fc2ブログ

#25 Difference Between Instructor and Sensei インストラクターと先生の違い

25-Difference-Between-Instr.jpg

Recently, many seminars have been held and there are lots of opportunities to meet with various instructors and Aikido fellows. In Japan it is often called "Gashuku”.

"Gashuku" is an opportunity to concentrate on training while staying at the same accommodation together. A day-long lesson without staying is called "Koushukai" in Japanese. "Gashuku" take you away from busy everyday life and let you forget unnecessary things such as worries and desires.

I am always looking forward to meeting a new Sensei. After the training session, I sometimes wish I had attended his training earlier. It is also reminded me that anyone can do it just to point out someone's mistakes and that is not a guidance.

Meaning of instructor and Sensei are different so that meaning of sports club and Dojo are different. The instructor will teach you the move, but that's it. Nobody cares about that person's lifestyle.

On the other hand, the Sensei is a person who can teach not only the move but also the moral view that will become an example of everyone. The Sensei is required to be a person of character by people firstly.

In the traditional world of Japanese martial arts, the pupil applicant was not allowed to become a member of the Dojo instantly. They had to go through a probationary period for several years. During the period, the Sensei could ascertain their personality, talent and enthusiasm.

Unlike the instructor whom a new person comes when the contract is over, the Sensei is a very important person in the Dojo even now and past.

The quality of the Dojo is considered to be determined by the Sensei's dignity. It doesn't matter what dan-rank he/she has. It is because your lives change when you meet a great Sensei. Who is the Sensei for you?

Thank you for reading.



インストラクターと先生との違い

最近では、うれしいことに多くの講習会が開かれて色々な指導員や合気道仲間と接する機会が増えてきました。日本では合宿といいますが、海外ではセミナーと呼ばれています。

合宿とは、共に寝泊りしながら稽古に集中する機会です。日帰り稽古の場合は、講習会といいます。忙しい日常生活から離れ、心配事など余計なことを忘れて稽古に打ち込むことができます。

新しい先生との出会いも楽しみです。稽古の後に、この人にもっと早く指導を受けたかったと思える時もあります。人の間違いを指摘するだけなら誰でもできるし、それを指導とはいわないことに改めて気付かされます。

スポーツクラブと道場の意味が違うように、インストラクターと先生は違います。インストラクターは動きを教えてくれますがそれだけです。その人の生活習慣など誰も気にしません。

一方、先生と呼ばれる人は動きだけでなく皆の手本となる生き方を常に心がけています。人々から尊敬される人格を持って初めて先生と呼ばれる資格があるからです。

昔の道場は、希望すれば誰でも入会できるわけではありませんでした。希望者は、数年間におよぶ見習い期間を過ごさなければいけませんでした。その間に、先生は希望者の才能や性格、熱意などを審査していました。

契約が終了すれば新しい人がやってくるインストラクターとは違い、先生は今も昔も道場で大切な立場にいる人です。

道場の質は、先生の品格で決まると考えられています。段位など関係ありません。先生と呼ばれる人と出会って生徒の人生が変わる時もあるからです。

皆さんにとって先生とはどういう人でしょうか?

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR