fc2ブログ

#82 Semi-dynamic approach セミダイナミックとは?

82-half-dynamic2.jpg


In regular practice, we change the training from static, semi-dynamic to full dynamic depending on the ability of "Uke". In Dojos where there are only two ways of training, static and dynamic, most of the dynamic training is done in semi-dynamic.

From Uke's point of view, semi-dynamic is a slowed down version of full dynamic movement. It is NOT a speeded up version of static movement. Uke's movements are completely different between the two.

For example, when you are in dynamic, you have to prepare yourself for a quick chase, but not so in static.

We all know that dynamic movements create a great amount of momentum. Semi-dynamic is to practice with the image of keeping that momentum alive.

In static, we move slowly and carefully, so that we can practise checking every single point of contact, footwork, positioning and posture. Most beginners don't even know what to look for, so learn to be careful not to become like a stone statue.

In full dynamic, not only "Uke" but also "Nage" needs to have great confidence in break-fall. The reason for this is that throwing safely requires a high level of skill, which is learnt from “Ukemi” practice. The full dynamic is completely different in terms of positioning, and it's not enough to throw fast and forcefully.

We practice semi-dynamic with the aim of enjoying full dynamic in the future.

Related article: Tenkan - Understanding of the inertia force


[ セミダイナミックとは?]

普段の稽古では、受けの能力に合わせてスタティック、セミダイナミック、フルダイナミックと変えていきます。スタティックとダイナミックの2通りのみで稽古している道場では、ダイナミック稽古のほとんどがセミダイナミックで行なわれています。

受けの視点で言えば、セミダイナミックは、フルダイナミックの動きをスロー再生した動作だと言えます。 スタティックをスピードアップしただけの動きではありません。 受けの動きは、この2つの間で完全に異なります。

例えば、ダイナミックになれば避けた相手に素早く追い打ちを仕掛ける心構えが必要ですが、スタティックではありません。

ダイナミックな動作は、大きな慣性力を生み出すことは誰でも分かると思います。受けは、その慣性力を生かし続けるイメージを持って稽古するのがセミダイナミックです。

スタティックでは、ゆっくりと丁寧に動くことで、間合いや足捌き、位置取り、姿勢などを一つ一つ確認しながら稽古することができます。初心者は、何を確認すべきなのかすら分からない場合がほとんどなので、石像のように成らないように適切な圧力を接点に加えながら、正確な足捌きを学んでいきます。

フルダイナミックでは、受けだけでなく投げもブレークフォールに大きな自信をもっていることが必要です。その理由は、安全に投げるには高い技術が必要でそれは受身の稽古から身を持って学んでいくからです。また、フルダイナミックは位置取りがまったく違います。強引に速く投げればいいというのではないと思います。

将来、フルダイナミックを楽しむことを目指してセミダイナミックを稽古していきます。

関連記事:転換動作

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR