fc2ブログ

#83 Message for beginners part 2 - 初心者へのメッセージ その二

83-Message-for-Beginners.jpg

1. Atemi:
Aikido is said to be 70% "Atemi" (30% technique), and when O-Sensei was young, he used to practice "Atemi" so hard that he would hit his opponents from a dead angle, breaking their teeth or knocking them out. The fact that his students were all experienced Judo and Karate fighters must have had something to do with this. Traditionally, in martial arts, the idea of training is to learn and withstand pain.
However, in the present Aikido, the majority of the members have no experience in martial arts, and the training methods have changed a lot. First of all, we don't actually hit the opponent. We use the action of "Atemi" to gain an advantaged position and use the opponent's reaction to throw him off balance.
In short, the purpose of "Atemi" is not to knock the opponent down with a Karate punch, but it's a trick to make the sequence of movements smoother. So, if you are not ready for the next move when you use "Atemi", the meaning of "Atemi" is lost.
It's also important that Uke doesn't ignore "Atemi", but reacts naturally, for example by swaying his upper body. If your opponent doesn't actually make any avoiding motions because he thinks he won't be hit, then you may need to hit him lightly to make him learn.
By the way, the technique to hit the opponent's throat or the face and throw him is called "Irimi-nage Omote".

2. Nage and Uke relationship:
If your opponent is completely free to move, it's obvious that you will be punching and kicking each other from the start. If you are allowed to hit him, he should be allowed to hit you. It would be practically impossible to practise the techniques, it would be just like a children's fight.
The idea that "you can't request the attacker's actions, so Uke's movements are free" is just nonsense. There is a role for Uke, and it's only by respecting this role that practice is possible.
You are not free when you are aware that you are the Uke. The act of holding Uke down or throwing Uke by force is just ugly. That is not the Aikido you should be aiming for.
Why did O-Sensei prohibit matches? Why did O-Sensei divide the training into Nage and Uke, giving each the role? If you are a beginner, you should first be able to answer these questions clearly.

3. Don't push or pull:
If a suspicious person suddenly grabs your arm and tries to drag you somewhere, you will reflexively pull your arm back and resist. That is the natural reaction of a person. Similarly, if you push or pull the hand that is being grabbed, it's also natural reaction for the other person to resist in response.
So, how do you perform a technique without pushing or pulling the grabbed hand? Let's find the answer to this question by using your elbows, knees, hips and positioning.

4. "Hanmi" stance to "Hanmi" stance:
If a suspicious person suddenly steps behind you, you should immediately turn round because you feel in danger. That is the natural reaction of a person. Only a martial arts master, or a very blunt person, would not mind turning his back on aggressive opponents.
In Judo and Karate, there is a great fear of getting a painful attack the moment that your opponent enters behind you, but in Aikido many people are unaware of this. Particularly in the practice of Irimi-nage Ura, many Uke just stand there and wait for Nage's next action even when Nage is already behind you. That is not the natural reaction.
Make it a habit to react and face your opponent in "Hanmi" stance when the opponent enters your blind spot. Nage uses that reaction to break down the posture of Uke.

Aikido is characterized by the use of the person's natural reactions to lead the opponent as if he was thrown by himself. Uke should work faithfully with his natural reactions, Nage should utilise Uke's natural reactions and apply them to the techniques.

Thank you for reading.

Related article: Message for beginners part1


[ 初心者へのメッセージ その二 ]

1. 当身:
合気道は当身七割(技三割)と言われ、大先生の壮年期には当身を死角から打ち込んで歯が折れたり気絶したりする激しい稽古が行なわれたそうです。大先生の愛弟子は、柔道や空手など経験豊富な格闘家の集まりだったことも関係していたと思います。武道には、痛みを覚え、それに耐えるのが修練だという考えが昔からあります。
しかし、現在の合気道では格闘技経験の無いメンバーが大半で、稽古方法も大きく変わりました。まず、実際に当てたりせずに寸止めで行ないます。当身というアクションで有利なポジションを取り、相手のリアクションを利用して相手のバランスを大きく崩します。
要するに、当身の目的は空手パンチで相手を倒すことではなく、連続した動きをスムーズに行なうためのトリックだといえばわかり易いと思います。なので、せっかく当身を入れても一拍置いてから次の動きを始めるのでは当身の意味がなくなってしまいます。
また、受けは当身を無視せずに、上体を反らすなどの自然な反応をすることも大切です。「どうせ寸止めで当たらないだろう」と思っている人には、軽く当てて学ばせる必要があるかもしれません。ちなみに、相撲の突っ張りのように相手の喉から顔に当ててそのまま豪快に倒す技は入り身投げ表と呼びます。

2. 投げと受けとの関係:
もしもあなたの相手が本気で自由に動けば、最初からパンチとキックで殴りあうことになるのは明白です。あなたが相手を殴ることを許されるならば、相手だってあなたを殴ることを許されるはずです。技の稽古など実質不可能で、まさに子供のけんかのようになるでしょう。
「闘う相手に動きを指定することはできない、だから受けの動きは自由だ」という考えはただの詭弁です。受けには受けの役割りというものがあって、それを遵守しているからこそ稽古が成り立ちます。受けが受けであることを自覚している時点で自由ではないのです。その受けを力尽くで押さえ込んだり投げたりする行為は、とても愚かで醜いだけです。それは、あなたが目指すべき合気道ではありません。
なぜ、大先生は試合を禁止したのでしょうか?なぜ、大先生は投げと受けとに分けてそれぞれ役割りをもたせる稽古方法を生み出したのでしょうか?初心者の人は、まずこの質問にはっきりと答えられるようになってください。

3. 押したり引いたりしない:
もしも不審者があなたの腕を突然つかんであなたをどこかに連れて行こうとすれば、あなたは反射的に腕を引き戻して抵抗するでしょう。それが人の自然な反応です。同様に、手をつかまれたからといってそれを押したり引いたりすれば、相手はそれに反応して抵抗するのもまた自然な人の反応です。では、つかまれた手を押したり引いたりせずに技を仕掛けるにはどうしたら良いのでしょうか?肘、膝、腰の使い方や位置取りを工夫しながらその答えを探していきましょう。

4. 半身と半身:
もしも、不審者が唐突にあなたの後ろに周りこんだら、あなたは危険を感じて直ぐに振り返るはずです。それが人の自然な反応です。攻撃的な相手に背中を向けても気にしない、そんな人は武道の達人か、もしくは、よっぽど鈍い人だけです。柔道や空手では、背中をとられた瞬間に手痛い技をもらう怖さがありますが、合気道では緊張感がまったくなく無頓着な人が多いようです。
特に”入り身投げ裏”の稽古では、「投げ」が背後に入っても次のアクションをただ待っている「受け」が多いです。それは自然な反応ではありません。相手が死角に入ったら、素早く体を反転させて半身で向き合う習慣をつけましょう。「投げ」は、その反応を利用して「受け」の姿勢を崩していきます。


合気道の特徴は、人の自然な反応を利用して相手が自ら勝手に倒れるように導くことです。相手にしてみれば、気付いたら投げられていた、と思える技が理想です。稽古での受けは、自然な反応を忠実に努めていきましょう。

関連記事:初心者へのメッセージ その一


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR