fc2ブログ

#03 Concept of Ki energy that excluded religious interpretation - 宗教や思想にとらわれない気エネルギーの概念

Concept-of-Ki-energy.jpg

I think everyone has experienced the once, I have had difficulty in explaining an uncertain "Ki" thing when I explained Aikido to others. Today, many people receive higher education. If you try to explain it with religious theories or system of thought, people remain in doubt. Therefore, I would like to introduce my way how I illustrate "Ki" energy by acceptable viewpoint without depending on religion and the thought.

Firstly, brain is an organ to memorize basically. Therefore your intuition is judged by your memory, and you understand only what you experienced. And your brain memorizes your speech, behaviour and thought. Specifically if you voice out, or do something with strong-willed, it is memorized strongly in the brain. Also personality, tastes, feelings and mind are formed by the way of working of the brain.

In recent years the study of activation of the brain function is one of the popular researches in the life science field. The merit to let brain activate without using a drug is very big. It is said that the sense organs usually use only ability of 20 to 40%. Human body has a limitation in the information-processing speed of the brain. If the processing speed rises, you will be able to see the thing which was cut off to reduce the load in brain. You will be able to notice a change of slight movement that you were unable to take in. In addition, you will get a sharp judgment by increasing a feeling of freedom.

According to the researchers who investigated bloodstream condition and endocrine gland in the brain, it is confirmed that the brain activates by memorizing (strongly believing) the thought that a great force acts on oneself. In other words, it is scientifically confirmed that you sense a pleasant and refreshing feeling by having awareness of expansion of the energy.

If the findings of the scientist are right, denying existence of "Ki" energy becomes nonsense. We have no reason not to do so if we are able to activate the brain by letting the brain strongly memorize the concept of "Ki" energy.

In brief, a gift given by the activation of the brain may become what's called "Ki", I suppose.

Thanks for reading.

Related article: Pseudo-science and palm healing


[ 宗教や思想にとらわれない気エネルギーの概念 ]

誰もが一度は経験したことがあると思いますが、合気道を他人に説明する時に一番困るのが“気”という不確かなものを説明する時です。誰もが高等教育を受けている現代では、宗教や思想的な説明をされては疑いが残ってしまいます。そこで、宗教的な考えに依存しないで“気”というものを説明する方法を紹介したいと思います。

まず、脳は基本的に記憶する臓器です。ですから、人の直感は記憶から判断されるし、人は経験したことしか判りません。そして、脳は自分の言動や思考も記憶します。特に声に出したり強い意志を伴った事柄は、より強く脳に記憶されます。好みや個性、感情、心なども脳の働きによって形成されます。

近年、脳科学が注目している研究分野として脳機能の活性化というものがあります。
薬を使わずに脳を活性化させるメリットはとても大きいです。感覚臓器は、通常2割から4割程度の能力しか使用していないといわれています。脳の情報処理速度に限界があるからです。その処理速度が上がれば、脳が負荷を減らすために切り捨てていたものが見えてきます。感じ取ることができなかったわずかな動きの変化にも気付くようになるでしょう。開放感がたかまり落ち着きを得れば判断速度も上がります。

脳内の血流状態や分泌物の量や頻度を調査した研究者によると、自分には大きな力が働いている、という思考を記憶すること(強く信じること)で脳が活性化することが確認されています。
つまり、エネルギーの拡大を意識することで開放感や軽さを感じさせてくれることが医学的に実証されています。脳科学的に言えば、気エネルギーの存在を証明しようとすること自体がナンセンスだ、ということになります。気エネルギーという概念を脳に強く記憶させることで脳を活性化できるならば、そうしない理由はないでしょう。

要するに、脳の活性化による恵みこそが気というものになっていくのではないでしょうか。特定の宗教や思想観にこだわる必要はまったくない、というのが私の考えです。

関連記事: 疑似科学と手当て療法


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR