fc2ブログ

#27 How to form unconscious behaviour  無意識下の動作

27-How-to-form-unconscious.jpg

An action to ride a bicycle is not the act that a human being can do by nature. After practicing many times, we become able to ride a bicycle. Conversely, once you became able to get on, you can ride a bicycle for the rest of your life. According to Sport Science, it is because a cerebellum memorized the method of riding a bicycle.

Although the cerebellum is smaller than the cerebrum, the cerebellum has more nerve cells. The nerve cells of the cerebrum are approximately 14 billion, but nerve cells of cerebellum are approximately 100 billion.

Learning something through physical experience is that the cerebellum memorizes the experience. To say in other words, the cerebrum takes charge of consciousness, and the cerebellum takes charge of unconsciousness.

Because the cerebrum produces a conclusion after thinking (consciousness), response time is slow (0.7 ~ 1 sec). The cerebellum gets a conclusion by memory (unconsciousness). Therefore, response time becomes quick (0.15 ~ 0.3 sec).

When experience is copied from the cerebrum to cerebellum, a density of memory varies depending on a way of the experience. If you worked hard and overcame fears, the density of memory becomes stronger. If you work roughly, the thing would not be copied to the cerebellum properly.

The act of memorizing what you have experienced with the body is the act of burning memory strongly to the cerebellum. This is why concentration power is required. Although there is efficiency in the method, there is no shortcut.

Thanks for reading.

Related article: Review the actions we undertake unconsciously


[ 動作を無意識で行う方法 ]

自転車に乗るという行為は、人が生まれながらにして行える行為ではありません。 何度も練習した後、自転車に乗ることができます。

逆に、乗ることができるようになれば残りの人生も自転車に乗ることができます。スポーツ科学によると、それは小脳が自転車に乗る方法を記憶するからだと言われています。

小脳は大脳よりも小さいですが、小脳はより多くの神経細胞を有しています。大脳の神経細胞は約140億個ですが、小脳の神経細胞は約1000億個です。

物理的な経験を通じて何かを学ぶことは、簡単に言えば「小脳に経験を記憶させること」になります。大脳は意識を担当して小脳は無意識を担当するといえば分かり易いと思います。

大脳は思考(意識)の後に結論を得るので応答時間は遅くなります(0.7〜1秒)。一方、 小脳は記憶(無意識)によって結論を得ますので 応答時間が速くなります(0.15〜0.3秒)。

経験が大脳から小脳へと移されるとき、記憶の密度は経験した方法によって変わるといわれています。あなたが懸命に練習して恐怖や不安を乗り越えれば、記憶の密度はより強くなります。 集中せずにいい加減な練習をすると、経験は断片的にしか小脳に記憶されません。

経験したことを身体で覚えるという行為は、小脳により強く記憶を焼き付ける行為ということになります。そのため、高い集中力が必要となります。方法の効率化はあっても近道は存在しないということでしょうか。

関連記事: 無意識な行動を見直すこと


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#26 Congratulations 昇級・昇段審査

26-Congratulations.jpg

Regardless of age, knowing what I did not know is always great. It can be happy when I can do the thing that was not possible before.

Good practice makes you smile naturally. No joke is necessary.

Congratulations to everyone who passed the grading examination. It is the result of practicing, so let's move on with confidence.


知らなかったことを知るのは何歳になっても嬉しいものです。出来なかったことができる様になるのはもっと嬉しくなります。

そういう嬉しさに触れるとき、自然と笑みがこぼれます。本当に良い稽古をしている時は、冗談や軽口など必要ありません。

昇級・昇段審査に合格した皆さん、おめでとうございます。運ではなく稽古をしてきた結果ですから、自信を持って次に進みましょう。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#25 Difference Between Instructor and Sensei インストラクターと先生の違い

25-Difference-Between-Instr.jpg

Recently, many seminars have been held and there are lots of opportunities to meet with various instructors and Aikido fellows. In Japan it is often called "Gashuku”.

"Gashuku" is an opportunity to concentrate on training while staying at the same accommodation together. A day-long lesson without staying is called "Koushukai" in Japanese. "Gashuku" take you away from busy everyday life and let you forget unnecessary things such as worries and desires.

I am always looking forward to meeting a new Sensei. After the training session, I sometimes wish I had attended his training earlier. It is also reminded me that anyone can do it just to point out someone's mistakes and that is not a guidance.

Meaning of instructor and Sensei are different so that meaning of sports club and Dojo are different. The instructor will teach you the move, but that's it. Nobody cares about that person's lifestyle.

On the other hand, the Sensei is a person who can teach not only the move but also the moral view that will become an example of everyone. The Sensei is required to be a person of character by people firstly.

In the traditional world of Japanese martial arts, the pupil applicant was not allowed to become a member of the Dojo instantly. They had to go through a probationary period for several years. During the period, the Sensei could ascertain their personality, talent and enthusiasm.

Unlike the instructor whom a new person comes when the contract is over, the Sensei is a very important person in the Dojo even now and past.

The quality of the Dojo is considered to be determined by the Sensei's dignity. It doesn't matter what dan-rank he/she has. It is because your lives change when you meet a great Sensei. Who is the Sensei for you?

Thank you for reading.



インストラクターと先生との違い

最近では、うれしいことに多くの講習会が開かれて色々な指導員や合気道仲間と接する機会が増えてきました。日本では合宿といいますが、海外ではセミナーと呼ばれています。

合宿とは、共に寝泊りしながら稽古に集中する機会です。日帰り稽古の場合は、講習会といいます。忙しい日常生活から離れ、心配事など余計なことを忘れて稽古に打ち込むことができます。

新しい先生との出会いも楽しみです。稽古の後に、この人にもっと早く指導を受けたかったと思える時もあります。人の間違いを指摘するだけなら誰でもできるし、それを指導とはいわないことに改めて気付かされます。

スポーツクラブと道場の意味が違うように、インストラクターと先生は違います。インストラクターは動きを教えてくれますがそれだけです。その人の生活習慣など誰も気にしません。

一方、先生と呼ばれる人は動きだけでなく皆の手本となる生き方を常に心がけています。人々から尊敬される人格を持って初めて先生と呼ばれる資格があるからです。

昔の道場は、希望すれば誰でも入会できるわけではありませんでした。希望者は、数年間におよぶ見習い期間を過ごさなければいけませんでした。その間に、先生は希望者の才能や性格、熱意などを審査していました。

契約が終了すれば新しい人がやってくるインストラクターとは違い、先生は今も昔も道場で大切な立場にいる人です。

道場の質は、先生の品格で決まると考えられています。段位など関係ありません。先生と呼ばれる人と出会って生徒の人生が変わる時もあるからです。

皆さんにとって先生とはどういう人でしょうか?

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#23 Let's pat the opponent softly as if you pat a cat 相手を猫のように撫でる

23-Lets-pat-the-opponent.jpg

When you are struck, gripped or pushed, the body can sense the pressure readily and resist it immediately.

Conversely, when the arm is stroked gently, soft force will be dispersed and the body is unable to respond quickly.

If you apply the force to one point on the opponent's arm, the opponent will become stiff like a stone statue.

So, let's pat the arm of the opponent softly as if you pat a cat.

Then you are able to trick the brain of the opponent.

Thank you for reading.


「相手を猫のように撫でる」

打たれたり、握られたり、または押されたりすると、体は直ちに圧力を感知して容易に抵抗することができます。

逆に、腕を静かに撫でられると柔らかい力が分散され、体は素早く反応することができません。

相手の腕の一点に力を加えると、相手は素早く反応し動きが硬くなります。

ですから、猫を撫でるかのように相手の腕を撫で下ろしてみましょう。

そうすれば、相手の脳を騙すことができます。

23-pat-arm.jpg

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR