fc2ブログ

#67 Ukemi from Koshi-nage - 腰投げの受身

67-Ukemi-from-Koshi-nage.jpg

In Judo, major accidents such as breaking neck bones occur occasionally. When you are thrown from thrower's back, you may fall off your neck if you try to take a front-roll (Mae-mawari-ukemi) instead of a high-roll (Kuten-ukemi).

Throwing techniques of Judo are generally very strong and fast. There is no grace to change the line when you are carried on the thrower's back.

Even in Aikido, a high-roll (Tobi-ukemi) is a technique that must be learned for safety. It's dangerous if you can't take a high-roll, not because it looks good.

There are many people who have had a painful experience with "Ukemi" in the past, but perhaps most of the reason was because you didn't master "Tobi-ukemi" at that time.

"Mae-ukemi" is only possible if the thrower stops the movement and kindly gives you the chance to change the line and falls almost like free-falling. If you try ”Mae-ukemi" when you are pulled and thrown towards the floor, you will damage your neck.

Because ”Mae-ukemi" alone cannot secure safety, I looked for someone who can teach me and started to practice after I was over 50 years old. I can say ”Tobi-ukemi" is not something that only young and gymnastics people can do.

If you take time and practice step by step, it will become an important technique to prevent injury.

Occasionally international students from Japan participate in training at NZ Dojo, and I always ask how they practice in Japan. 10 out of 10 people take “Tobi-ukemi” (high roll) from “Koshi-nage”. The reason is of course for safety.

In order to land safely on the mat, it is recommended that you take “Tobi-ukemi” without changing the first contact line.

Thank you for reading.

Related article: Change in thinking changes movement

Koshinage01.jpg



[ 腰投げの受身 ]

柔道では、受身に失敗して首の骨を折るなどの大きな事故が散発的に起こります。相手の背面から引っ張られて投げられているにもかかわらず、空転受身ではなく前周り受身をしようとすると首から落ちて大怪我の原因となります。

柔道の投げ技は、総じて強くて早い。背負われた時のラインを変える猶予などないし、させてはくれません。

合気道でも跳び受身は安全のために必要なテクニックです。カッコいいからするのではなく、強くて早い投げ技を受けるには跳び受身でなければ危険だからです。

実際、受身で痛い思いをしたことのある人は多いと思いますが、原因のほとんどは跳び受け身を習得していなかったからではないでしょうか。

前受身は、投げが動きを止めて受けにラインを変える猶予を与え、ほぼ自由落下で落ちる場合にのみ可能となります。

時折、日本からの留学生がNZ道場の稽古に参加しますが、その度に日本での稽古方法について質問してきました。そして十人中十人が、腰投げからの受身は跳び受身で行なっています。理由は、もちろん安全のためです。

跳び受身の稽古を嫌がるNZ人が多いですが、跳び受身が危険なのではなく、安全な跳び受身の稽古方法を学ぼうとしない姿勢が危険だと思います。安全を軽視している証拠となります。

腰投げから安全に受身をとるには、ラインを変えようとせずにそのまま跳び受身をとることを薦めます。

関連記事:考え方を変えると動きも変わる


Koshinage02.jpg

Koshinage03.jpg

Koshinage04.jpg



スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR