fc2ブログ

#90 Misconception of natural movement - 自然体という誤解

90-The-misconception-of-nat.jpg

Many people have the image that Aikido is about natural movement. In reality, there is no such thing as natural movement, as Aikido is all about intentional movements, such as Hanmi, Ashi-sabaki and Ukemi.

A sports trainer said that a person who thinks that the running style is just natural, no matter if it is baseball, football or rugby, will never improve. So it is said that running style is the best indicator of a person's ability.

Aikido is practised in two groups, Tori and Uke. This is called Kumi-keiko, or Yakusoku-keiko (commitment practice), and each has its own role to play. These roles are also respected in free practice, so there is no such thing as practice match.

In Ueshiba Aikido, we discourage attacking an opponent who will not attack you if you step back. Therefore, in practice, Uke acts as the attacker and makes the first action, and Tori reacts to it.

This relationship between action and reaction is repeated, but Uke must react honestly as the attacker. Tori uses these honest movements of the attacker, Uke, to connect to the techniques.

For example, if the attacker loses his/her balance and falls to the floor, it is the honest move for the attacker to try to get up immediately.

For example, if the opponent, Tori, hides in a blindspot, the attacker's honest movement is to turn and try to catch him/her in sight.

For example, if the attacker is pushed, it is honest to push back, and if the attacker's arm is pulled, it is honest to pull back.

For example, if the opponent, Tori, avoids the first attack, the attacker's honest reaction is to chase without pause.

It is dishonest to freeze in place and resist like a turtle when the first attack is avoided.

Aikido is about anticipating the honest reaction of the good attacker and applying techniques, which is why it is called “Yakusoku-keiko”, commitment training. Aikido is not natural, but the movements of the honest attacker can be said to be natural.

There is a beauty in the training of experienced students, where it looks as if the attacker falls over him/herself. Such beautiful synchronised techniques, “ Awase “, give viewers the impression that Aikido is natural.

Related article: Practice of Metuke



[ 自然体という誤解 ]

合気道は自然な動きをする、というようなイメージを持つ人は多いと思います。実際には、半身の構えや足捌き、受身など意図的な動きに終始しているので自然な動きというのはありません。

スポーツトレーナーが言うには、野球やサッカー、ラグビーでも走り方は自然のままでいいと思っている人は決して上達しないそうです。なので、走り方を見ればその人の能力が分かるといわれています。

合気道は、取りと受けとに分かれて稽古します。これを組稽古、約束稽古と呼び、それぞれに役割りがあります。その役割りは自由稽古でも尊重されるので、いわゆる練習試合というものはありません。

植芝合気道は、こちらが引けば追ってこない相手に攻撃することを戒めています。なので、稽古では受けがアタッカーとなって最初のアクションを起こし、取りがそれに対してリアクションを起こします。

このアクション、リアクションの関係を繰り返しますが、受けはアタッカーとして正直な反応をすることが求められます。取りは、アタッカーである受けの正直な動きを利用して技へとつなげます。

例えば、バランスを崩されて体が床へと沈めば、直ぐに立ち上がろうとするのがアタッカーの素直な動きです。

例えば、相手が死角に隠れれば、直ぐに振る向いて視界に捕らえようとするのがアタッカーの正直な動きです。

例えば、押されれば押し返し、腕を引かれれば引き返すのがアタッカーの素直な反応です。

例えば、相手が初撃を避ければ間を空けずに追い打ちを仕掛けるのがアタッカーの素直な反応です。

初撃を避けられてもその場に固まって亀のように抵抗するのは不誠実です。

良質なアタッカーの素直な反応を予見して技を仕掛けるのが合気道であり、約束稽古と呼ばれる所以です。合気道は自然体ではないですが、誠実なアタッカーの動きは自然体ともいえるでしょう。

優れた経験者同士が行なう稽古は、まるでアタッカーが自ら倒れてしまったかのように見える美しさがあります。そういった美しい合気の技が、合気道は自然体だという印象を生んでいるのでしょう。

関連記事:目付けの稽古


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR