fc2ブログ

#64 What is "Ki no nagare"? - 気の流れとは何か?

64-What-is-Ki-no-nagare.jpg

In Aikido, the word “Ki no nagare", the flow of Ki, is often used, but the word is explained by mixing Asian philosophy. This is because O-sensei was Shinto believer, and Tohei-sensei respected the famous philosopher Mr. Nakamura. So the word is very vague and mysterious for those who are not familiar with Asian philosophy.

I think that most people are not convinced of "Ki no nagare", but are trying to feel uncertain energy.

So, what is "Ki no nagare"?

First of all, let's replace the word "Ki" with "consciousness" instead of making it an uncertain energy. In fact, the flow of consciousness is a common concept in modern sports such as boxing and wrestling. Even if you are not familiar with Asian philosophy, it will be easier to understand if you think of it as a flow of consciousness.

For example, weight training is more effective by being aware of the muscles you want to train. This is already proven in sports science and is common sense. Even when exercising, the body learns movement by consciously recognizing the muscles to move. Consciousness will run the whole body when things to be conscious are linked. This is proven in sports science in the same way as image training given by athletes.

The point is to accept the flow of consciousness and to memorize it in the brain. Once you became able to ride a bicycle, you can ride it for a lifetime. In the same way, copy the flow of consciousness from the cerebrum to the cerebellum.

And in most cases, sharing the image of the flow of consciousness with a partner is called "Ki no nagare". However, I think there is a misunderstanding about this. "Ki no nagare" is not as simple as image training. Because consciousness and emotion are produced by the brain.

In Asian philosophy, mind and Ki energy (life energy) are different elements. So I think the true meaning of the flow of Ki is different from the flow of consciousness, but I am still inexperienced and cannot understand it.

Does your practice distinguish between the flow of Ki and the flow of consciousness? It is very interesting to me.

Thank you for reading.

Related article: How to form unconscious behaviour


[ 気の流れとは何か?]

合気道では、気の流れという言葉をよく使います。大先生は神道、東平先生は哲学者中村天風先生にそれぞれ心酔していたので、気の流れについては必然的に東洋思想を交えて説明されてきました。なので、東洋思想に馴染みのない人にはとても曖昧で神秘的なものとなっています。

多くの人は確信をもって気の流れを自覚しているわけではなく、不確かなものを感じ取ろうとしています。実際、気の流れを稽古しようとしても、受けが動きを受け入れればそれなりに良く見えますが、受けが傲慢だとまったく稽古になりません。”気”の解釈を考えれば、それを「当然だろう」と思ってしまう時点で気の流れを本当には分かっていないのだと思います。

そもそも気の流れとは何でしょうか?

そこでまず、気を不確かなエネルギーとするのではなく、「意識」と置き換えてみます。実は、ボクシングやレスリングなどの近代スポーツでも意識の流れは一般的な概念です。東洋思想に馴染みのない人でも、意識の流れと考えれば理解しやすいと思います。

例えば、ウエイト トレーニングは鍛えたい筋肉を意識することで効果が高まります。これはスポーツ科学では既に証明されており一般常識となっています。運動する時も、動かす筋肉を順番に意識することで体が動きを覚えていきます。意識するところが連動してくると体の中を意識が駆け回るようになってきます。これは、スポーツ選手が行なうイメージトレーニングと同じ方法で、スポーツ科学でその効果が証明されています。

要は意識の流れを受け入れること、そして、意識の流れを脳に記憶することが大切となってきます。自転車に乗れるようになると一生乗れるのと同じように、大脳から小脳へと意識の流れを書き写して行きます。

そしてほとんどの場合、合気道ではパートナーと「意識の流れ」のイメージを共有して稽古することを「気の流れ」と呼んでいます。しかしながら、実はここに誤解があるのではないでしょうか?

分かり易くいえば、「意識の流れ」を練習することはイメージトレーニングと同様に最初の一歩を踏んだだけであって、そこでこれが「気の流れ」だと思ってしまうのは安易すぎると思います。なぜならば、意識も感情も脳が作り出しているからで「気」とは異なります。

東洋思想では、心は精神エネルギー(気エネルギー)とは異なる生命要素です。なので、本当の意味での「気の流れ」は「意識の流れ」とは違うと思いますが、私はまだまだ未熟者なのでそれ以上は分かりません。

皆さんの稽古では、「気の流れ」と「意識の流れ」を差別化しているのでしょうか?不謹慎かもしれませんが、私には分からないのでとても興味深いです。

お読みいただき、有難うございます。

関連記事:動作を無意識で行う方法


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR