fc2ブログ

#85 Aikiage – 合気上げ

Aikiage.jpg


Given the physics, we can all see that attempting a normal "Kiriage" motion with a grabbed hand is like playing a contest of strength. Therefore, no instructor will teach you to make a normal "Kiriage" movement in a grabbing technique. For beginners, we teach "Kiriage" for striking and "Aikiage" (Kokyu_ho) for grabbing. "Kiriage" movement is practised as part of the stretching exercises, so I don't think it needs to be explained.

Then, what is "Aikiage"?

It is a method used in "Suwari_waza_kokyu_ho", but since the term is confusing, I will call it "Aikiage" in this post. In simple terms, "Aikiage" is a training method (Tanren_ho) to break down the opponent's centre of gravity.

First of all, "Uke" needs to grip opponent's wrist strongly. If the grip is soft, only the arms are raised and the centre of gravity cannot be broken. This is why it is called the training method (Tanren_ho), not a technique (Waza). Don't be satisfied if your opponent's arm just goes up. There is no point in this training then.

For example, when you step off the stairs and lose your balance, you immediately grab the handrail tightly. The human body has conditional reflexes and cannot respond as softly as a shock absorber. "Aikiage" triggers this conditional reflex and causes the opponent's arm to stiffen.

In order to trigger the reflex, the following three things must be done at the same time.
1. Relax your arm and drop your elbow.
2. Quickly rotate your wrist halfway in the direction of the thumb turning inwards.
3. Lightly lift the hand blade with power on the little finger side.
The way you use the wrist spring is similar to the way you feel when you toss the ball in volleyball, I think.

When the Uke’s arm is stiffened by the conditional reflex, his grabbing hand cannot be released (cannot be moved). Then, you lift your elbow upwards and make the Uke standing on his toes. When the Uke stands on his toes, his centre of gravity swings back and forth, so you can use that moment to apply the technique. As you get used to it, your movements will become smaller and smaller, and just a quick lift of the opponent's shoulder will be enough.

In short, I think that "Aikiage" (Kokyu_ho) is a method of using conditional reflexes to set up the principle of leverage.

By the way, the hand blade should not be straight. It should be bent gently, as if you were tossing a volleyball.

Related article: Suwari Waza


[ 合気上げ ]

物理を知っていれば、つかまれた手で普通の切り上げ動作を試みるのは力比べをするようなものだと誰もが分かります。なので、つかみ技で普通の切り上げ動作をするように教える指導者はいないでしょう。初心者には、打ち技には切り上げ、つかみ技には合気上げ(呼吸法)と教えます。切り上げ動作は準備運動の一部として稽古しますので説明は不要だと思います。

では合気上げとはなんでしょうか?

座技呼吸法で用いる手法ですが、英訳の都合上、言葉が重なるのでここでは合気上げと呼びます。合気上げを一言でいえば、相手の重心を崩す鍛錬法です。

まず、受けは相手の手首を強くつかむ必要があります。柔らかくつかむと腕だけが上がって重心は崩せません。だから技ではなく鍛錬法と呼ばれます。相手の腕が上がっただけで満足しないようにしましょう。 それだけでは鍛錬法の意味がありません。

例えば、階段を降りているときに踏み外してバランスを崩すと、とっさに手すりを強くつかみます。人の体は条件反射をするので、機械のショックアブソーバーのように柔らかく対応することはできません。合気上げを仕掛けるには、この条件反射を誘って相手の腕を硬直させます。

反射の誘い方は、次の3点を同時に行ないます。
1. 自分の腕から力を抜いて肘を落とす
2. 親指が内側になるように手首を素早く半回転させる
3. 小指側に力をいれて手刀部分を軽く切り上げる
バネで弾くような手首の使い方は、バレーボールでボールをトスする時の感覚に似ています。

条件反射によって腕が硬直すると、つかんでいる手が離せなく(動かせなく)なります。そのまま、落とした肘を上に切り上げて相手を爪先立ちにさせます。相手が爪先立ちになると、相手の重心は前後に振れるのでその瞬間に技を仕掛けます。慣れてくると動きがどんどん小さくなり、瞬間的に相手の肩が上がるだけでも十分となります。

要するに、合気上げ(呼吸法)は「条件反射を利用してテコの原理を仕掛ける手法」だと思います。つかみ技の下準備として用いると言えばわかり易いでしょう。

ちなみに、手刀は指を真直ぐにはしません。バレーボールをトスするように軽く曲げます。

関連記事:座技 - すわり技

スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR