fc2ブログ

#08 Simplify Preliminary Movement - 予備動作を簡素化する

08_Simplify-Preliminary-Mov.jpg

Before you jump, you need to sink a body in opposite direction. Without bending the knees and using the reaction of the upper body, you cannot jump. We are making preliminary movement casually.

Conversely if you watch an opponent’s preliminary movement carefully, you are able to predict how the opponent moves next. In fact, we naturally watch movement of the whole body of the opponent and sense how the opponent moves next.

That is to say, if you make the movement as simple as possible, the opponent won’t know how you move next.

For example, if you don't notice the moment the opponent swings down his sword, you would be cut before noticing.

For this reason, you need to simplify preliminary movement and eliminate waste of action.

In addition, people often fall into a habit and make unnecessary movement. Once a bad habit is formed, it is hard to get rid of it. Everyone has to be careful about this point enough during training.

Thanks for reading.


予備動作を簡素化する

誰もが地面を蹴って跳ぶ前には、逆方向に体を沈める必要があります。膝を伸ばしたまま、上半身の反動も無しでは跳べるはずがありません。私達は、普段から何気なしに予備動作を行っています。

逆に言えば、この予備動作を見切れば次に相手がどう動くかが分かります。私達は相手の体全体の動きを見て、次にその人がどう動くかを自然と感じているのです。

つまり、その動作をほんのわずかなものにする事が出来たら、相手は次にどう動くのか分からない事になります。

例えば、相手の剣を振り降ろす動作のきっかけが分からなけらば、気がついたら振られていて斬られていたということになります。

だからこそ予備動作を簡素化し、動きの無駄を省くことが大切となってきます。

また、人は動きに癖があり、必ずしも必要な動きだけをしている訳ではありません。まずはそういう自分の癖を自覚して、出来る限り削ぎ落すことから始めましょう。

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#07 Boundary of Beautiful Aikido and Ugly Aikido - 美しい合気道と醜い合気道の境界線

07_Boundary-of-Beautiful.jpg

When you participate in demonstration, most of you want your friends to become “Uke” on your demonstration. In order to perform well, everyone naturally knows that a trust relationship with “Uke” is the most important factor in Aikido.

To develop the trust relationship with training partners, I believe that we need to realize the boundary between attack and harmony. We should find the boundary between two things and accept it firstly.

When you feel losing balance or struggling to recover position, you must take “Ukemi” without hesitation. That is the boundary and you must accept it. “Ukemi” is the falling techniques to avoid injury and you must not refuse to do so.

If “Uke” offers stiff resistance and stays like a stone statue on the mats, pat on the back of his head lightly. If “Tori” (thrower) tries to throw you by force and ignores your movement, renounce being his "Uke". It is important to practice with respect, it should not be hostility.

Feel the boundary, accept it, and take Ukemi techniques. Then you are ready to perform the beautiful Aikido, I suppose.

Thanks for reading.


美しい合気道と醜い合気道の境界線

皆さんが演武をする時、ほとんどの人は普段一緒に稽古している友人に自分の受けをお願いすると思います。合気道で良いパフォーマンスをするためには相手との信頼関係が一番大切なことを誰もが自然と自覚しているからです。

合気道で大切なことは、攻めから調和へと変化する境界線を自覚することだと思います。攻撃的な動きから相手の技を受け入れる動きに変わる瞬間があり、その境界線を意識することです。

受けは常に前へと動きながらアタックする姿勢を持ちますが、自分のバランスが崩されたら素直にそれを受け入れて受身を取ることが大切です。受身技は怪我を防ぐためのものであり受身を取ることを躊躇ってはいけません。

もし、受けが石像のように動きが硬くその場に留まろうとするならば、受けの後頭部を軽く叩いてみれば良いと思います。もし取りが受けの動きを無視して力尽くで投げようとするならば、受けは馬鹿正直に彼の受けであり続ける必要はないと思います。相手がいなければ稽古はできないことを教えるべきでしょう。敵意ではなく敬意を持って稽古することが大切です。

攻撃から調和へと変化する境界点を感じ、それを受け入れ、ためらわずに受身をとること。そうすれば、美しい合気道を体現することができるでしょう。


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#06 Reticular Activating System in the brain 網様体賦活系の活性化

The-reason-why-we-love.jpg

Have you ever experienced getting noticed of the same model cars when you bought a new car? This is because the reticular activating system (so-called RAS) is working in the brain. RAS can be activated by consciousness of everything.

RAS works to select and capture only necessary information for you. It protects the brain against loading unnecessary information. In other words, only things that are interesting come into the eyes and ears.

If you think about happy things or look for positive things, RAS finds positive things one by one. If you are consciously appreciating it, you will be filled with lots of thanks. On the contrary, RAS finds only negative things when you hate or look down on others. If you consider yourself unhappy, you will be surrounded by unfortunate things. It is not a religious thing, but the work of brain is doing that kind of thing all the time.

The philosophy of "Takemusu-aiki" can re-activate RAS in a good way. The practice method of Takemusu Aikido has no competition and no enemy. It leads to seeking a beautiful way of life as a human being.

Of course, because we are human beings, there are times when we feel down or get lost, sometimes we suffer. Still, we want to become a human being who can turn forward and appreciate today. I think that is the strength of real human beings.

The reason why we love and practice Aikido is not to fight with someone but to become a human with a strong will, I suppose. Aikido helps you to activate RAS in a good way.

Thanks for reading.

Related article: Placebo Effect


[ 稽古をする理由と網様体賦活系の活性化 ]

新しい車を買ったら同じ車種の車ばかり目に付くという経験をしたことはありませんか?これは、脳の中の網様体賦活系(もうようたいふかつけい)reticular activating system in brain (通称RAS)が働いているからです。何事も意識することでRASを活性化させることができます。

この部分は自分にとって必要な情報だけを選んで取り込む働きをします。必要でない情報を取り込んで脳への負荷を増やさないように保護しているのです。つまり、興味のあるものしか目や耳に入ってこないようになっています。

幸せなことを考えたり前向きなことを探すようにすれば、RASが次々とポジティブなことを見つけ出してくれます。意識して感謝するようにすれば、あなたの周りが沢山の感謝で満たされます。逆に、他人を憎んだり見下したりしているとネガティブなことばかりRASが見つけてきます。自分を不幸だと思えば、あなたの周りは不幸なことで一杯となるでしょう。宗教的なことではなく、脳の働きがそういった働きをしているのです。

大先生が唱えた武産合気の理念は、RASを良い意味で活性化させることができます。試合を行わず、敵を持たずに行う稽古方法は、人間として美しい生き方を求めることにつながっています。

もちろん人間だから、落ち込む時もあれば迷う時も、悩む時もあります。それでも、前を向いて今日を感謝できる人間になりたいと思います。それが本当の人間の強さだと思います。

私たちが合気道を愛し稽古する理由は、誰かを倒すことを目的としているわけではなく、強い意志を持った人間になることを望んでいるからではないでしょうか。

関連記事: プラシーボ(偽薬)効果

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#05 “Sticky Hand” and “Pinky Rule” - 吸い付く握り方と手刀の使い方

05_Sticky-Hand.jpg

< Sticky Hand >
Don't grasp a hand of an opponent tightly. Attach your hand to hang it on the wrist of the opponent, and turn the wrist slightly so that the opponent's palm faces upward.

Generally speaking, people can be well balanced when the little finger side is facing downward. However, when the palm faces upward, people begin to feel psychological uneasiness.

While the palm of the opponent faces upward, you add another movement which is leading the hand downward. These actions give the illusion that falling down from the face.

Therefore the opponent is unable to take the hand off from your hand. That’s why it is called “Sticky Hand”.

Control height with a waist without straining the arm muscles, and break the balance of the opponent while sensing a direction of movement of the opponent.


< Pinky Rule >
Assume the little finger side is the blade edge of the sword. By facing the little finger side to the cutting direction, the body balance becomes stabilized.

In other words, the body balance of the opponent becomes unstable by turning the little finger side of the opponent to inside.

When you lead the movement of the opponent, you need to control the opponent's wrist and prevent collision with the little finger side.

The above is the basic concept of "Sticky hand" and "Pinkey rule".

Thanks for reading.


「吸い付く手」
受けの手首をつかむ時は強く握り締めません。引掛けるように手を添えますが、その時に相手の手の平が上向きになるように少し手首を回します。

小指側が下向きの場合、人はしっかりとバランスが取れますが、小指側が内向きになると心理的不安を感じてバランスが崩れ易くなります。

手の甲が下向き(手の平が上向き)の状態で、手が前後左右に揺さ振られながら下へと向かうと顔から落ちるような感覚になるために相手から手を離せなくなります。Sticky handはこの心理現象を利用したものです。

腕は力まずに膝と腰で高さを変え、受けの動く方向を読み取りながらバランスを崩します。腕は握手をする時のように自然な形で伸ばします。


「手刀の約束事」
小指側面は刀の刃側として考えます。常に小指側を斬る方向に正しく向けることで体のバランスも安定します。

逆に、受けの小指側面を受け自身の方向へとむけることが出来れば受けのバランスが崩れ易くなります。

相手の動きを呼び込んだり導いたりする時は、相手の手首をコントロールして小指側と衝突しないようにします。

これがPinky ruleの概略です。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#04 Three things we can begin immediately to become a good "Uke" - 良い受けになるために今直ぐできる3つのこと

Three-things-we-can-become.jpg

There is a certain fact that everyone becomes aware of it after training Aikido for years. The fact is that we can eventually understand movement of "Nage" (thrower) by having a proper understanding of movement of "Uke". In order to become a good "Nage", we must become a good "Uke" firstly.

My techniques remain terrible, so I am working on the following basic action as the first one step.

1. Don’t become a statue:
There are people who become like a stone statue and fix the body. As soon as the first attack fails, "Uke" must turn the body and place the stance face to face. You must prevent attacks from behind.

2. Pivot on the foot which stepped:
If "Nage" steps into the rear (Ura), "Uke" must pivot on the foot which stepped. Don't be separated from "Nage" by making an unnecessary step. In addition, don't bend a waist like a prawn.

3. Don't fall down wilfully:
Always give chase to "Nage", and let's stand up even if tired. Don't fall down wilfully until balance is broken by "Nage".

The skill of the Aikido is not the thing which assumed one-on-one play like boxing and wrestling. In the battlefield, stop means death. Samurai should swing a heavy sword around while running around among many enemies in the battlefield.

Strongly step, turn a body quickly and run after an enemy. Perhaps, you can understand the movement of "Uke" better if you imagine the movement in such a battlefield.

Thank you for reading.

Related article: Kara-ashi


[ 良い受けになるために今直ぐできる3つのこと ]

合気道を何年も続けていると、誰もがある事実に気付くことがあります。それは、受けの動きを正しく理解することで初めて投げ技の動きを理解することができる、ということです。良い投げになるためには、まずは自分自身が優れた受けにならなければいけないということになります。

私の受けの技術はなかなか上達していないのですが、良い投げになるために最低限、心がけていることがあります。それらは誰でも今すぐに実行できるので、ぜひ初心者の皆さんにも実践してほしいと思います。

1. 石像にならないこと:
打ち込んだらそのまま石像のように固まってまったく動こうとしない人がいますが、これは自然な動きではありません。素早く動いて正面で向き合うように努めましょう。

2. 踏み込んだ足を軸にして反転:
相手が後ろに回り込んだら、踏み込んだ足を軸にして素早く反転して追撃します。余計なステップを前に踏んで相手から離れていかないこと。また、海老のように背中を丸めないようにしましょう。

3. バランスを崩されるまで勝手に倒れない:
受けは常に取りを追いかけ正面で向き合うようにがんばりましょう。疲れていても動きまわり、バランスを崩されるまで自分から勝手に倒れることがないようにしましょう。

大先生が創設した武産合気道は、健康な社会を維持発展させていくもので不健康な社会と闘うことを目的とはしていません。ただ、動きの基本は武道として構成されており戦場で多くの敵に囲まれることを想定しています。ボクシングやレスリングのように一対一の対戦を想定したものではありません。戦場では立ち止まることは死を意味します。

走り回りながら重たい刀を振り回して、敵を追い詰める動きとはどういうものでしょうか。そういったことを想像することで合気道の動きが分かってくると思います。

関連記事: 空足を踏む

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#03 Concept of Ki energy that excluded religious interpretation - 宗教や思想にとらわれない気エネルギーの概念

Concept-of-Ki-energy.jpg

I think everyone has experienced the once, I have had difficulty in explaining an uncertain "Ki" thing when I explained Aikido to others. Today, many people receive higher education. If you try to explain it with religious theories or system of thought, people remain in doubt. Therefore, I would like to introduce my way how I illustrate "Ki" energy by acceptable viewpoint without depending on religion and the thought.

Firstly, brain is an organ to memorize basically. Therefore your intuition is judged by your memory, and you understand only what you experienced. And your brain memorizes your speech, behaviour and thought. Specifically if you voice out, or do something with strong-willed, it is memorized strongly in the brain. Also personality, tastes, feelings and mind are formed by the way of working of the brain.

In recent years the study of activation of the brain function is one of the popular researches in the life science field. The merit to let brain activate without using a drug is very big. It is said that the sense organs usually use only ability of 20 to 40%. Human body has a limitation in the information-processing speed of the brain. If the processing speed rises, you will be able to see the thing which was cut off to reduce the load in brain. You will be able to notice a change of slight movement that you were unable to take in. In addition, you will get a sharp judgment by increasing a feeling of freedom.

According to the researchers who investigated bloodstream condition and endocrine gland in the brain, it is confirmed that the brain activates by memorizing (strongly believing) the thought that a great force acts on oneself. In other words, it is scientifically confirmed that you sense a pleasant and refreshing feeling by having awareness of expansion of the energy.

If the findings of the scientist are right, denying existence of "Ki" energy becomes nonsense. We have no reason not to do so if we are able to activate the brain by letting the brain strongly memorize the concept of "Ki" energy.

In brief, a gift given by the activation of the brain may become what's called "Ki", I suppose.

Thanks for reading.

Related article: Pseudo-science and palm healing


[ 宗教や思想にとらわれない気エネルギーの概念 ]

誰もが一度は経験したことがあると思いますが、合気道を他人に説明する時に一番困るのが“気”という不確かなものを説明する時です。誰もが高等教育を受けている現代では、宗教や思想的な説明をされては疑いが残ってしまいます。そこで、宗教的な考えに依存しないで“気”というものを説明する方法を紹介したいと思います。

まず、脳は基本的に記憶する臓器です。ですから、人の直感は記憶から判断されるし、人は経験したことしか判りません。そして、脳は自分の言動や思考も記憶します。特に声に出したり強い意志を伴った事柄は、より強く脳に記憶されます。好みや個性、感情、心なども脳の働きによって形成されます。

近年、脳科学が注目している研究分野として脳機能の活性化というものがあります。
薬を使わずに脳を活性化させるメリットはとても大きいです。感覚臓器は、通常2割から4割程度の能力しか使用していないといわれています。脳の情報処理速度に限界があるからです。その処理速度が上がれば、脳が負荷を減らすために切り捨てていたものが見えてきます。感じ取ることができなかったわずかな動きの変化にも気付くようになるでしょう。開放感がたかまり落ち着きを得れば判断速度も上がります。

脳内の血流状態や分泌物の量や頻度を調査した研究者によると、自分には大きな力が働いている、という思考を記憶すること(強く信じること)で脳が活性化することが確認されています。
つまり、エネルギーの拡大を意識することで開放感や軽さを感じさせてくれることが医学的に実証されています。脳科学的に言えば、気エネルギーの存在を証明しようとすること自体がナンセンスだ、ということになります。気エネルギーという概念を脳に強く記憶させることで脳を活性化できるならば、そうしない理由はないでしょう。

要するに、脳の活性化による恵みこそが気というものになっていくのではないでしょうか。特定の宗教や思想観にこだわる必要はまったくない、というのが私の考えです。

関連記事: 疑似科学と手当て療法


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#01 Meaning of "武産合気" (Takemusu-Aiki)

01_takemusuaiki.jpg

[ Meaning of "武産合気" (Takemusu-aiki) ]

In the Aikido dojos, you often see the Japanese calligraphy "武産合気" on the wall. It reads "Takemusu-aiki". It's the proverb of O-sensei (the founder of Aikido) and there is the principle of his Aikido behind it. Because of that, his Aikido is often called "Takemusu Aikido".

For the thought of the Shintoism (Japanese religion), meaning of "Takemusu" is the power of creating the world, and meaning of "Aiki" is to unite into one.

According to the book of "Takemusu-aiki" written from O-sensei's dictation, meaning of his proverb is that all the energy (of Aikido) is born in harmony with principle of nature.

Then what is the training style to embody "Takemusu Aikido"?

In a newspaper published in April 1959, O-sensei clearly declared that Daitoryu Aiki-Jujutu and his "Takemusu Aikido" were totally different.

The ancient Japanese martial arts including the Aiki-Jujutsu are military martial arts. Their techniques only aim to kill and eliminate an enemy efficiently. "Takemusu Aikido" is the modern martial arts that O-sensei founded on the premise that you make a break away from a thought of killing an enemy.

It is intended to teach beautiful way of life rather than mere martial arts. That's why the reverse joint lock and stomping techniques were excluded in "Takemusu Aikido" from a beginning by O-sensei.

"Takemusu-aiki" is also a motto of the our dojo, Shinryukan NZ. Takase-sensei sometimes says "Let's do Aikido" after having observed our training. The reason why he said so would be that we showed wicked thoughts and tried to throw opponents by force, I suppose.

I hope that all instructors and members of Shinryukan explore ideal training style that met the dojo's motto together.

Thanks for reading.

Related article: "Kata-Keiko"



[ 武産合気の意味 ]

合気道の道場では、開祖の写真とともに“武産合気”という言葉が正面に飾られています。“たけむすあいき”と読みます。それは、開祖、大先生の格言であり合気道の理念が込められた言葉です。そのため、大先生の合気道は武産合気道とも呼ばれています。

神道の考えでは、武産は万物を創造する力、合気は一つになる、という意味です。大先生が口述した“武産合気”という本によると、武産合気とは、全ての技はこの世の理と一つになって生まれる、という意味とされています。

では、武産合気道を体現する稽古とは何でしょうか。1959年4月発行の合気道新聞で、大先生は、大東流合気柔術と武産合気道はまったく違う、と明言しています。

柔術を含む古武術は近代でいえば軍隊格闘術です。効率よく敵を殺害し排除することを唯一の目的としています。武産合気道は、敵を殺すという思考と決別することを前提に大先生が創設した近代武道です。

古武術が軍隊格闘技なのに対して、武産合気道は、単なる格闘技ではなくて美しい生き方を教えることを目的としています。そのため、逆関節技や踏み付け技などは、大先生によって最初から禁止されています。

武産合気は私が所属する神流館道場のモットーでもあります。高瀬先生が私達の稽古を観察した後で、たびたび合気道に集中しようと発言するのは、私達が相手を倒そうという邪念がまだまだ多いということではないでしょうか。

道場の会員すべてが、そのモットーを理解し同じ方向を目指して稽古をしていくことを望んでいます。

関連記事: 型稽古の目的

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR