fc2ブログ

#41 Make a situation that the opponent wants to move  動きたくなる状況を作る

41-make-a-situation.jpg

When you watch Judo games, you often see scenes that both players grab each other and show no big action. For people who have never experienced Judo, it seems like a slightly strange and boring situation.

This is because they are trying to reverse the force point and the action point by shifting the fulcrum of the lever at the moment when the opponent attempted the throwing technique.

Experienced Judo players are experts on the principle of leverage, so it is fun to watch their fine movements. Actually, if people with knowledge of skills take countermeasure seriously, it turns out that applying technique is not easy. It is fundamentally different from demonstration.

By the way, if you are not grabbed by the opponent, there is nothing better than that. Then, the one who entered behind the opponent is overwhelmingly advantageous.

In Judo and Karate, there is nobody who doesn't mind even if the opponent enters behind himself. It is because everyone will feel great fear instantly.

However, in Aikido, even if someone is behind, there is a tendency to wait for the other's movements. I think it is because there is no sense of fear, but it definitely needs to be careful.

By creating the situation that the opponent wants to move, there is a chance to break the balance of the opponent. It is one of the enjoyments of practice to create that moment.

Thank you for reading.

Related article: The principle of leverage

[ 相手が動きたくなる状況を作る ]

柔道の試合を見ていると、お互いに相手を掴んだまま膠着状態となり、どちらも攻め倦んでいる場面をよく見かけます。柔道を経験したことが無い人には、少し不思議で退屈な状況に見えるでしょう。

これは、相手が技を仕掛けてきた瞬間に梃子の支点をずらして力点と作用点を逆転させようとしているからです。柔道選手は梃子の使い手ですから、彼らの細かい動きを見ていると勉強になります。実際、技の知識を持つ人が本気で抵抗すると、簡単に技が掛かるものではないことが分かります。演武とは根本的に違います。

ところで、合気道では相手を掴まなければいけないわけではありませんし、がっしりと捕まらなければそれに越したことはありません。ならば、先に相手の背後についた方が圧倒的に有利になります。

柔道や空手では、相手に背後を取られても気にしない人などいません。背後を取られた瞬間に恐怖を感じるからです。ですが、合気道では背後を取られても相手の動きを待ってしまう傾向があります。恐怖感がないからと言ってしまえばそれまでですが、ぜひとも注意したい点です。

相手が動かざるおえない状況を作ることで相手のバランスを崩すチャンスが生まれます。その瞬間を逃さないようにする事も稽古の楽しみの一つです。

関連記事:梃子の原理

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#40 Lost in Translation 隠された意味

40-Lost-in-translation.jpg

At your Dojo, you always hear someone saying "Relax". Sometimes, it makes you feel like "Hey, I am relaxing. What do you want me to do exactly?" When beginners are asked to relax, they often become loose.....mmmm...

In Japanese Martial Arts, the meaning of "relax" will be slightly different from English translation. A basic way of saying of "relax" in Japanese is "Kata no chikara wo nuite", that mean "release tense from the shoulders".

To put it still another way, it can be said "for the purpose of keeping posture, promoting a focused power and making lower body move smoother, please relax the shoulders." Too long to say? That explains the hidden meaning of the words, indeed.

Let the shoulders drop, or settle in harmony with gravity, into their most comfortable position. Just slightly raising them will create tension, and this tension throws the nervous system out of balance.

I think that "relaxation" is a state of mind and body that doesn't feel tension or excitement.

Thanks for reading.

Related article: Martial Sense and Fighting Spirit

[ 日本語に隠された意味 ]

道場では、「リラックスしなさい」という指導員の掛け声が度々聞かれます。そうは言われても「自分は十分にリラックスしているよ。実際、具体的にどうしてほしいんだ?」と、疑問に思う時もあるのではないでしょうか?

また、初心者がリラックスするように求められると、得てして気を緩めた状態になり姿勢が崩れます。

日本語での「リラックス」の意味は、英訳とは少し違ってきます。 日本語で「リラックス」を意味する言い方は「肩の力を抜く」となります。気を抜くことではありません。

その日本語に隠された意味を含めるならば、「良い姿勢と高い集中力を保ちながら素早い足捌きをするためには、まずは、肩の力を抜いて下さい」となります。

気を抜いて集中力を失ってはリラックスする意味がありません。緊張するのは、むしろ余計なことばかり気になって集中力が散漫になっている証拠だと思います。

肩の力を抜いて重力と調和した最も快適な姿勢を探しましょう。肩をわずかでも上げた状態になると上半身に張りが生じ、この緊張が神経系統のバランスを崩します。

緊張とか興奮とかをまったく感じさせない状態になることが「リラックス」本来の意味だと思います。


関連記事: 武の感性と闘争心

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#39 Don’t copy a old master, copy when he was young  若々しく稽古しよう

39-Dont-copy-a-old-master.jpg

The other day my daughter who has been learning Karate for 2 years visited Aikido practice. Her impression after the visit was very harsh.

She said "It seemed like that the old people were just talking to friends, and it also seemed that they just stretched the body and then the class was finished".

I wonder if I misunderstood how to raise a child....

However, since my daughter usually keeps practicing Karate with high school students and university students for 2 hours, I think that it would be unavoidable to have such impressions. Considering the difference in average age, I think it was the honest impressions.

What I care about her impression is that young people in Aikido look like old people during the class. In Aikido, the class is mainly focused on teaching techniques, and it is not really content to train cardio function and basic physical ability. Especially it is often recommended to move slowly to check own behaviour.

In addition, senior members try to cover the decline of physical strength by using skills and experience, and young members often imitate them. Therefore young members will look like old people.

Karate and Judo have objective evaluation data such as game results. There is a reality that you cannot compensate for your decline of physical strength by experience, and you cannot win the game when you get older. Therefore, they always emphasize the basic physical strength improvement.

In Aikido, we often forget such a reality. Or, are we neglecting the reality deliberately because we don't want to admit it?

In the Dojo, I think that it is ideal for everyone to practice with aiming to be 10 years younger than the actual age. 30 years old be like 20 years old, 40 years old be like 30, 50 be like 40, let's make yourself look younger and fresher with the intention.

Thanks for reading. Happy Easter!


[ 若々しく稽古する心構えの大切さ ]

先日、空手を始めて2年になる娘が合気道の稽古を見学しました。見学後の彼女の感想は「年寄りが友達とじゃれているだけに見えた、まるで準備体操だけをして終わったみたいだ」とのことでした。とても厳しい感想で育て方を間違えたかなと思ってしまいます。

ただ、娘は普段、高校生や大学生と一緒に空手の稽古を2時間続けて行っているので、そういった感想を持つのも仕方ないかな、とも思います。そもそも、会員の平均年齢が15歳以上違うのですから正直な感想といえるでしょう。

娘の感想で特に気になる事は、「若い人も年寄りみたいで若々しくない」という点です。
合気道の稽古は、技を教えることが中心となっていて、心肺機能や基礎体力を鍛える内容にはなっていません。特に取りは、動作を確認するためにゆっくりと動くことが推奨されています。

また、年配者は技や経験で体力の衰えを補おうとします。それを若い人達が真似ようとするので若くても年寄りくさくなってしまいます。

空手や柔道は試合結果という客観的で厳しい評価材料があります。そのため、歳をとると若い人達の動きについていけなくなり引退します。

別の言い方をすれば、空手や柔道では、技や経験だけでは体力の衰えを補えなくなり試合で勝てなくなるという現実があります。そのため、彼らは基礎体力の向上を普段から重視しています。

ところが合気道では、技を教えることが主体のためそういった現実を忘れがちです。たとえ取りが動作確認のためにゆっくりと動いたとしても、受けがしっかりと役目を果たしていけば自分に強い負荷を掛けることができるはずです。

年配者は、親切心で若い人に教えたがる傾向がありますが、若々しさを奪わないように気をつけましょう。首、肩、腕の力は抜きますが、第二の心臓と呼ばれる太ももは思いっきり鍛えるように指導すべきです。

道場では、実年齢よりも10歳若返ったつもりで稽古に励むのが理想だと思います。30歳の人は20歳のように、40歳の人は30歳のように、50歳の人は40歳のように、若々しく機敏に動くことを心がけていけば良いと思います。

テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR