fc2ブログ

#22 Senpai and Kohai  先輩と後輩

22-Senpai-Kohai.jpg

Although we sometimes talk about famous swordsmen in history, swordsmanship was not the only strength of Samurai. The real strength of the Samurai was the ability to manage communities.

In the West, roles were divided like military officers and civil servants from long ago. So it seems to be surprised that Samurai played the same role as civil servants.

Our communities usually include minor members who are inferior to the standard achievement by members, and a good community is managed to heal and support the weakest members. Such a community becomes the strongest and shows the best performance.

The Samurai always showed consideration to the weak group and had to do the right thing without hesitation. They were there to help their people. If you think you are suffering to help minor members, you are not eligible to become a member of the Samurai community.

In the later of the 19th century, the Samurai era was ended, but its spirit remained as the basis for Japan's moral value.

Therefore, most of the Japanese community has a Senpai-Kohai system. By maintaining a system in which Senpai (seniors) are responsible for the performance of Kohai (juniors), Japanese society has built strength and stability that cannot be defeated even in case of natural disasters.

Thanks for reading.


[ 先輩と後輩 ]

海外でも宮本武蔵など有名な剣士について話すことがありますが、剣技だけがサムライの強さではなかったことはあまり知られていません。サムライの真の強みは、社会集団を管理する能力だったといわれています。

西洋では昔から武官と文官というように役割が分かれていました。なので、サムライが文官と同じ役割をしてきたことに驚くそうです。

私たちのコミュニティには、通常、目標に達していないマイナーメンバーが含まれています。良いコミュニティは、最も弱いメンバーを癒し、サポートすることを大切にしています。そのようなコミュニティは強くなり、最高のパフォーマンスを示します。

安定した領地運営を行なうために、サムライは強いコミュニティーを作ることを常に考えて行政を取り仕切りました。弱いグループには配慮を施して人々を助ける、いってみれば現代の公務員と同じ事をしていました。テレビドラマで見るような悪代官や無法者が蔓延するほど領主は無能ではなかったそうです。

実際、大都市と化した江戸でさえも扉に鍵など無くても大丈夫なくらいに優れた治安が維持されていました。刀を振り回して闘うことだけがサムライの仕事でなかったのは、当時の人々の暮らしからも察せられます。

19世紀後半、サムライの時代は終わりましたがその精神は日本の道徳的価値観の基礎として残りました。

日本のコミュニティのほとんどには、先輩後輩というシステムがあります。 先輩が後輩のパフォーマンスに大きな責任を持つシステムを維持することで、利己主義にならず、自然災害にも負けない強くて安定した日本社会が創られています。


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#21 Zanshin 残心

21-Zanshin.jpg

In Japanese martial arts, “Zanshin” means maintaining total awareness and preparation for a counterattack.

The important thing is that “Zanshin” does NOT mean the finish. It’s required after you finished a technique.

In Kendo (Japanese sword way), it won't be effective hit if there is no "Zanshin". Kendo is not just a hitting game. It’s important to show your mental attitude.

It’s the same as a drop of water after having thrown away the water in the glass. We shake the empty glass, because of “Zanshin”.

Thanks for reading.


残心

日本の武芸における残心とは、次の動きの心構えや反撃への用意といった意味があります。

大切なのは、残心とは終わりを意味することではない、ということです。全ての技が終わった後に求められる心構えです。

剣道では、残心がなければ有効打となりません。ただ単に打てばよいというわけではないのです。心構えをしっかり示すことが大切とされています。

例えてみれば、水を捨てた後のコップの中の水滴に似ています。すでに空となったコップをさらに振って水滴を飛ばす行為は、残心そのものと言えるでしょう。


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#20 Depth in my life 人生の深み

20-depth-in-my-life.jpg

I am not aware of much, but the way of thinking may change slightly if you confront death even once.

I am thinking that death is also a part of life, and the negative feeling like "I don’t want to die" is gone. It doesn't mean I gave up on life, and I would like to say thank you to the people I met while thanking for being alive today.

When the second surgery was decided, the doctor who performed the first surgery seemed regrettable and explained me the condition of the sickness. After that I never saw him again, but I believe he did his best. If I have a chance to see him again I want to tell him that I still appreciate his effort.

It was a bitter experience, but I want to take it as the experience that gave me depth in my life.

Thank you for reading.


あまり自覚はないですが、一度でも死と向き合う経験をすると考え方が少し変わるようです。

死も生の一部だと思えてくるし、死にたくないという負の感情も無くなってきました。生をあきらめたわけではなくて、今日も生きていることに感謝しながら出会った人にありがとうと言いたいと思うだけです。

2度目の手術が決まった時に、一度目の手術をした医者が申し訳なさそうに病状の説明をしてくれました。その後、その医者と再び会うことはありませんでしたが、彼はベストを尽くしてくれたと思っています。ですから、今でも感謝している気持ちを彼に伝えられたらと思います。

多くの人に心配をかけて術後も苦しかったですが、人生に深みを与えてくれた経験だったと受け止めています。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#19 Common between Kyudo and Aikido  弓道と合気道の共通点

19-Kyudo-and-Aikido.jpg

Kyudo is the traditional Japanese archery and very different from the Western archery. Most Westerners believe that the way of Kyudo is not very practical and it takes too long to shoot.

The Western bow attaches the assist tools such as a balancer and a scope and uses new material, and it’s a game of hitting a target.

Kyudo isn't about hitting a target. It’s about perfecting the form and mind. If the state of mind and movement are all correct, beauty is produced, and the arrow flies straight toward the target without any effort, even not looking. It is mental training, the aspect of the Zen meditation rather than sports.

The history of the bow and arrow in Japan goes back to the B.C., and the form of the bow has not changed at all for 2000 years. Because they keep the traditional formality, it is very difficult to hit the target.

Samurai used their bow for ambushing and sword for close combat. The battlefield forms were very different from Kyudo forms. It is called Kyu-jutu.

Kyudo and Aikido have many things in common.
1. Training to harmonize body and mind.
2. Process is more important than result.
3. You don’t have to use your power.
4. You seek perfection in the arts.
5. Maintain the centre of gravity and keep strong centreline.
6. It is not for the purpose of combat.
7. Spiritual development side is more interesting rather than just a sport.

Thank you for reading.


弓道と合気道の共通点

弓道は日本の伝統的な武芸であり西洋のアーチェリーとは大きく違っています。多くの西洋人は、弓道のやり方は撃つまでにとても時間がかかりすぎて実践的ではないと言います。

西洋の弓はバランサーやスコープなど多くのアシストツールを持ち、軽くて丈夫な新素材を活用しています。そして、なによりも的を射るゲームとなっています。

弓道は的を射ることを第一の目標としていません。的を射るまでの動作や心のあり様を大切にしています。もし、心と動作が理想どおりに整っていれば美しさが生まれ、たとえ的を見ずとも矢は真直ぐに飛んでいきます。それは精神の鍛錬でありスポーツというよりも禅の境地に触れるものです。

弓道の弓と矢の歴史は紀元前にまでさかのぼります。弓の形は2000年の間、まったく変わっていません。そのように伝統ある形式を守っているため、的を射るのはとても難しくなります。

戦場での武士は離れた相手に矢の雨を降らせ、至近距離では刀や槍を使いました。戦場での弓は弓道の形とは大きく違い、速射を行う弓術と呼ばれています。

弓道と合気道には多くの共通点があります。

1.体と心を調和させることを目的とした稽古
2.結果よりも過程が重要
3.余計な力を使う必要がない
4.美しい武芸の完成を追求する
5.重心を維持し、強い中心線を保つ
6.戦闘を目的としない
7.スポーツというよりも精神的な鍛錬を大切にしている

他にもあると思いますが、どちらも理念を大切にした稽古をしています。


kyudo.jpg

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR