fc2ブログ

#39 Don’t copy a old master, copy when he was young  若々しく稽古しよう

39-Dont-copy-a-old-master.jpg

The other day my daughter who has been learning Karate for 2 years visited Aikido practice. Her impression after the visit was very harsh.

She said "It seemed like that the old people were just talking to friends, and it also seemed that they just stretched the body and then the class was finished".

I wonder if I misunderstood how to raise a child....

However, since my daughter usually keeps practicing Karate with high school students and university students for 2 hours, I think that it would be unavoidable to have such impressions. Considering the difference in average age, I think it was the honest impressions.

What I care about her impression is that young people in Aikido look like old people during the class. In Aikido, the class is mainly focused on teaching techniques, and it is not really content to train cardio function and basic physical ability. Especially it is often recommended to move slowly to check own behaviour.

In addition, senior members try to cover the decline of physical strength by using skills and experience, and young members often imitate them. Therefore young members will look like old people.

Karate and Judo have objective evaluation data such as game results. There is a reality that you cannot compensate for your decline of physical strength by experience, and you cannot win the game when you get older. Therefore, they always emphasize the basic physical strength improvement.

In Aikido, we often forget such a reality. Or, are we neglecting the reality deliberately because we don't want to admit it?

In the Dojo, I think that it is ideal for everyone to practice with aiming to be 10 years younger than the actual age. 30 years old be like 20 years old, 40 years old be like 30, 50 be like 40, let's make yourself look younger and fresher with the intention.

Thanks for reading. Happy Easter!


[ 若々しく稽古する心構えの大切さ ]

先日、空手を始めて2年になる娘が合気道の稽古を見学しました。見学後の彼女の感想は「年寄りが友達とじゃれているだけに見えた、まるで準備体操だけをして終わったみたいだ」とのことでした。とても厳しい感想で育て方を間違えたかなと思ってしまいます。

ただ、娘は普段、高校生や大学生と一緒に空手の稽古を2時間続けて行っているので、そういった感想を持つのも仕方ないかな、とも思います。そもそも、会員の平均年齢が15歳以上違うのですから正直な感想といえるでしょう。

娘の感想で特に気になる事は、「若い人も年寄りみたいで若々しくない」という点です。
合気道の稽古は、技を教えることが中心となっていて、心肺機能や基礎体力を鍛える内容にはなっていません。特に取りは、動作を確認するためにゆっくりと動くことが推奨されています。

また、年配者は技や経験で体力の衰えを補おうとします。それを若い人達が真似ようとするので若くても年寄りくさくなってしまいます。

空手や柔道は試合結果という客観的で厳しい評価材料があります。そのため、歳をとると若い人達の動きについていけなくなり引退します。

別の言い方をすれば、空手や柔道では、技や経験だけでは体力の衰えを補えなくなり試合で勝てなくなるという現実があります。そのため、彼らは基礎体力の向上を普段から重視しています。

ところが合気道では、技を教えることが主体のためそういった現実を忘れがちです。たとえ取りが動作確認のためにゆっくりと動いたとしても、受けがしっかりと役目を果たしていけば自分に強い負荷を掛けることができるはずです。

年配者は、親切心で若い人に教えたがる傾向がありますが、若々しさを奪わないように気をつけましょう。首、肩、腕の力は抜きますが、第二の心臓と呼ばれる太ももは思いっきり鍛えるように指導すべきです。

道場では、実年齢よりも10歳若返ったつもりで稽古に励むのが理想だと思います。30歳の人は20歳のように、40歳の人は30歳のように、50歳の人は40歳のように、若々しく機敏に動くことを心がけていけば良いと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR