fc2ブログ

#31 Martial Sense and Fighting Spirit 武の感性と闘争心

Martial-sense-and-fighting.jpg

Just like the All Blacks perform Haka before the game to excite their feelings, there are lots of adrenaline seekers in NZ.

However, although adrenaline enhances emotion, it is at most only 30 minutes to one hour. After that, you will have poison in your mind and body due to the negative effects of stress hormone. That is a reason why you want to take caffeine again after an hour if you stimulate adrenaline by drinking coffee or soft drink. Some people may get frustrated if there is no coffee available. It is a kind of poisoning symptom.

Martial sense is also necessary for Aikido, but it is different from the motivation for fighting. The more you have military feelings, the more you have the desire to beat an opponent, then the less you have Aikido spirits. Aikido isn’t the thing to satisfy adrenaline poisoning.

People in New Zealand have high physical abilities. However, people prefer to show a fighting spirit, so they tend to show strength. As a result, it seems that they are looking for a way to throw opponents strongly as it is normal to practice with a stiff partner. I think that an educational system that softens stiff people should be given priority in training.

People with hard movements try to throw their opponent by force because they cannot feel the movement of the opponent. That is why we need to learn soft movements. Although I repeated many times, militant emotion is different from marshal sense required in Aikido.

Generally speaking, a wounded person cannot afford to consider others. And, a person who has weak personality often tries to settle the things with violence. Unfortunately, considering the fact that there are many violent incidents of rugby players, militant and violent feelings are not indicative of the strength of the mind.

I think that O'Sensei founded Aikido as the method to strengthen the mind even if we don't rely on fighting spirit.

Thank you for reading. I hope your holiday was wonderful. Happy New Year 2018.


[ 武の感性と闘争心 ]

NZのラグビー代表チームであるオールブラックスは、試合前に戦士の踊りハカを舞いますが、NZ人は脳内でアドレナリンを分泌させて気持ちを高ぶらせるのが好きなように思えます。

ただ、アドレナリンは感情を高めますが、せいぜい30分から1時間の間だけです。その後は、ストレスホルモンの悪影響で心と体に毒を残すことになります。コーヒーや炭酸飲料でカフェインを摂取してアドレナリンを刺激させると、1時間後には再びカフェインを取りたくなるのはそのためです。皆さんの中にも、コーヒーがないとイライラする人がいるのではないでしょうか。一種の中毒症状です。

合気道にもマーシャルセンスは必要ですが、それは闘争意欲とは異なります。好戦的な感情をむき出しにすればするほど、相手を倒したいという欲を持てば持つほど、合気道ではなくなります。アドレナリン中毒を満たすものではありません。

NZ人は高い身体能力を持っています。でも、闘争心を発揮することを好むため、力みが常に見られます。そのため、稽古でも動きの硬い人を相手にするのが普通になってしまい、抵抗する人を無理やり投げる方法を模索しているように見えます。本来ならば、動きの硬い人達を柔らかくする教育システムが優先されるべきだと思います。

動きの硬い人は、相手の動きを感じることができないため力任せに相手を投げようとします。だからこそ、柔らかい動きを学ぶ必要があります。何度も言うようですが、力任せな動作や好戦的な感情は、合気道で必要なマーシャルセンスではありません。

一般的に言って、傷ついている人は他人を思いやる余裕がありません。そして、心が弱い人ほど暴力で解決しようとします。残念ながら、ラグビー選手の暴力事件が多いことを考えると、好戦的で暴力的な感情は心の強さを示すものではないでしょう。

大先生は、戦争を通してそれを実感してきたのではないでしょうか。だからこそ、闘争本能に精神をゆだねることを否定し、物事に動じない心の強い人達を育もうとしてきたのではないかと思います。

新年、明けましておめでとうございます。今年もご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR