fc2ブログ

#01 Meaning of "武産合気" (Takemusu-Aiki)

01_takemusuaiki.jpg

[ Meaning of "武産合気" (Takemusu-aiki) ]

In the Aikido dojos, you often see the Japanese calligraphy "武産合気" on the wall. It reads "Takemusu-aiki". It's the proverb of O-sensei (the founder of Aikido) and there is the principle of his Aikido behind it. Because of that, his Aikido is often called "Takemusu Aikido".

For the thought of the Shintoism (Japanese religion), meaning of "Takemusu" is the power of creating the world, and meaning of "Aiki" is to unite into one.

According to the book of "Takemusu-aiki" written from O-sensei's dictation, meaning of his proverb is that all the energy (of Aikido) is born in harmony with principle of nature.

Then what is the training style to embody "Takemusu Aikido"?

In a newspaper published in April 1959, O-sensei clearly declared that Daitoryu Aiki-Jujutu and his "Takemusu Aikido" were totally different.

The ancient Japanese martial arts including the Aiki-Jujutsu are military martial arts. Their techniques only aim to kill and eliminate an enemy efficiently. "Takemusu Aikido" is the modern martial arts that O-sensei founded on the premise that you make a break away from a thought of killing an enemy.

It is intended to teach beautiful way of life rather than mere martial arts. That's why the reverse joint lock and stomping techniques were excluded in "Takemusu Aikido" from a beginning by O-sensei.

"Takemusu-aiki" is also a motto of the our dojo, Shinryukan NZ. Takase-sensei sometimes says "Let's do Aikido" after having observed our training. The reason why he said so would be that we showed wicked thoughts and tried to throw opponents by force, I suppose.

I hope that all instructors and members of Shinryukan explore ideal training style that met the dojo's motto together.

Thanks for reading.

Related article: "Kata-Keiko"



[ 武産合気の意味 ]

合気道の道場では、開祖の写真とともに“武産合気”という言葉が正面に飾られています。“たけむすあいき”と読みます。それは、開祖、大先生の格言であり合気道の理念が込められた言葉です。そのため、大先生の合気道は武産合気道とも呼ばれています。

神道の考えでは、武産は万物を創造する力、合気は一つになる、という意味です。大先生が口述した“武産合気”という本によると、武産合気とは、全ての技はこの世の理と一つになって生まれる、という意味とされています。

では、武産合気道を体現する稽古とは何でしょうか。1959年4月発行の合気道新聞で、大先生は、大東流合気柔術と武産合気道はまったく違う、と明言しています。

柔術を含む古武術は近代でいえば軍隊格闘術です。効率よく敵を殺害し排除することを唯一の目的としています。武産合気道は、敵を殺すという思考と決別することを前提に大先生が創設した近代武道です。

古武術が軍隊格闘技なのに対して、武産合気道は、単なる格闘技ではなくて美しい生き方を教えることを目的としています。そのため、逆関節技や踏み付け技などは、大先生によって最初から禁止されています。

武産合気は私が所属する神流館道場のモットーでもあります。高瀬先生が私達の稽古を観察した後で、たびたび合気道に集中しようと発言するのは、私達が相手を倒そうという邪念がまだまだ多いということではないでしょうか。

道場の会員すべてが、そのモットーを理解し同じ方向を目指して稽古をしていくことを望んでいます。

関連記事: 型稽古の目的

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR