fc2ブログ

#68 If no one has ever taught you - 誰も教えてくれなかったなら

68-If-no-one-has-ever-taugh.jpg

Last time, I posted the theme of "Ukemi" from "Koshi-nage". After that I had the opportunities to talk with various people. I'm glad to know your thoughts.

What I want to emphasize is that you cannot ensure the safety with "Mae-ukemi" alone.

I recognize that many people in NZ dislike high falls Ukemi (Tobi-ukemi) training, but Dojos where don't practice or teach it are very rare in Japan and Europe.

It's a bit harsh, but refusing to learn the safe and correct training method is a dangerous idea.

For people with large bodies, it's important not to avoid "Ukemi" training, but to increase the amount of "Ukemi" training and improve your own safety.

Next year's international seminar will welcome Sensei from many countries. If they find that NZ is not practicing high falls at all, they may think that NZ is neglecting the safety.

"No one has taught me a safe way to practice, so it's dangerous, Just fancy move"........

Let's stop making such excuses anymore. Many new members are keen to learn, so old folks should not disturb their growth.

If no one has ever taught you a safe way to practice, look for someone who can teach you.

Take time and practice step by step, then "Tobi-ukemi" will become an important technique to prevent injury.

I am open to learning and improving what we do.

I don't know old members, but I am hoping that there will be an environment where beginners and junior class members have the opportunity to learn about the fun of "Uke" skills and the philosophy of Ueshiba-sensei.

Thank you for reading.

Related article: Boundary of Beautiful Aikido and Ugly Aikido



[ 誰も教えてくれなかったなら ]

前回、腰投げからの跳び受け身をテーマにしましたが、色々な人と話しをする機会を得ました。皆さんが再考するきっかけとなってくれたなら、私も嬉しく思います。

私が強調したいのは、前受身だけでは普段の練習でも安全を確保することはできない、という点です。

跳び受身の稽古を嫌がる人がNZには多くいますが、練習すら否定する指導員がいるのはNZだけです。体が大きいので失敗した時の衝撃も大きくなり稽古すらしたくないと思う気持ちも分かりますが、だからこそ受け身技の技量を高めていく必要性があるはずです。

跳び受身が危険なのではなく、安全な跳び受身の稽古方法を学ぼうとしない姿勢が危険だと思います。

来年の国際合宿では、海外から日本をはじめ多くの国から先生方を迎えます。NZでは練習をまったくしていないと知られれば、NZは安全を軽視していると思われてしまいます。

実際のところ、「危険だ、カッコいいからするだけだ」と言い訳をする風潮が古参メンバーを中心にあります。その一方で、初心者や学生の人達は「習得したいけどまったく教えてくれない。このままでいいのか」と悩んでいます。

誰も安全な練習方法を教えてくれないならば、教えてくれる人を探せば良いだけです。時間をかけてステップを順番に踏んでいけば、怪我を予防する大切な技となるでしょう。

古参メンバーのことは知りません。ただ、初心者やジュニアクラスの生徒が、受けの楽しさや植芝先生の理念を知る機会を大切にする環境であってほしい、と思います。

関連記事:美しい合気道と醜い合気道の境界線



スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

#67 Ukemi from Koshi-nage - 腰投げの受身

67-Ukemi-from-Koshi-nage.jpg

In Judo, major accidents such as breaking neck bones occur occasionally. When you are thrown from thrower's back, you may fall off your neck if you try to take a front-roll (Mae-mawari-ukemi) instead of a high-roll (Kuten-ukemi).

Throwing techniques of Judo are generally very strong and fast. There is no grace to change the line when you are carried on the thrower's back.

Even in Aikido, a high-roll (Tobi-ukemi) is a technique that must be learned for safety. It's dangerous if you can't take a high-roll, not because it looks good.

There are many people who have had a painful experience with "Ukemi" in the past, but perhaps most of the reason was because you didn't master "Tobi-ukemi" at that time.

"Mae-ukemi" is only possible if the thrower stops the movement and kindly gives you the chance to change the line and falls almost like free-falling. If you try ”Mae-ukemi" when you are pulled and thrown towards the floor, you will damage your neck.

Because ”Mae-ukemi" alone cannot secure safety, I looked for someone who can teach me and started to practice after I was over 50 years old. I can say ”Tobi-ukemi" is not something that only young and gymnastics people can do.

If you take time and practice step by step, it will become an important technique to prevent injury.

Occasionally international students from Japan participate in training at NZ Dojo, and I always ask how they practice in Japan. 10 out of 10 people take “Tobi-ukemi” (high roll) from “Koshi-nage”. The reason is of course for safety.

In order to land safely on the mat, it is recommended that you take “Tobi-ukemi” without changing the first contact line.

Thank you for reading.

Related article: Change in thinking changes movement

Koshinage01.jpg



[ 腰投げの受身 ]

柔道では、受身に失敗して首の骨を折るなどの大きな事故が散発的に起こります。相手の背面から引っ張られて投げられているにもかかわらず、空転受身ではなく前周り受身をしようとすると首から落ちて大怪我の原因となります。

柔道の投げ技は、総じて強くて早い。背負われた時のラインを変える猶予などないし、させてはくれません。

合気道でも跳び受身は安全のために必要なテクニックです。カッコいいからするのではなく、強くて早い投げ技を受けるには跳び受身でなければ危険だからです。

実際、受身で痛い思いをしたことのある人は多いと思いますが、原因のほとんどは跳び受け身を習得していなかったからではないでしょうか。

前受身は、投げが動きを止めて受けにラインを変える猶予を与え、ほぼ自由落下で落ちる場合にのみ可能となります。

時折、日本からの留学生がNZ道場の稽古に参加しますが、その度に日本での稽古方法について質問してきました。そして十人中十人が、腰投げからの受身は跳び受身で行なっています。理由は、もちろん安全のためです。

跳び受身の稽古を嫌がるNZ人が多いですが、跳び受身が危険なのではなく、安全な跳び受身の稽古方法を学ぼうとしない姿勢が危険だと思います。安全を軽視している証拠となります。

腰投げから安全に受身をとるには、ラインを変えようとせずにそのまま跳び受身をとることを薦めます。

関連記事:考え方を変えると動きも変わる


Koshinage02.jpg

Koshinage03.jpg

Koshinage04.jpg



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR