fc2ブログ

#30 Placebo Effect  偽薬効果

30-Placebo-Effect.jpg

If you give an inactive placebo like sugar by saying that this is a good medicine to a sick person, it sometimes turns effective. This is called the placebo effect. It is said that if the brain believes "this is a good medicine", the body will work correspondingly.

This proves that the brain is constantly exchanging information with the body and how the brain behaviour will change the body. It is also said that among people who are sick or injured, the time of complete recovery is quite different between those who believe they will recover and those who are suffering from anxiety and fear.

The important thing is to believe a positive result and keep on making efforts for that. Actually, pharmacological effects of self-suggestion have not been confirmed. However, it is well known that chemical substances produced in the brain depend on thinking.

If you have a positive emotion, chemicals that cause analgesic and happiness such as endorphin, serotonin, oxytocin, dopamine are secreted from the brain. Conversely, if you have a negative emotion, stress hormone such as cortisol, adrenaline, noradrenaline will be secreted from the brain and the immune function will be lowering.

In summary,
1. By having positive thinking, good chemical reactions occur in the brain, suppress stress hormone and cause good changes in the body.

2. It is important to believe 100% of the ideal result and make efforts.

3. By changing consciously how to work the brain, it is possible to have a good effect on the mind and body.

The placebo effect proves a strong connection between the brain and the body. "Takemusu Aikido" does not play a game and does not allow you to have any offensive feelings to others. I think that attraction of "Takemusu Aikido" is that aims at polishing your intelligence rather than martial power.

Thank you very much for your encouragement after returning to practice. I am looking forward to practice while thanking for being alive today.

I wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year 2018.


[プラシーボ効果]

病気の人にこれは良く利く薬ですよ、と砂糖などの偽薬を与えると実際に効果があるといわれています。これをプラシーボ効果と言います。脳がこれは薬だと信じると体がそれに対応した働きをすることがわかっています。

一般的には暗示効果といわれていますが、脳が体と常に情報交換をしていて、脳の働き方が体に変化を与えることを証明しています。病気や怪我をした時に、回復することをまったく疑わないでいる人と後遺症を恐れている人とでは、完治するまでの期間がまったく違うそうです。

大切なのは、前向きな結果が起こることを100%信じて、そのための努力を続けることです。不安や恐れを持ちながら努力してもほどほどの結果しか得られないでしょう。

実際、暗示効果そのものに薬理的効果はないとされています。しかしながら、脳内で生成される化学物質は思考によって左右されることがわかっています。

前向きな感情を持っていると、エンドルフィン、セロトニン、オキシトシン、ドーパミンといった鎮痛作用や幸福感をもたらす化学物質が脳から分泌されます。逆に、後ろ向きな感情を持っていると、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンといったストレスホルモンが脳から分泌されて免疫機能の低下などが起こります。

つまり、思考を前向きにすることで脳内で良好な化学反応が起こり、ストレスホルモンを抑え、体にも良い変化が起こるということです。

要点をまとめると次の通りになります。

1. 前向きな自己暗示は体に良い伝達物質が脳内で作られ、後ろ向きな自己暗示は体に悪いストレスホルモンが脳内で作られる。

2. 理想の結果が得られると100%信じて、努力することが大切。

3. 脳の働き方を意識的に変えていくことで、心と体に良い影響を与えることができる。

プラシーボ効果は、脳と体の強い結びつきを証明しています。社会が病んでしまうと、恐れや怒り、不安といった後ろ向きな感情が社会に充満してきます。その結果、ストレスホルモンが常に分泌されることになり人々の心身を病んでいきます。

武産合気道では、試合を行わず他人に攻撃的な感情をもたないようにしています。武力ではなく知性を磨くことを目標としているのが、武産合気道の魅力だと思います。実際、暴力的で知性を感じない人とは合気道の稽古はできませんよね?

お読み頂きありがとうございました。良い新年をお迎え下さい。


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR