fc2ブログ

#96 Clear explanation of Kiawase - 気合わせの解釈

96-Clear-explanation-of-Ki-.jpg

Please try the following experiment at home first.

When someone else tickles your armpits, it is very ticklish and you can't stand it. But when you tickle yourself, you don't feel anything. Now, put your hand on top of someone else's hand. Then you don't feel ticklish when you are tickled. This is because your brain misidentifies that you are doing yourself by placing your own hand on top of someone else's.

Ki-awase is essentially a technique that uses this misidentification of the brain. You sense the direction of the opponent's kinetic energy flow, and gently and softly overlap your own kinetic energy in that direction.

The two kinetic energies overlap and the movement accelerates, but the opponent's brain mistakenly recognises this as being caused by his own movement and his reaction is delayed. At that moment, the opponent is off balance and you can initiate the technique. The trick is to overlap the energies softly and guide them without pushing or pulling by force.

Aikido is first practised by reading the direction of kinetic energy and connecting the flow. Experienced students who are able to do this naturally then practise connecting the flow by guiding the direction of the opponent's consciousness. In this way, the movements become simpler and simpler. This technique is called Ki-awase.

If the quick flow is resisted, its huge kinetic energy is focused on the joints, which can cause injury. So it is important for Uke to accept the flow when he or she feels it is being led.

Of course, Nage also respects the training partner, your Uke, and ensures safety while performing the technique. The way the safety is ensured is a measure of the skill of Nage. Good Uke and good Nage are such things.

Aikido has no rules. That is why it is a fundamental premise that you must trust your training partners, and you cannot practise with people you do not trust. If you don't trust your partner, you will only resist each other and it will be impossible to practise Ki-awase. I am very lucky to be able to practise with people I trust and I thank everyone for that.

Related article: What is "Ki no nagare"?


[ 気合わせの解釈 ]

まずは、次の実験をご家庭で検証してみてください。

他人に脇の下をくすぐられると、とてもくすぐったくて我慢できなくなりますが、自分でくすぐると別に何も感じません。次に、他人の手の上にあなたの手を重ねてみます。すると、くすぐられてもくすぐったく感じません。これは自分の手を重ねることで、自分でくすぐっていると脳が錯覚するからです。

合気道の気合わせは、基本的にこの脳の錯覚を利用した技法です。相手の運動エネルギーの流れの方向を感知して、その方向へと自分の運動エネルギーを優しくソフトに重ねます。

すると、二つの運動エネルギーが重なって動きは加速しますが、相手の脳はそれを自身の動きによるものと錯覚して反応が遅れます。その瞬間に相手のバランスを崩して技を仕掛けます。柔らかく力を重ねるのがコツで、力で押したり引っ張ったりせずに誘導します。

合気道は、最初に運動エネルギーの方向を読み取り流れをつなぐ稽古をします。それが自然と出来るようになった経験者は、次に相手の意識の方向を誘導して流れをつないでいく稽古をします。そうすることで、動きがどんどん簡素化されていきます。その技法が気合わせと呼ばれています。

素早い流れに抵抗すれば、その膨大な運動エネルギーは関節部に集中するので怪我をします。なので、受けは流れを導かれていると感じた時にはそれを受け入れることが重要です。

もちろん、投げも稽古相手である受けを尊重し、安全を確保しながら技を仕掛けます。その安全の確保の仕方が、投げの技量を測ることになります。良い受け、良い投げとはそういったものでしょう。

合気道にはルールがありません。だからこそ、相手を信頼することが大前提で信頼できない人とは稽古はできません。不信感がある相手とは、お互いに抵抗するばかりで気合わせの稽古など到底無理です。信頼する仲間と稽古ができるというのは、とても幸運なことで皆に感謝しています。

関連記事: 気の流れとは何か?
スポンサーサイト



テーマ : 合気道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大福

Author:大福
初心者にも分かりやすく、理論的に基礎知識を説明します。なんとなく他人の動きを真似るのではなく、普段から考える力を育てていくことを目的としています。In this blog, I explain the basics in a theoretical way that is easy to understand for beginners. The aim is to help you to develop your ability to think, not to copy the movements somehow. Aikido is not magic. I will explain things that are not so clear, such as Ki and O-Sensei's philosophy.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR