fc2ブログ

#27 How to form unconscious behaviour  無意識下の動作

27-How-to-form-unconscious.jpg

An action to ride a bicycle is not the act that a human being can do by nature. After practicing many times, we become able to ride a bicycle. Conversely, once you became able to get on, you can ride a bicycle for the rest of your life. According to Sport Science, it is because a cerebellum memorized the method of riding a bicycle.

Although the cerebellum is smaller than the cerebrum, the cerebellum has more nerve cells. The nerve cells of the cerebrum are approximately 14 billion, but nerve cells of cerebellum are approximately 100 billion.

Learning something through physical experience is that the cerebellum memorizes the experience. To say in other words, the cerebrum takes charge of consciousness, and the cerebellum takes charge of unconsciousness.

Because the cerebrum produces a conclusion after thinking (consciousness), response time is slow (0.7 ~ 1 sec). The cerebellum gets a conclusion by memory (unconsciousness). Therefore, response time becomes quick (0.15 ~ 0.3 sec).

When experience is copied from the cerebrum to cerebellum, a density of memory varies depending on a way of the experience. If you worked hard and overcame fears, the density of memory becomes stronger. If you work roughly, the thing would not be copied to the cerebellum properly.

The act of memorizing what you have experienced with the body is the act of burning memory strongly to the cerebellum. This is why concentration power is required. Although there is efficiency in the method, there is no shortcut.

Thanks for reading.

Related article: Review the actions we undertake unconsciously


[ 動作を無意識で行う方法 ]

自転車に乗るという行為は、人が生まれながらにして行える行為ではありません。 何度も練習した後、自転車に乗ることができます。

逆に、乗ることができるようになれば残りの人生も自転車に乗ることができます。スポーツ科学によると、それは小脳が自転車に乗る方法を記憶するからだと言われています。

小脳は大脳よりも小さいですが、小脳はより多くの神経細胞を有しています。大脳の神経細胞は約140億個ですが、小脳の神経細胞は約1000億個です。

物理的な経験を通じて何かを学ぶことは、簡単に言えば「小脳に経験を記憶させること」になります。大脳は意識を担当して小脳は無意識を担当するといえば分かり易いと思います。

大脳は思考(意識)の後に結論を得るので応答時間は遅くなります(0.7〜1秒)。一方、 小脳は記憶(無意識)によって結論を得ますので 応答時間が速くなります(0.15〜0.3秒)。

経験が大脳から小脳へと移されるとき、記憶の密度は経験した方法によって変わるといわれています。あなたが懸命に練習して恐怖や不安を乗り越えれば、記憶の密度はより強くなります。 集中せずにいい加減な練習をすると、経験は断片的にしか小脳に記憶されません。

経験したことを身体で覚えるという行為は、小脳により強く記憶を焼き付ける行為ということになります。そのため、高い集中力が必要となります。方法の効率化はあっても近道は存在しないということでしょうか。

関連記事: 無意識な行動を見直すこと


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR