fc2ブログ

#46 Change in thinking changes movement 考え方を変えると動きも変わる

46-Change-in-thinking-chang.jpg

"It’s your fault if you are injured". Have you ever heard of such a thing? Fortunately, I have never met a person who says such a thing in Shinryukan dojos. But I heard it elsewhere.

I experienced a shoulder dislocation twice and a wrist sprain 4 times, because I didn’t realize that my movements were very stiff for a long time.

From my experience, a person with stiff movements is always at risk of getting injured. There are two main reasons for it. The first thing is to accumulate damage to the body as he is unable to cancel pressure. Another thing is to tend to forcibly throw the opponents, so that opportunities to be forcibly thrown by others are also increased. (This is commonly referred to as “revenge”. It's terrible, but it can happen.)

The primary problem is that you need a partner who does soft movements for practicing softening movement. A person who can tell you not only the guidance but also the objective impression is very valuable. In my case, Sergio-san was a good partner in Honbu dojo.

What I learned from Sergio-san is to make sure not to lose the momentum in any situation. In other words, it’s a feeling that there is a pendulum in the body and it’s swinging with a constant rhythm.

I recommend learning the way of thinking before learning movement. You will be able to copy movement if you agree, or you don't have to learn if you cannot agree.

In our dojo we don't practice to defeat the enemy. It’s a place to practice giving people the power to live. We are trying to respond flexibly by observing the behaviour and psychological state of the opponent. Then, I think that room of mind will spread out.

I don't want you to suffer from injury like me. If you want to change the movement, try changing the way of thinking firstly.

Thank you for reading.

Related article: "Nuki waza" - The method of draining of strength


[ 考え方を変えると動きも変わる ]

「たとえ怪我をしても本人が悪い。」そう教えられたことはありますか?幸いなことに、神流館ではそのようなことを聞いたことはありません。ただ、他の道場では聞いたことがあります。

自分の動きの硬さに自覚が無かった時期は、肩の脱臼を2度、手首の捻挫を4度、経験しました。誰かに指摘されても無意識な行動なので自覚できていませんでした。

自分の経験からいって、動きの硬い人はいつ怪我をしても不思議ではないと思います。その主な理由は二つあり、一つ目は圧力を受け止めてしまい体へのダメージが蓄積されていくこと、二つ目は強引に相手を投げる傾向があるので相手からも同じように強引に投げられる機会が増える、ということです。いわゆる仕返し行為ですね。

主な問題は、動きを柔らかくする練習には柔らかい動きを習得しているパートナーが必要になることです。指導だけでなく客観的な感想を伝えてくれる人はとても貴重です。私の場合、本部道場ではペルー出身のSergioさんが良い練習相手になってくれました。

私がSergioさんから学んだことは、どんな状況でも完全には動きを止めないこと、体の一部を動かしてモーメントを生かし続けることです。まるで、体の中に振り子があってそれを一定のリズムで振動させている感覚です。

動きを学ぶ前に思考方法を学ぶことを推奨します。共感できるならば動きを真似ることもいずれは出来るようになるでしょうし、共感できないならば習う必要はありませんしそもそも出来ません。

武産合気道は敵を倒す練習ではなく、相手に生きる力を与える練習をする近代武道です。相手の挙動や心理状態を観察しながら利他的に対応する努力を続けていくと気持ちにも余裕が生まれ、結果、冷静に相手と向き合うことができるようになります。

現代に生きる私達は、現代社会ならではのストレスと日々戦っています。冷静に相手や物事に対処する能力こそ、私達が求める現代の護身術だと思います。

動きを変えたければ、まずは考え方を変えてみてはどうでしょうか。

関連記事: 抜き技と脱力の使い方

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR