fc2ブログ

#84 Stop predetermining - 決め打ちを止める

84-Stop-Predetermining.jpg

"Jiyu-waza" is a practice which "Nage" is free to choose his own techniques without specifying them, but I think that many people decide in advance which techniques they are going to attempt in order to avoid panic. For example, you may decide to use "Irimi-nage" for "Shomen-uchi", "Shiho-nage" for "Yokomen-uchi", "Kote-gaeshi" for "Tuki", and so on. This can be a good way to avoid nervousness in examinations and demonstrations, but it is strange to decide the technique in advance even though it is called a free technique.

So what is the purpose of free technique training?

When beginners practice "Jiyu-waza", they are often forced to repeat "Shiho-nage" by the pressure of the "Uke". The main reasons for this are as follows;
1. Not having the mental capacity to observe the opponent's movements.
2. Reaction is delayed as they try to remember techniques.
3. They unconsciously push back when they are pushed.

Beginners usually only copy the movements of throwing techniques, and do not think about how to break the opponent's balance (Kuzushi) before performing the technique. In other words, they lack knowledge of the basic principles of "Kuzushi".

The purpose of "Jiyu-waza" training, in my opinion, is simply to practice "Kuzushi". The original purpose of "Jiyu-waza" training is to break down the opponent's posture and balance without being confused by the method of attack.

My advice to the beginners is: "Do not think of a technique for the first strike, but think of "Kuzushi" for the first strike. Then, after observing the opponent's broken posture, choose the appropriate technique”. It is not good advice to ask the beginners to perform more techniques or to increase the number of techniques, because that is not the point.

In "Jiyu-waza" training, let's stop the habit of predetermining the throwing technique.

Thanks for reading.

Related article: "Kata-keiko"


[ 決め打ちを止める ]

自由技は、技を指定せずに投げが自由に技を選択する稽古ですが、多くの人は慌てないように事前に仕掛ける技を決めていると思います。例えば、正面打ちには入り身投げ、横面打ちには四方投げ、突きには小手返し、というように技を決めているのではないでしょうか。緊張しやすい審査や演武ではそういう方法も有効でしょう。しかし、自由といいながらも事前に技を決めておくのはおかしな話です。

では、自由技稽古の目的とはそもそも何でしょうか?

初心者が自由技稽古をすると、受けの圧力に押されて四方投げをひたすら繰り返す場面を度々目にします。
その主な理由は、
1. 相手の動きを観察する余裕がない
2. 技を思い出そうとして反応が遅れる
3. 押されると押し返す行為を無意識にしている
などです。

初心者は、普段から投げ技の動きをコピーすることに忙しく、技の前に崩しを考えることが出来ていません。つまり、崩しの基本理念の勉強不足です。

自由技稽古の目的を一言でいうならば、「崩し」の稽古だと私は思います。受けの攻撃手段に惑わされず、まずは相手の姿勢とバランスを崩すこと、いわゆる「崩し」をタイミング良く仕掛けることが自由技稽古の本来の目的だと思います。

初心者へのアドバイスとしては、「初撃に対して技を考えるのではなく、初撃に対して崩しをまず考える。そして、相手の崩れた姿勢を観察してから適した技を選択すること」です。もっと色々な技を出せとか、技の数を増やせとか言うのは良いアドバイスではないと思います。

せっかくの自由稽古です、決め打ちをするのは止めましょう。

関連記事:型稽古の目的

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR