fc2ブログ

#73 "Tanto" and Knife - 短刀とナイフ

73-Tanto-and-Knife.jpg

Sports enthusiasts often participate in practice matches before an official match. That's because we know that many match experiences can significantly affect the outcome of the official match.

No matter how hard you practice, nobody will ever go to the official match without experiencing practice matches.

The same thing can be said for self-defence techniques. Everyone knows that without experiences of practice matches, nothing can be done in a real situation.

On the other hand, there is no match training in Aikido. Although there is free practice, it is different from practice matches. So why did O-sensei prohibit matches that could be a valuable experience?

Criminal psychology says that people take aggressive behaviour when they get a gun or knife. There is also an undeniable element in martial arts that makes learned people violent.

In fact, Japanese law imposes heavy punishment on a black belt person who assaulted others. It means that there is a real necessity to hold them back by strict laws. The reason for strict etiquette of Dojo is to discipline yourself.

Competing or fighting, it's completely different depending on how you think.

"Tanto" and Knife also have different values depending on your thoughts. It's very similar to the philosophical difference between "Kyudo" and Western archery. It's not Aikido to treat a "Tanto" in the same way as a Western knife and enjoy the movement of cutting the opponent.

In the first place, adrenaline is a negative substance called a drug in the brain, and is unnecessary for Aikido.

The movements of "Funakogi-dosa" (Ame-no-torifune) and "Fridama" come from Japanese Shinto practice of ritual purification. In Shinto, "Keiko" (practice) means spiritual training, not strength of physical.

Aikido's unique training method prohibits the match and has separate roles of "Nage" and "Uke". This is because there is a philosophy of removing negative energy such as egoistic.

If you think like that, you will find that the role of "Uke" is very important as well as "Nage". "Nage" and "Uke" play an equal value of the role, so it’s not necessary to think about winning or losing in Aikido.

Thank you for reading.

Related article: Bipolarization of Aikido



[ 短刀とナイフ ]

競技スポーツを楽しむ人達は、公式試合に勝つために練習試合を頻繁に行ないます。それは、試合経験の多さが公式試合の結果に大きく影響すると知っているからです。どんなに厳しい練習をしていても、練習試合を経験せずに公式試合に臨むようなことは誰もしないでしょう。

格闘術や護身術もまったく同じです。練習試合の経験さえも無い人は、いざという時に何も出来ないと誰もが知っています。

一方、合気会の稽古では試合というものは一切ありません。自由稽古はありますが、練習試合とは違います。それでは、なぜ大先生は貴重な経験となる試合を禁止したのでしょうか?

犯罪心理学では、人は銃やナイフを手にすると暴力的になる、といわれています。また、格闘技にも学んだ人を暴力的にする要素があるのは否定できません。

実際、日本の法律では、武道の有段者が一般人に暴力を振るうと罪がとても重くなります。厳しい法律で歯止めを掛けておく必要性が現実としてある、ということでしょう。礼儀作法に厳しいのも己を律する力を育てるためです。

競うのか、それとも争うのか、考え方ひとつでまったく違ってきます。

短刀とナイフも考え方ひとつで違ってきます。それは、弓道と西洋アーチェリーとの理念の違いによく似ています。短刀を西洋ナイフと同じように扱い、相手を切り裂く動きを楽しむような行為は合気道ではありません。

そもそもアドレナリンは、脳内麻薬とも揶揄されるネガティブな脳内物質であり、合気道には不要なものです。

天の鳥舟(あめのとりふね)、振魂(ふりだま)、などの動作は神道の禊ぎ行法から来ています。また、神道の稽古は武力ではなく精神鍛錬を意味します。

試合を禁じ、投げと受けとに分かれてそれぞれに役割りを持たせる合気道独特の方法は、それこそ禊ぎの理念、つまり、エゴを取り除く理念を稽古に込めています。

そのように考えると、投げだけでなく受けの役割りもとても重要だと分かってきます。投げと受けとが対等に役割りを担う、だからこそ合気道に勝ち負けは不要だと思います。

関連記事:合気道の二極化

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR