fc2ブログ

#55 Suwari waza  座り技

55-suwari-waza.jpg

As the exam gets closer, everyone practices the sitting techniques more eagerly than usual. I guess that is because "Suwari-waza" is weak point for everyone.

We are taught that “Suwari-waza” is basically the same as the standing technique, but by that alone it makes very stiff movements, I think.

Especially people who are not used to "Shikko" seem to think that being cramped is unavoidable.

First of all, I suggest that you consider the following points before remembering the behavior of the technique.

1. The step length of the sitting technique is shorter than the standing technique.
2. The length of the arm does not change.
3. If you move the arm downwards, the arm will hit the floor.
4. There is no space below the waist.

For example, in the case of "Suwari-waza Sankyo Omote", there are many people trying to apply "Sankyo" somehow by holding the opponent's arms. But if you keep a little away from the opponent, you do not need to hold the arm.

By placing your hands in front of you, you can smoothly move to "Sankyo".

In the standing technique, you step in and put weight on so that the opponent does not get up, but in the sitting technique, it is enough to control the elbow because the opponent is already sitting. It is the example that movement will be cramped when trying to make everything like a standing technique.

The space that existed in the standing technique does not exist in the sitting technique. Therefore, you need to adjust the position to create the space. It becomes the adjustment of the sitting technique.

Thanks for reading.

Related article: Principle of Leverage


[ 座り技 ]

昇段試験が近づくと、皆さんはいつも以上に熱心に座り技の稽古をします。それは、少なからず苦手意識を持っているからではないでしょうか。

座り技は基本的に立ち技と同じだと教わりますが、ただそれだけでは窮屈な動きになってしまいます。特に膝行に慣れていない人は、窮屈なのは仕方が無いと思っているか、もしくは、窮屈であることを自覚していないかのどちらかに見えます。

まず、技の動作を覚える前に下記の点を考えてみることを提案します。

1. 座り技の歩幅は立ち技よりも短い。
2. 腕の長さは変わらない。
3. 腕を下に動かせばマットに当たる。
4. 腰より下にはスペースが無い。

例えば座り技三教表の場合、相手の腕を腹の前で抱え込むようにしてなんとか三教を適用しようとする人が多いですが、相手から少し離れることで腕を抱え込まずに済みます。手を自分の正面に置くことでスムーズに三教へと移行できます。

立ち技では、相手が立ち上がらないように踏み込んで体重を掛けますが、座り技はすでに相手も座っているので肘を制御するだけで十分です。立ち技と同じようにしようとして窮屈な動きをしてしまう一例です。

立ち技では存在したスペースが座り技では在りません。だから、膝立ちの位置を調整してスペースを作ります。それが座り技の調整方法となっていきます。

関連記事: 円運動と梃子の原理

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#54 Mutual respect 礼には礼で応える

54-Mutual-respect.jpg

There are many cases showing difference in sports culture between Japanese dojo and Western sports club. Because of that, there are cases where the dignity of the dojo is damaged by behaviours of the members even if there is no malice.

In ordinary sports club, as long as you follow the rules of the club you can gather with your friends and work freely. In individual competition sports such as Tennis and Boxing, you can constantly think about improving yourself as the top priority.

It is their instructor's job to care about the growth of others, and individuals do not have to worry about others' practice contents.

On the other hand, the dojo has a teaching method as if learning team sports throughout the dojo, even for individual sports.

Aikido, Judo, Kendo and Karatedo classified as modern martial arts value the educational philosophy and contribution to the local community. Seniors (Senpai) are instructed to be responsible for the growth of local youth (Kohai).

Everyone is helped by “Senpai” when you are beginners. The desire to practice only with experienced people may turn into an ugly egoism.

Therefore, behaviours that gathering only by certain friends during practice will obstruct the smooth flow of practice, so a good instructor tends to dislike it.

Also the act of ignoring and running away from the next person who said "Onegaishimasu" is absolutely unacceptable. Especially avoiding people in white belt is a very rude practice.

In the dojo where instructors and seniors take a disrespectful attitude to others, beginners will be disappointed with the morality of dojo and will not stay long.

Maybe you want to excuse that chasing a favorite training partner is to show an enthusiasm. But despite the fact that you are greeted by the person sitting next, there is no legitimate reason for the act of refusing and running away.

Let's show mutual respect during practice.

Thank you for reading.

Related article: Senpai and Kohai


[ 礼には礼で応える ]

日本の道場と西洋のスポーツクラブとでは、スポーツ文化の違いを示す事例が多々あります。そのため、たとえ悪意は無くてもメンバーの行為によって道場の品位を傷つけてしまう場合があります。

普通のスポーツクラブでは、クラブのルールさえ守っていれば仲間と集まってワイワイ自由に活動できます。テニスやボクシングなどの個人競技では、常に自分が上達することを最優先に考えるのが当然で、他人の成長を気にするのは指導員の仕事です。選手個人は他人の練習内容を心配する必要などありません。

一方、道場では個人競技でありながらも道場全体でのチームスポーツといった方がぴったりする取り組み方をしています。

近代武道に分類される合気道、柔道、剣道、空手道では、いずれも教育的理念と地域社会への貢献を大切にしており、先輩は後輩の成長に責任を持つように指導されています。

初心者の時には、誰もが先輩達にお世話になって来ているはずです。自分は上達したから上手い人とだけ稽古したい、という欲望も度が過ぎれば醜いエゴになります。

なので、稽古中に仲良しグループで集まる行為は稽古のスムーズな流れを阻害することになるので熱心な指導者ほど嫌う傾向があります。

また、ペアを組む相手を選びたいあまり、「お願いします」と声をかけてきた隣の人を無視して走り去る行為は到底容認されません。特に白帯の人を避ける行為はとても非礼な行為です。

指導員や先輩達の非礼な態度に失望した人は道場を去り、悪習慣に染まった人だけが残っていく。そうやって、ゆっくりと病んでいく道場も実際にあります。

練習相手を他と競い合うことは熱意の表れだと言い訳したい人もいるでしょうが、隣の人に声をかけられてもそれを無視して走り出す行為に正当な理由などありません。

稽古であっても礼には礼を返していきましょう。

関連記事: 先輩と後輩


追記:
道場は海外大使館ではないので、頑なに日本の常識を貫くことができない難しさがあります。オリンピック種目となった後の柔道は、ルールからして西洋に蹂躙されたようにみえます。西洋文化との適度な調和はお互いの敬意が不可欠だなと改めて思います。


テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR