located. I had met the young man at another Dojo, but he has given up Aikido and is now enjoying himself in a futsal club. He said he stopped because he didn't find the practice challenging.

It is understandable that after the age of 40, you will not be able to push yourself as much even if you want to. But it is obviously not right for young members to be practicing with movements like elderly people.

The point is that most young members are not avoiding hard work. They simply have not been taught how to work hard.

Training that teaches only the movements of Nage (throwing) is just an easygoing practice, even if it is tiring. There is no fear and lack of challenge. To begin with, if endurance is all about hard work, it doesn't have to be Aikido.

As Aikido is divided into Nage and Uke (receiving), Uke requires hard work and determination to face pain and fear, which is what makes it a challenge. In the Dojo where he was, there was very little instruction in Uke skills.

"Don't copy the elderly master, copy when he was young."

This is a common saying in Japan. After hearing his talk, I realized once again that young people want an environment that is challenging.

Related article: Practice of "Metuke"


[ 若い人はチャレンジを求めている ]

先日、ワイタケレ道場のあるエイボンデールカレッジの更衣室で懐かしい人と再会しました。若い彼とは他の道場で知り合いましたが、今は合気道をやめてフットサルのクラブで活躍していました。彼がやめた理由は、稽古で充実感を得ることがなかったからだそうです。

40歳を過ぎれば無理をしたくてもできなくなるのはわかります。でも、若いメンバーが中高年みたいな動きで稽古をしているのは明らかにおかしいです。

肝心なのは、ほとんどの若いメンバーはハードワークを避けているのではなく、ハードワークの仕方を教わっていないだけだという事実です。

投げの動きだけを教える稽古は、手順を覚えればとりあえず形はできるようになるので疲れるとしても所詮は気楽な稽古です。怖さもなくてチャレンジする要素が不足しています。そもそも、持久力がハードワークのすべてなら合気道である必要はありません。

投げと受けとに分かれる合気道では、受けにこそ痛みや怖さに立ち向かう覚悟とハードワークが必要で、そこにチャレンジする要素があります。彼がいた道場では、受けの指導はほとんどありませんでした。

"高齢の師範の真似をするな、師範の若い時の真似をしろ"

これは、日本でよく言われる言葉です。再会した若い知人の話しを聞いて、若い人たちはチャレンジする環境を求めているんだと改めて思いました。

関連記事: 目付けの稽古

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#79 Etiquette Trivia - 礼作法の雑学

79-Etiquette.jpg

We shake hands with others as a sign of friendship. Originally, the act of showing an open hand means that you have nothing hidden in your hand. Most people are right-handed, so the right hand is considered the attacking hand. By letting others grab your right hand, you show that you have no hostility.

Likewise, there is a way to show that you are not hostile, even if you are holding a sword. If you hold the sword in your left hand, people will not trust you because you can pull out the sword with your right hand. So, when you hold the Saya (scabbard) from above with your right hand, with the Saya-jiri (tip) in front and the Tuka (handle) behind you, you show that you do not intend to pull out the sword.

By the way, in Shinto (Japanese religion), there is an idea that the left side is the higher side and the right side is the lower side. For this reason, it is said that even left-handed Samurai hold their precious swords on the left side.

In the old days, Dojos were designed and built according to the orientation of the land. But nowadays, most Dojos are rented, so the general rule is that “the right side of the Dojo is the upper seat and the left side is the lower seat when facing the front”. This is because the Dojo master sits with his back to the front, so his left hand side is the upper seat.

In the etiquette, there are various differences between Aikido's etiquette and Kendo / Iaido's etiquette. The most obvious difference is the highest form of respect.

Japanese Dojos have a household Shinto altar at the front. In Aikido, bowing to the altar is the highest courtesy. However, in Iaido, bowing to the sword is the highest courtesy.

Also, in Aikido, the way you stand up from the Seiza position is different from Iaido. In Iaido, since the sword is held in the left hand, you step out from the right foot. However, in Aikido, some people step out from the foot on the lower seat side according to Shinto etiquette.

In NZ, there is no Shinto altar in the dojo, so instead of the altar, bow to the front. So, like any other martial arts, I think it's best to think of it as "sitting with your left foot first, and standing with your right foot first".

To define the front of the dojo without the altar, you must display a picture of O-Sensei, the national flag, or the dojo motto.

Highest courtesy (bow to the altar, bow to the front):

> Do it in Seiza position
> Place your hands on the floor in the order of left and right hands
> Put your hands to elbows on the floor, tilt your upper body deeply
> When you raise your head, place your right and left hands on your knees in that order

Ordinary courtesy (courtesy to others):

> In Seiza postition, place your hands shoulder-width apart on the floor and tilt your upper body at 45 degrees
> In standing position, place your hands in front of your thighs and tilt your upper body at 45 degrees

Now, the kenjutsu of Aikido is called Aiki-ken. It was handed down from O-Sensei to Saito Shihan, and it is also called Iwama-ryu Kenjutsu. However, since the Iwama Ryu Dojo became independent from the Aikikai in 2004, opportunities to learn the Aiki-ken are very limited.

So, I did a little research on the Iwama-ryu etiquette for "bowing to the front", so I would like to share the information with you.

Here's what to do when bowing to the front with your Bokken.

For sitting bowing:

> Hold the Bokken in your right hand with the blade facing up.
> From an upright position to Kiza (kneeling) and Seiza (sitting).
> Place the Bokken sideways in front of you.
> The Tuka (handle) is on the left side and the blade is on your side.
> Sit up straight and make the highest courtesy (bow to the front).
> Hold the Bokken in your right hand and place it at your right side, you stand up straight from Kiza (kneeling) with the Bokken.
> Afterwards, when bowing to the others, change the hand holding the Bokken to your left hand.

For standing bowing:

> Hold the Bokken in your right hand with the blade facing up and stand upright.
> Hold it from underneath with both hands, with the Tuka (handle) on the left side and the blade on your side.
> Raise the Bokken above eye level.
> Bow to the front.
> Turn the Tuka (handle) up and grab it again with your right hand.
> Lower your right hand to the right side and stand upright.
> Afterwards, when bowing to the others, change the hand holding the Bokken to your left hand.

In NZ, after bowing to the front, you usually move the Bokken to the left, which I think is an influence of Australia. The sword is moved back to the left side in Iaido, too. In any case, etiquette is a matter of mind, so it is not a matter of which one is correct.

In Ueshiba Sensei's Aikido, we bow to each other not as enemies, but as a sign of friendship. I've heard that O-Sensei changed the depth of his religious beliefs and martial arts philosophy as he got older, but it would be rather natural for anyone to do so. No one can deny that he has changed.

Swords are essentially a weapon for killing people, but we who live in the modern world are not practicing it in preparation for killing each other. Martial arts also change with the times. I would like to continue to enjoy Aikido as a martial art of harmony.

Thanks for reading.

Related article: Mutual respect


[ 礼作法の雑学 - 正面に礼 ]

私達は、友好の証として他者と握手をします。本来、手を広げて見せる行動には、手に何も隠し持っていないという意味があります。大半の人は右利きなので右手は攻撃の手であり、その右手を他者に差し出すことで敵意がないことを示します。

同様に、帯刀している者が敵意がないことを示す所作があります。左手で刀を持っているとすぐに右手で抜刀できるので、警戒されて信頼を得られません。なので、鞘尻(剣先)を前、柄頭を後ろにして右手で上から鞘を持つ所作は、抜刀する意思がないことを示します。

ちなみに、左利きの人も左側に帯刀するのは、神道では左側が上位、右側が下位という考えがあるからといわれています。命より大切な刀を下にすることはできないということではないでしょうか。

昔は方位に従って道場が建てられ上座を決めていましたが、現代ではほとんどの道場が賃貸なので「正面に向かって右側を上座、左側を下座」とするのが一般的です。これは、正面を背にして座る最高位師範の左手側を上位とするためです。視点が違うので少し混同するかもしれません。

礼法において、合気道の所作と剣道・居合道の所作とでは色々と違いがあります。特に違いがはっきりしているのは最敬礼です。

日本の道場には神棚(神前)があります。体術や武器取りを稽古する合気道では、神前礼が最敬礼となります。一方、刀法や剣術の立会いを学ぶ居合いでは、刀礼が最敬礼となります。

神前を最敬礼とする合気道では、正座からの立ち上がり方にも居合道との違いがあります。剣道・居合道では帯刀していることが前提なので常に右足から踏み出しますが、合気道では神道所作に従って下座側から踏み出す先生もいます。座礼での手の置き方も左から床におきますよね。

NZにおいては、道場に神棚はないので「神前に」ではなく「正面に礼」をします。なので、他武道と同様に「座るときは左足から、立つときは右足から」で良いと思います。

神棚がない道場で正面を定めるには、大先生の写真、国旗、または、道場訓を掲げます。

最敬礼(神前に礼、正面に礼):
>座礼で行なう
>手から肘までを床につけて深く上半身を倒す
>手をつくときは左手右手の順番、頭を上げるときは右手左手の順番で上げる

普通礼(人への礼):
>座礼では、手を肩幅で床につき上半身を45度傾ける
>立礼では、手を腿の前において上半身を45度傾ける

さて、合気道の剣術は合気剣と呼ばれています。大先生から斉藤師範へと伝承され、岩間流剣術ともいわれています。剣術の伝承については色々と意見があるようですが、話しがそれるので省きます。ただ、岩間流道場は、2004年に合気会から独立しているので合気剣を習う機会はとても限られています。

そこで、岩間流剣術の「正面に礼」をする場合の所作を少し調べてみましたので、皆さんと情報を共有したいと思います。

座礼の場合:
・木剣の刃を上にして右手に持つ
・直立の姿勢から,跪座、正座へ移行する
・木剣を横にして自分の前に置く
・そのとき、柄が左側,刃が手前(自分側)になるように置く
・正座で最敬礼をする
・手前に置いた木剣を右手で右横に戻し,剣をもって跪座からまっすぐ立ち上がる
・その後、相手に礼をするときは左手に持ち変える

立礼の場合:
・木剣の刃を上にして右手に持ち、直立姿勢をする
・柄が左側,刃が自分側になるように横にして、両手で下から持つ
・横にした木剣を目線より上にあげる
・正面に礼をする
・柄を上にして右手でつかみ直す
・右手で右脇に下ろし,直立姿勢で待つ
・その後、相手に礼をするときは左手に持ち変える

礼をした後で、そのまま左横に帯刀するスタイルがNZでは一般的ですが、これはオーストラリアの影響ではないかと思います。居合道の刀礼も左横へと刀を戻します。いずれにしても、作法は心構えの問題なのでどれが正しいということではないのでしょう。

稽古で人と対面するときは、敵としてではなく友好の証として礼をするのが植芝先生の合気道です。年齢と共に大先生の信仰心や技への理念が変わっていったと聞きますが、むしろそれは誰にでもある自然な変化だと思います。

剣は本来、人を殺すための武器ですが、現代に生きる私達は殺し合いに備えて稽古しているわけではありません。武道も時代とともに変わります。和の武道として、今後も合気道を楽しんでいきたいと思います。


関連記事:礼には礼で応える

79-Etiquette_Katana.jpg

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#59 Support a new Sensei - 新しい先生を応援します

59-New-Sensei.jpg

At Waitakere Dojo, Wayne and Anita teach classes as a successor to Brent-sensei from this year. Both of them have a wonderful personality, showing patience and humility.

I think that they are the people who will build a beautiful society for children.

Respect and honour are given by others, not what you ask for. A good Sensei doesn't take an arrogant attitude by using the position, but rather becomes even more graceful.

In some rare occasions, high-profile Sensei shows intimidating attitudes, but that is what can be done because there is a strong relationship of trust with the students.

It is very foolish to misunderstand like that you will be allowed an arrogant attitude to the students if you become a Sensei.

A fool tries to show himself cool by looking down on others. Such a person pretends to teach, and in fact cannot teach anything.

The word "Sensei" in Japanese has the meaning of an educator. The meaning differs from the sports club instructor.

And it is said that "Sensei" is not a noun but a verb. That is because you will be called "Sensei" in the real sense only after being honoured by people.

Of course, I will call them "Wayne-sensei" and "Anita-sensei" with pleasure. I believe that Brent-sensei must be very proud of having guided the two.

Thanks for reading.

Related article: Difference Between Instructor and Sensei



[ 新しい先生へのメッセージ ]

ワイタケレ道場では、今年からBrent先生に代わりWayneとAnitaが先生としてクラスを指導しています。彼らは共に人格者であり忍耐強さと謙虚さを持っています。

子供達のために美しい社会を築いていく人達とは、まさしく彼らのことをいうのだろうと思います。

敬意や尊敬は他人から授かるもので自分から求めるものではありません。まともな先生は立場を利用したりしませんし、さらに謙虚になるものです。

ごく稀に高名な先生が威圧的な態度を見せる時もありますが、それは生徒達との間に強い信頼関係があるからこそ出来ることです。

それを、先生になれば生徒に対して傲慢な態度をとっても許されるんだ、と勘違いしないようにしましょう。

いわゆる愚か者は、他人を見下すことによって自分自身を偉く見せようとします。そのような人は教えるふりをしますが、実際には教える能力を持っていません。

日本語の先生と言う言葉は、教育者という意味を持ちます。スポーツクラブのインストラクターとは言葉の本来の意味が違います。

そして、先生というのは名詞ではなく動詞だといわれています。人から敬意を受けるに相応しい人格者だと認められて、初めて本当の意味で先生と呼ばれるようになるからです。

私は喜んでWayne先生、Anita先生と呼ばせてもらいます。Brent先生も二人を指導してきたことを誇りに思っているのではないでしょうか。

関連記事:インストラクターと先生の違い



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#58 Difference between Kihon and Kihon-Waza : “Kihon”と”Kihon-Waza”の違い

58-Kihon-and-Kihon-Waza.jpg

An international seminar was held in Auckland with wonderful Sensei again this year. Personally, Kubota-sensei's expression of affection for Aikido was very impressive.

I understand that there are people who felt Kubota-sensei's talk was a bit too long. I have to agree that his talk was long even from an objective viewpoint.

Today, people are constantly worrying about assessment from others, but Kubota-sensei's expression was very straightforward and fresh. He seemed to be talking about how he enjoys his life.

I also want to point out here. The word "Kihon" used by a Japanese Sensei is NOT short for "Kihon-Waza". The word "Kihon ( 基本 basic)" used by Sensei can be replaced with the word "Kiso ( 基礎 fundamental theory)" as it is.

What Kubota-sensei and Takase-sensei repeatedly talked about was "Don't practice to copy the movement of the technique but let's learn the fundamental theories that make up the technique."

Instead of specifying techniques, you set the fundamental theory as today's theme. Then the type of technique isn't important.

During the seminar, Kubota-sensei, 74, said, "Age does not matter." I think that I wasn't the only one who gained the courage from his words.

Thank you for reading.

Related article: Lost in Translation


[ KihonとKihon-Wazaの違い ]

今年もまた素晴らしい先生方を迎えて国際合宿がオークランドで開催されました。個人的には窪田先生の合気道への愛情表現がとても印象深かったです。

窪田先生の話は少し長すぎると感じた人達がいるのは理解できますし、客観的にみても話している時間が長かったとは思います。

でも、他人からの評判ばかり気にして虚勢を張っている人が多い現代では、先生の人生を楽しんでいる姿はとても真直ぐで新鮮なイメージを受けました。

ここで改めて指摘しますが、日本人指導者が使う”Kihon”という言葉は”Kihon-Waza”を省略した言葉ではありません。先生方が使う基本という言葉は、そのまま基礎という言葉に置き換えることができます。基本技は技であって、基礎ではありません。

窪田先生や高瀬先生が繰り返し話していたことは、「技の動作を真似る稽古をするのではなく技を構成する基礎的な理論を学びましょう」ということでした。

次は四方投げをします、と技を指定する方法ではなく、体捌きや強い中心線の保ち方、タイミングの取り方、視野の保ち方、梃子の原理とその使い方、気の合わせ方、受けの役割、といった基礎理論を稽古のテーマにしていきましょう、ということです。

基礎理論をテーマに設定すれば、技は関係なくなります。四方投げでも入身投げでも小手返しでも、基礎理論をその日のテーマとしていれば技の種類は重要ではありません。

今回のセミナーでは、74歳の窪田先生が「年齢は関係ない」と明確に言い放ってくれたことがとても嬉しかったです。その言葉から勇気を貰った人は、私だけではなかったのではないでしょうか。

奈良合気会の皆さん、また一緒に稽古ができる日を楽しみにしています。

関連記事: 日本語に隠された意味


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#54 Mutual respect 礼には礼で応える

54-Mutual-respect.jpg

There are many cases showing difference in sports culture between Japanese dojo and Western sports club. Because of that, there are cases where the dignity of the dojo is damaged by behaviours of the members even if there is no malice.

In ordinary sports club, as long as you follow the rules of the club you can gather with your friends and work freely. In individual competition sports such as Tennis and Boxing, you can constantly think about improving yourself as the top priority.

It is their instructor's job to care about the growth of others, and individuals do not have to worry about others' practice contents.

On the other hand, the dojo has a teaching method as if learning team sports throughout the dojo, even for individual sports.

Aikido, Judo, Kendo and Karatedo classified as modern martial arts value the educational philosophy and contribution to the local community. Seniors (Senpai) are instructed to be responsible for the growth of local youth (Kohai).

Everyone is helped by “Senpai” when you are beginners. The desire to practice only with experienced people may turn into an ugly egoism.

Therefore, behaviours that gathering only by certain friends during practice will obstruct the smooth flow of practice, so a good instructor tends to dislike it.

Also the act of ignoring and running away from the next person who said "Onegaishimasu" is absolutely unacceptable. Especially avoiding people in white belt is a very rude practice.

In the dojo where instructors and seniors take a disrespectful attitude to others, beginners will be disappointed with the morality of dojo and will not stay long.

Maybe you want to excuse that chasing a favorite training partner is to show an enthusiasm. But despite the fact that you are greeted by the person sitting next, there is no legitimate reason for the act of refusing and running away.

Let's show mutual respect during practice.

Thank you for reading.

Related article: Senpai and Kohai


[ 礼には礼で応える ]

日本の道場と西洋のスポーツクラブとでは、スポーツ文化の違いを示す事例が多々あります。そのため、たとえ悪意は無くてもメンバーの行為によって道場の品位を傷つけてしまう場合があります。

普通のスポーツクラブでは、クラブのルールさえ守っていれば仲間と集まってワイワイ自由に活動できます。テニスやボクシングなどの個人競技では、常に自分が上達することを最優先に考えるのが当然で、他人の成長を気にするのは指導員の仕事です。選手個人は他人の練習内容を心配する必要などありません。

一方、道場では個人競技でありながらも道場全体でのチームスポーツといった方がぴったりする取り組み方をしています。

近代武道に分類される合気道、柔道、剣道、空手道では、いずれも教育的理念と地域社会への貢献を大切にしており、先輩は後輩の成長に責任を持つように指導されています。

初心者の時には、誰もが先輩達にお世話になって来ているはずです。自分は上達したから上手い人とだけ稽古したい、という欲望も度が過ぎれば醜いエゴになります。

なので、稽古中に仲良しグループで集まる行為は稽古のスムーズな流れを阻害することになるので熱心な指導者ほど嫌う傾向があります。

また、ペアを組む相手を選びたいあまり、「お願いします」と声をかけてきた隣の人を無視して走り去る行為は到底容認されません。特に白帯の人を避ける行為はとても非礼な行為です。

指導員や先輩達の非礼な態度に失望した人は道場を去り、悪習慣に染まった人だけが残っていく。そうやって、ゆっくりと病んでいく道場も実際にあります。

練習相手を他と競い合うことは熱意の表れだと言い訳したい人もいるでしょうが、隣の人に声をかけられてもそれを無視して走り出す行為に正当な理由などありません。

稽古であっても礼には礼を返していきましょう。

関連記事: 先輩と後輩


追記:
道場は海外大使館ではないので、頑なに日本の常識を貫くことができない難しさがあります。オリンピック種目となった後の柔道は、ルールからして西洋に蹂躙されたようにみえます。西洋文化との適度な調和はお互いの敬意が不可欠だなと改めて思います。


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#40 Lost in Translation 隠された意味

40-Lost-in-translation.jpg

At your Dojo, you always hear someone saying "Relax". Sometimes, it makes you feel like "Hey, I am relaxing. What do you want me to do exactly?" When beginners are asked to relax, they often become loose.....mmmm...

In Japanese Martial Arts, the meaning of "relax" will be slightly different from English translation. A basic way of saying of "relax" in Japanese is "Kata no chikara wo nuite", that mean "release tense from the shoulders".

To put it still another way, it can be said "for the purpose of keeping posture, promoting a focused power and making lower body move smoother, please relax the shoulders." Too long to say? That explains the hidden meaning of the words, indeed.

Let the shoulders drop, or settle in harmony with gravity, into their most comfortable position. Just slightly raising them will create tension, and this tension throws the nervous system out of balance.

I think that "relaxation" is a state of mind and body that doesn't feel tension or excitement.

Thanks for reading.

Related article: Martial Sense and Fighting Spirit

[ 日本語に隠された意味 ]

道場では、「リラックスしなさい」という指導員の掛け声が度々聞かれます。そうは言われても「自分は十分にリラックスしているよ。実際、具体的にどうしてほしいんだ?」と、疑問に思う時もあるのではないでしょうか?

また、初心者がリラックスするように求められると、得てして気を緩めた状態になり姿勢が崩れます。

日本語での「リラックス」の意味は、英訳とは少し違ってきます。 日本語で「リラックス」を意味する言い方は「肩の力を抜く」となります。気を抜くことではありません。

その日本語に隠された意味を含めるならば、「良い姿勢と高い集中力を保ちながら素早い足捌きをするためには、まずは、肩の力を抜いて下さい」となります。

気を抜いて集中力を失ってはリラックスする意味がありません。緊張するのは、むしろ余計なことばかり気になって集中力が散漫になっている証拠だと思います。

肩の力を抜いて重力と調和した最も快適な姿勢を探しましょう。肩をわずかでも上げた状態になると上半身に張りが生じ、この緊張が神経系統のバランスを崩します。

緊張とか興奮とかをまったく感じさせない状態になることが「リラックス」本来の意味だと思います。


関連記事: 武の感性と闘争心

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#39 Don’t copy a old master, copy when he was young  若々しく稽古しよう

39-Dont-copy-a-old-master.jpg

The other day my daughter who has been learning Karate for 2 years visited Aikido practice. Her impression after the visit was very harsh.

She said "It seemed like that the old people were just talking to friends, and it also seemed that they just stretched the body and then the class was finished".

I wonder if I misunderstood how to raise a child....

However, since my daughter usually keeps practicing Karate with high school students and university students for 2 hours, I think that it would be unavoidable to have such impressions. Considering the difference in average age, I think it was the honest impressions.

What I care about her impression is that young people in Aikido look like old people during the class. In Aikido, the class is mainly focused on teaching techniques, and it is not really content to train cardio function and basic physical ability. Especially it is often recommended to move slowly to check own behaviour.

In addition, senior members try to cover the decline of physical strength by using skills and experience, and young members often imitate them. Therefore young members will look like old people.

Karate and Judo have objective evaluation data such as game results. There is a reality that you cannot compensate for your decline of physical strength by experience, and you cannot win the game when you get older. Therefore, they always emphasize the basic physical strength improvement.

In Aikido, we often forget such a reality. Or, are we neglecting the reality deliberately because we don't want to admit it?

In the Dojo, I think that it is ideal for everyone to practice with aiming to be 10 years younger than the actual age. 30 years old be like 20 years old, 40 years old be like 30, 50 be like 40, let's make yourself look younger and fresher with the intention.

Thanks for reading. Happy Easter!


[ 若々しく稽古する心構えの大切さ ]

先日、空手を始めて2年になる娘が合気道の稽古を見学しました。見学後の彼女の感想は「年寄りが友達とじゃれているだけに見えた、まるで準備体操だけをして終わったみたいだ」とのことでした。とても厳しい感想で育て方を間違えたかなと思ってしまいます。

ただ、娘は普段、高校生や大学生と一緒に空手の稽古を2時間続けて行っているので、そういった感想を持つのも仕方ないかな、とも思います。そもそも、会員の平均年齢が15歳以上違うのですから正直な感想といえるでしょう。

娘の感想で特に気になる事は、「若い人も年寄りみたいで若々しくない」という点です。
合気道の稽古は、技を教えることが中心となっていて、心肺機能や基礎体力を鍛える内容にはなっていません。特に取りは、動作を確認するためにゆっくりと動くことが推奨されています。

また、年配者は技や経験で体力の衰えを補おうとします。それを若い人達が真似ようとするので若くても年寄りくさくなってしまいます。

空手や柔道は試合結果という客観的で厳しい評価材料があります。そのため、歳をとると若い人達の動きについていけなくなり引退します。

別の言い方をすれば、空手や柔道では、技や経験だけでは体力の衰えを補えなくなり試合で勝てなくなるという現実があります。そのため、彼らは基礎体力の向上を普段から重視しています。

ところが合気道では、技を教えることが主体のためそういった現実を忘れがちです。たとえ取りが動作確認のためにゆっくりと動いたとしても、受けがしっかりと役目を果たしていけば自分に強い負荷を掛けることができるはずです。

年配者は、親切心で若い人に教えたがる傾向がありますが、若々しさを奪わないように気をつけましょう。首、肩、腕の力は抜きますが、第二の心臓と呼ばれる太ももは思いっきり鍛えるように指導すべきです。

道場では、実年齢よりも10歳若返ったつもりで稽古に励むのが理想だと思います。30歳の人は20歳のように、40歳の人は30歳のように、50歳の人は40歳のように、若々しく機敏に動くことを心がけていけば良いと思います。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#38 Bipolarization of Aikido 合気道の二極化

38-Bipolarization-of-Aikido.jpg

Recently, when I am driving on motorways I often see cars that are driving dangerously. It seems like that those drivers enjoy making others unpleasant and are unable to control the negative emotions.

Modern Japanese martial arts called "Budo (武道)" place importance on spiritual discipline and educational point of view, and it is very publicly beneficial. I think that it is also effective as an anger management of people who cannot control emotions.

Meanwhile, the old martial arts called "Ko-budo (古武道)" that continue from the Samurai period emphasize defeating the enemy regardless of the means. "Ko-budo (古武道) is also called "Bujutsu (武術)", and it is distinguished from modern martial arts "Budo (武道)".

In English translation, both "Budo (武道)" and "Bujutsu (武術)" become martial arts, but each has a completely different idea. If I translate it into English, "Budo (武道)" is Philosophical martial arts, "Bujutsu (武術)" is Military arts or Combat arts.

Because "Brazilian Jiu-jutsu (柔術) " specializes in battle from the beginning by deleting the educational philosophy, it is not called Brazilian Judo (柔道).

Internationalization of Aikido has made remarkable progress. At the same time, I think the group's bipolarization is occurring.

There is a group that emphasize spiritual training without assuming enemies, and another group that enjoy combat skills like Western sports assuming enemies.

This is because the educational philosophy and O-sensei's idea are difficult to understand in the West, I suppose.

Aikido is the modern martial art that maintains and develops a healthy society and is not the martial art aimed at fighting against an unhealthy society.

If you need to fight, you should receive sufficient combat training in matches against unfriendly and non-cooperative people. To do that, you better learn Jiu-jutsu and boxing.

Takemusu-aiki (武産合気) is the philosophy of O-sensei and is also the motto of Shinryukan. Together with Takase sensei, we would like to have the practice method that we can take pride of that.

Thank you for reading.


[ 合気道の二極化 ]

最近、高速道路を運転していると危険なあおり運転をする車をよく見かけるようになりました。いらいらした感情を抑えきれずに他人を不愉快にさせて楽しんでいるだけのように見えます。感情を解き放つ快感に酔い、敵を探し、簡単に怒りや憎しみを持つ人が増えているとしたら悲しいことです。

現代の武道は精神の鍛錬と教育的観点を重視しており、とても公益性が高いものです。感情を制御できない人達のAnger managementとしても有効だと思います。

一方、サムライ時代から続く古武道は手段を選ばず敵を倒すことを重視します。古武道は武術とも呼ばれ、武道とは区別されています。

英訳すれば、武道も武術もmartial arts となりますが、それぞれまったく違った理念を持っています。私なりに英訳すれば、武道はPhilosophical martial artsで、武術はMilitary/combat artsとなります。

ブラジリアン柔術も初めから戦闘に特化して教育的理念を取り除いているので、ブラジリアン柔道とは呼びません。

合気道が国際化するにつれて、敵を想定せずに精神の鍛錬を重視するグループと、敵を想定して格闘術を楽しもうとするグループの二極化が進んでいるように思います。これは、武道と武術の違いが理解されていないこともあるし、大先生の理念が西洋では理解し辛いためかもしれません。

合気道は、健全な社会を維持発展させていく現代武道であり、不健全な社会と闘うことを目的とした武術ではありません。闘う必要があるならば、非協力的で殺気を放てる人を相手にして試合形式の稽古を十分にすることです。そのためには、柔術やボクシングを習った方が良いでしょう。

武産合気は、大先生の理念であり神流館のモットーでもあります。高瀬先生の下、そのことを誇りに思える稽古方法を大切にしたいと思います。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#26 Congratulations 昇級・昇段審査

26-Congratulations.jpg

Regardless of age, knowing what I did not know is always great. It can be happy when I can do the thing that was not possible before.

Good practice makes you smile naturally. No joke is necessary.

Congratulations to everyone who passed the grading examination. It is the result of practicing, so let's move on with confidence.


知らなかったことを知るのは何歳になっても嬉しいものです。出来なかったことができる様になるのはもっと嬉しくなります。

そういう嬉しさに触れるとき、自然と笑みがこぼれます。本当に良い稽古をしている時は、冗談や軽口など必要ありません。

昇級・昇段審査に合格した皆さん、おめでとうございます。運ではなく稽古をしてきた結果ですから、自信を持って次に進みましょう。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR