fc2ブログ

#62 Meaning of "Suri-ashi" - すり足と足裏の使い方

62-Meaning-of-Suri-ashi.jpg

Recently the popularity of city marathons has increased, and the media has frequently featured “How to run correctly”. While giving sports science explanations, it’s recommended to stretch the knee slightly and land on the ground from the heel. The way of swinging the arm is to swing the elbow widely backward to create kinetic energy, but not swing the elbow forward beyond the shoulder line.

In fact, marathon runners are doing that. It's just a way to move forward, but you will notice that the tactics are quite different between short and long distances.

The use of foot sole is different in sports, and in Japanese martial arts such as Judo, Kendo and Aikido, you use "Suri-ashi" (sliding feet) to land on the ground from toes, not from heel. The elbow should not be pulled behind the shoulder line. The centre of gravity is always placed on the toe ball of the sole and you learn the feeling of grabbing the ground with the soles.

Interestingly, people who walk like "Suri-ashi" in daily life are perceived as having health problems with leg muscles. It's also said that you slide feet because of bad posture.

For those who have a straight knee and a high centre of gravity during practice, I often try to talk about the idea of ”Suri-ashi". After that they are more conscious of how to use the feet, and the posture improve naturally.

In physical education classes at school, I think you were taught how to move forward efficiently as the correct way of running. However circular motion is important in Aikido, so we consciously use "Suri-ashi" in order to sense the ball of the soles.

Thank you for reading.

Related article: Types of foot movement, "Ashi-sabaki"


[ すり足と足裏の使い方 ]

最近、ジョギングやシティマラソンの人気が高まっていることもあって「正しい走り方」を特集するメディアが増えてきました。スポーツ科学的な説明を行ないながら、膝を軽く伸ばして踵から地面に着地する方法を推奨しています。腕の振り方も、肘を脇より前に振り出さずに後に大きく振って進む走法を紹介しています。

実際、長距離選手の走り方を見てもその通りにしています。前に進むだけでも、短距離と長距離ではまったく走法が異なることに改めて気付きます。

バスケットボールやバレーボールの選手は、高く跳躍する時に踵から着地して強く踏み込みます。一方、腰を回転させてボールを投げたりバットを振ったりする野球選手は、足裏の拇指球に体重を乗せることが大切だと教わります。

西洋スポーツでも足裏の使い方はそれぞれですが、柔道や剣道などの日本武道では、つま先から着地するすり足を使います。肘は脇より後には引かないようにします。重心は常に足裏の拇指球に乗せて足裏で床をつかむ感覚を学んでいきます。

おもしろいのは、日常生活ですり足をしている人は足腰の筋力が弱くなった健康に問題のある人、と認識されることです。また、猫背の人はすり足になりがちで健康的な日常生活を推奨している人達にとっては「すり足」は悪い歩き方だと思われています。

膝を伸ばして重心を高くして稽古している人には、「すり足の考え方」を伝えるようにしています。そうすると、足裏の使い方を意識するようになり自然と姿勢も良くなります。

学校の体育の授業では、正しい走り方として効率よく前へ進む体の使い方を教わったと思いますが、合気道では転身や転換など円運動が重要となります。そのため、稽古では「すり足」を使って拇指球を常に意識するようにしています。

お読みいただき有難うございました。

関連記事:足捌きの種類


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR