fc2ブログ

#52 Tai no henkou 体の変更

52-Tai-no-henkou.jpg

In 1935, O-sensei already instructed to do "Tai no henkou" (Katate-tori Tenkan) at the beginning of everyday practice. The points I pay attention to are as follows.

1. Drop the Uke's elbow while stretching out:
In "Katate-tori", I don’t perform "Tenkan" while a thumb is pointing upward. You won't be able to move nicely with the thumb upward.
By turning your palm upward at the moment when your wrist is grabbed, you can drop the Uke's elbow while stretching his arm.
People who are trying to move by force can be easily distinguished because their hands are shaking.
When you start "Tenkan", you need to direct the four fingers to your belly and stretch out while your palm is facing upward.

2. Minimize vertical movement:
Let's lower the centre of gravity from the beginning in "Hanmi" posture.
Because beginners often attempt to lower the centre of gravity after being grabbed, they tend to make bigger up and down movements.
Therefore, when being grabbed strongly, the centre of gravity won't go down and the shoulder will rise.
Lowering the centre of gravity from the beginning is to reduce vertical movements.

3. Prevent the body from rising up:
Every year, Aikikai Tokyo Headquarters publishes the guidance books written by “Doshu” Ueshiba-sensei.
In that book, it is said that you can put the weight on the contact point when doing "Tai no henkou".
At first I didn't understand the meaning well, but if I keep the centre of gravity lower, the weight naturally got on the contact point.
It makes sense to prevent the body from rising up by using the weight when you turn the body. Also, it will prevent the "Uke" from standing up.

Thank you for reading.

Related article: Tenkan - Understanding of the inertia force

Related article: Strong centre line and positioning


[ 体の変更 (片手取り転換) ]

体の変更は、大先生によって毎日の稽古で一番最初に行なうように定められています。
稽古で注意している点は主に次の通りです。

1. 相手の肘を伸ばしたまま落とす:
片手取りの場合、親指を上に立てた状態で転換しようとしてはいけません。脇を閉めて強く握られると動けなくなります。
身長180cm、体重100キロ以上の人が多いNZで力勝負を挑むなど無謀です。
大切なことは相手の脇が閉まらないようにすることです。そのためには、手首を握られた瞬間に手の平を上向きにすることが最初のステップです。手首を返すことで相手の肘を伸ばしたまま落とすことができます。
ちなみに、力比べをしている人は手が震えているのですぐに分かります。
転換を開始するには、指を伸ばして手の平を上にした状態を保ち、四本の指を自分の腹に向けるのが基本です。

2. 上下運動を小さくする:
半身構えの状態から重心を落としておきます。
初心者は掴まれてから重心を落とそうとするので上下運動が大きくなる傾向があります。
そのため、強く握られると重心が落ちなくなり肩が持ち上がってしまいます。
最初から重心を落として上下運動を小さくしましょう。

3. 体の浮き上がりを抑える:
合気会東京本部では、毎年、道主監修の指導書を発行しています。その指導書では、体の変更を行なう時に接点へ体重を乗せることと書かれています。
初めは意味がよくわかりませんでしたが、構えの状態から重心を落としておくと自然と体重が乗るようになりました。
転換する時に体が浮き上がらないように体重を利用する感覚ですので、受けに感想を聞きながら練習すると気付くと思います。

関連記事: 転換 - 慣性モーメントを理解する

関連記事: 強い中心線と位置取りの関係


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR