fc2ブログ

#42 Pseudo-science and palm healing 疑似科学と手当て療法

42-Pseudo-science-and-palm-.jpg

Everyone now has a smart phone and a personal computer, but there is still a lot of pseudo-science. They are called hand power and touch therapy, etc. Psychotherapy has existed as a part of religious acts from long ago.

Many scientific verifications have been done, and the medical effect of pseudo-science is denied. It is also denied by law and many suspicious organizations have been accused of fraud.

On the other hand, when your stomach hurts you put your hands on your stomach, and you feel that the pain is gone a bit. Also, the feelings when you hand in hand with a person you like become warm.

From these matters, simple treatment is called “Te-a-te" (touch with palm) in Japanese.

Nevertheless, the warmth of the palm is proportional to mutual trust. If you are touched by a person you cannot trust, you will feel more pain.

I don't know if "Ki" is real. But, if there is color, I think that "Ki" of Aikido has a different color from other fighting sports.

In fighting sports aimed at defeating opponents, negative energy such as hostility and excitement are created to freeze the opponent.

However, I think that "Ki" of Aikido is the energy that you feel warm just like treatment.

There is no scientific medical effect in the warmth of the palm healing. But there are certainly effects that will give us a positive feeling.

We won't practice to defeat the opponent, nor do we. We practice to give the opponent the power of life.

The philosophy of "Takemusu-aiki" is in common with "Teate" treatment, I suppose.

Thank you for reading.

Related article: The reason why we love and practice Aikido

Related article: Concept of Ki energy that excluded religious interpretation


[ 疑似科学と手当て療法]

誰もがスマートフォンを持つ現代でも、疑似科学と呼ばれるものが存在します。ハンドパワーやタッチセラピーなどがあり、心霊治療は昔から宗教行為の一部として存在してきました。

今では科学的な検証も多く行われ、疑似科学の医療効果は否定されています。法的にも否定されており、多くの怪しい団体が詐欺商法を働いたとして有罪判決を受けています。

病気や怪我に苦しんでいる人に対して、効果を実証できない行為を医療だとして勧めるのは何であれ詐欺だと思います。

一方で、私達は、お腹が痛い時には手をお腹に当てます。そうすると、痛みが少し和らいだ気がしてきます。また、好きな人と手をつなぐと気持ちが温かくなります。

こういった事柄から、日本では簡単な治療行為を「手当て - 手を当てる」と言います。

もっとも、「手当て - 手を当てる」行為の精神的な効果は、お互いの信頼関係に比例しています。信頼できない人に触られても、痛みが増すだけではないでしょうか。そういった点が、信者のみに有効だとされて布教活動に利用されてきた理由でもあるでしょう。

合気道の気は、実際なんであるのかはわかりません。でも、もし色があるとしたら、他の格闘技とは異なった色をしていると思います。相手を倒すことを目的とした格闘技では、相手を凍えさせる冷たい敵意や殺気が生み出されます。

ですが、合気道の気は「手当て」と同じように温かみを感じるエネルギーだと思います。

手を当てる行為に科学的な医療効果はありません。でも、私達に前向きな気持ちを与えてくれる効果は確かに存在します。

相手を倒す稽古をするのではなく、相手を生かす稽古をすること。武産合気の理念は「手当て」と共通するものが確かにあります。

関連記事: 稽古する理由と網様体賦活系の活用

関連記事: 宗教や思想にとらわれない気エネルギーの概念


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR