fc2ブログ

#72 Kakari-keiko かかり稽古

Kakari-keiko.jpg

The method of training in groups is called "Kakari-keiko". This method is suitable when there is not enough space to take "Ukemi" due to number of people, or when you want to practice dynamic movements.

The difference between group training ("Kakari-keiko") and multi-attacker training ("Taninzu-gake") is the interval at which "Uke" attacks. In the case of multi-attacker training, "Uke" attacks "Nage" continuously without leaving a gap, whereas in the group training, "Uke" will attack after the previous person takes "Ukemi".

Therefore, "Nage" can throw repeatedly with a good rhythm while performing the movement carefully, and "Uke" can practice "Ukemi" while ensuring the safety of the surroundings.

If you practice in a crowded class, your movements will inevitably become smaller and you will not be able to practice "Ukemi" nicely. You may be accidentally kicked or bumped.

At Waitakere Dojo, we practice using the training methods created by Brent-sensei. In pair training, the white belt first chooses a partner. Beginners learn static and basic patterns while experiencing the movements of black belt people.

After that, the students are divided into white and black belts and start group training "Kakari-keiko". Beginners train static and black belts train dynamic. The system that Brent-sensei has built is designed to eliminate personal ego and to provide fun of learning throughout the dojo.

Now, Wayne-sensei and Anita-sensei are taking over Brent-sensei's system. Good number of students moving from child class to general class proves the excellence of the system. We always welcome your participation in the class.

Happy New Year, everyone. I wish you all the best for 2020.

Related article: Change in thinking changes movement


[ かかり稽古 ]

いくつかのグループに分かれて稽古する方法をかかり稽古と呼びます。その方法は、人数が多く安全に受け身を取れるスペースが確保できない場合や、ダイナミックな動きを稽古する場合に適しています。

かかり稽古と多人数掛けの違いは、受けが仕掛けるタイミングです。多人数掛けでは、受けは間を空けずに連続して仕掛けますが、かかり稽古では、受けは前の人が受け身を取ってから仕掛けます。そのため、投げは動きを丁寧に行ないながらリズム良く繰り返すことができ、また受けも周囲の安全を確保しながら受け身の稽古が出来ます。

込み合った中で組み稽古をしていると、どうしても動きが小さくなってしまい、受け身もしっかりと取ることができません。受け身を取ると隣の人に蹴られたりぶつかったりする事故も起こります。私も、何度か頭を蹴られたことがあります。

ワイタケレ道場では、ブラント先生が作り出した稽古方法を行なっています。組み稽古では、まず最初に白帯がパートナーを選びます。初心者は、経験者の動きを体験しながらスタティックで基本型を学びます。

その後、白帯と黒帯に分かれてかかり稽古に移ります。白帯はスタティックを中心に、黒帯はダイナミックを混ぜて稽古します。個人のエゴを無くし、学ぶ楽しさを皆で共有することがワイタケレ道場の文化となっていると思います。

そして今、ウエイン先生やアニータ先生がブラント先生のシステムを引き継いでいます。子供クラスから一般クラスへと移ってくる生徒が多くいることが、そのシステムの素晴らしさを証明しています。

新年、明けましておめでとうございます。今年も武産合気の理念を大切にして稽古を楽しんでいく所存です。どうぞよろしくお願い致します。

関連記事:考え方を変えると動きも変わる


スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR