fc2ブログ

#60 Boundary between confidence and arrogance - 自信と自惚れの境界線

60-Boundary-of-confidence-a.jpg

When returning to Tokyo, my nephew of a university student who likes to watch fighting sports, asked me why Aikido doesn't participate in fighting matches. The intent of the question is quite evident.

The typical ideas of a battle game enthusiast about Aikido are as follows.

> People who don't have the courage to participate in the fighting game match.
> People who only mock cool movements.
> People who practice skills against an opponent who is cooperative and never fight back.
> People who dislike training that requires patience.

Such opinion is often seen in Youtube and SNS, and it becomes an annual event that the self-proclaimed Aikido lovers appear each time and start to talk about how Aikido is effective. It's unclear whether the person who is desperately arguing is really an Aikido enthusiast, but it is too desperate and gets result in affirming the opinion.

It's like an angry kid who is told the truth.

Many Aikido videos don't tell the answer why Aikido doesn't participate in a fighting game. For example, an introductory video of Aikido shows 3 minutes self-defense as if it were 3 minutes cooking. I understand why serious martial artists playing tough games would like to complain after seeing it.

It's a foolish act to make you look arrogant and conceited by taking advantage of the fact that there is no absolute assessment like a game result. In that regards, it may not be possible to say that public opinion on Aikido is totally prejudiced.

What I always think is that NZ Aikido should learn the calmness of the Kyudo (Japanese archery).

Even when compared to the acrobatic tricks of the Western archery, or when people laugh at old-fashioned equipment, the Kyudo players remain calm and don't mind. Each one understands the philosophy of the Kyudo firmly and concentrates on mental training.

A beautiful performance is accomplished with excellent Uke's ability. We don't compete with anyone to win or lose, so we want to keep good manners in practice and demonstration.

For negative opinions to Aikido, it's only necessary to carefully explain O-sensei's philosophy of "Takemusu-aiki". If you understand the philosophy, you don't have to be desperately confronting negative opinions.

Certainly there is a boundary between confidence and arrogance.

Thank you for reading.

Related article: Martial Sense and Fighting Spirit



[ 自信と自惚れの境界線 ]

東京に帰省した際に、格闘技観戦が好きな大学生の甥が「なぜ合気道は格闘技の試合に参加しないのか」と質問してきました。その質問の意図は実に明白です。

格闘技愛好家の合気道への一般的な意見をまとめると次のようになります。

>格闘技の試合に参加する度胸を持たない人達
>度胸はないけどカッコいい真似事はしたい人達
>協力的で無抵抗な人に技を仕掛けて得意げになる人達
>忍耐力の必要な股割りなど柔軟体操を嫌がる人達

そういった意見はYoutubeやSNSで頻繁にみられますが、そのたびに自称合気道家が現れてはいかに合気道が効果的かを語り始めるのが恒例行事となっています。必死に反論している人が本当に合気道家なのかどうか不明ですが、あまりにも必死すぎて逆に肯定する結果になってます。

まるで本当のことを言われて怒っている子供のようになってしまいます。

多くの合気道ビデオでは「なぜ合気道は試合をしないのか」という答えを伝えていません。要は、これは演武であり武産合気を表現しているという謙虚な姿勢がビデオの中に感じられないので批判と誤解を受けるのではないでしょうか?

とある合気道の紹介ビデオは、3分クッキングならぬ3分護身術のような内容で得意げな顔を映しています。これでは厳しい試合をしている格闘技選手から一言頂戴するのも理解できます。

試合結果という絶対評価がないことをいいことに、与えられた段位だけで偉くなったかのように振舞う人もいます。その点では、世間の合気道への見方もまったくの偏見だとは言えないのではないでしょうか。

私が常に思っていることは、NZの合気道愛好家は弓道選手の落ち着きを見習うべきではないかということです。

西洋アーチェリーの曲芸的な技と比較されたり古式道具を嘲笑されたりしても、弓道の選手はまったく気にせず静観しています。一人ひとりが弓道の理念をしっかりと理解して精神鍛錬に集中しています。

美しい演武は優れた受けの能力があって出来上がります。私達は誰かと勝ち負けを競っているわけではないのですから、稽古でも演武でも謙虚でありたいと思います。

合気道に否定的な意見に対しては植芝先生の武産合気の理念を丁寧に説明すれば良いだけのことです。その理念を理解していれば必死に反論する必要などありません。そこに自信と自惚れの境界線があると思います。

お読み頂き有難うございました。

関連記事:武の感性と闘争心


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR