fc2ブログ

#04 Three things we can begin immediately to become a good "Uke" - 良い受けになるために今直ぐできる3つのこと

Three-things-we-can-become.jpg

There is a certain fact that everyone becomes aware of it after training Aikido for years. The fact is that we can eventually understand movement of "Nage" (thrower) by having a proper understanding of movement of "Uke". In order to become a good "Nage", we must become a good "Uke" firstly.

My techniques remain terrible, so I am working on the following basic action as the first one step.

1. Don’t become a statue:
There are people who become like a stone statue and fix the body. As soon as the first attack fails, "Uke" must turn the body and place the stance face to face. You must prevent attacks from behind.

2. Pivot on the foot which stepped:
If "Nage" steps into the rear (Ura), "Uke" must pivot on the foot which stepped. Don't be separated from "Nage" by making an unnecessary step. In addition, don't bend a waist like a prawn.

3. Don't fall down wilfully:
Always give chase to "Nage", and let's stand up even if tired. Don't fall down wilfully until balance is broken by "Nage".

The skill of the Aikido is not the thing which assumed one-on-one play like boxing and wrestling. In the battlefield, stop means death. Samurai should swing a heavy sword around while running around among many enemies in the battlefield.

Strongly step, turn a body quickly and run after an enemy. Perhaps, you can understand the movement of "Uke" better if you imagine the movement in such a battlefield.

Thank you for reading.

Related article: Kara-ashi


[ 良い受けになるために今直ぐできる3つのこと ]

合気道を何年も続けていると、誰もがある事実に気付くことがあります。それは、受けの動きを正しく理解することで初めて投げ技の動きを理解することができる、ということです。良い投げになるためには、まずは自分自身が優れた受けにならなければいけないということになります。

私の受けの技術はなかなか上達していないのですが、良い投げになるために最低限、心がけていることがあります。それらは誰でも今すぐに実行できるので、ぜひ初心者の皆さんにも実践してほしいと思います。

1. 石像にならないこと:
打ち込んだらそのまま石像のように固まってまったく動こうとしない人がいますが、これは自然な動きではありません。素早く動いて正面で向き合うように努めましょう。

2. 踏み込んだ足を軸にして反転:
相手が後ろに回り込んだら、踏み込んだ足を軸にして素早く反転して追撃します。余計なステップを前に踏んで相手から離れていかないこと。また、海老のように背中を丸めないようにしましょう。

3. バランスを崩されるまで勝手に倒れない:
受けは常に取りを追いかけ正面で向き合うようにがんばりましょう。疲れていても動きまわり、バランスを崩されるまで自分から勝手に倒れることがないようにしましょう。

大先生が創設した武産合気道は、健康な社会を維持発展させていくもので不健康な社会と闘うことを目的とはしていません。ただ、動きの基本は武道として構成されており戦場で多くの敵に囲まれることを想定しています。ボクシングやレスリングのように一対一の対戦を想定したものではありません。戦場では立ち止まることは死を意味します。

走り回りながら重たい刀を振り回して、敵を追い詰める動きとはどういうものでしょうか。そういったことを想像することで合気道の動きが分かってくると思います。

関連記事: 空足を踏む

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR